vefla(ヴェフラ) モイストクレンジングシャンプー 解析

2013-10-13 18:10:19
テーマ:

ブログランキングの投票にご協力ください
↓画像クリックで投票完了です。↓

Vefla(ヴィフラ) モイストクレンジングシャンプー 解析

        洗浄力:★★★☆☆ 
      低刺激性:★★★★★ 
      補修性能:★★★☆☆ 
       しっとり感:★★★☆☆ 
      ハリコシ感:★★★☆☆ 
     サラサラ感:★★★★☆ 
     ふんわり感:★★★★☆
      さっぱり感:★★☆☆☆ 
ダメージヘア適正:★★★★☆ 
スカルプケア適正:★★★★★ 
      価格適正:★★★☆☆(350ml:2940円) 
  
      総合評価:★★★★☆

洗浄ベースは、

洗浄力が低く非常に低刺激のココイルグルタミン酸TEA

とラウリン酸原料のノニオン界面活性剤です。

ココイルグルタミン酸TEAは洗浄力が低いですが、

洗浄力補助のノニオンが配合されているので

並程度の洗浄能力はあるでしょう。

刺激は皆無ですね。

ホップエキスが配合されています。

これは保湿性や抗菌性などいくつかの性質がありますが

中でも独特なのは男性ホルモン:ジヒドロキシテストステロンの阻害作用があることです。

これは過剰ストレスなどで分泌されるテストステロンという抗鬱ホルモンの生成を抑制するホルモンなのですが、

人によっては脱毛症を引き起こすとされています。

ホップエキスにはそのホルモンの生成を抑える働きがあるので、

脱毛症への効果が期待されています。

エキスとしての外用効果はそれほどとは思えませんが、

いくらか脱毛症にも効果が見込める可能性があります。

ドクダミエキスは消炎作用。

有効成分配合のグリチルリチン酸2Kも抗炎症作用の成分です。

ローヤルゼリーは細胞活性作用ですね。

まぁエキスの効果は気持ち程度だと思ったほうがいいでしょう。

加水分解シルク・加水分解コンキオリンはタンパク質PPT。

これらは補修作用よりもサラサラ感と艶を与える性質が強いです。

中々良いですね。

脱毛症への効果が見込める点や

低刺激にこだわった洗浄ベースは非常に好印象です。

あとはお値段がもう少しお安く付けば、申し分なかったのですが。

■全成分表示 
有効成分=グリチルリチン酸ジカリウム、 
その他の成分=水、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、 
ラウリン酸ジエタノールアミド、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、 
ホップエキス、ジオウエキス、ドクダミエキス、ローヤルゼリーエキス、 
タイムエキス(1)、加水分解シルク液、加水分解コンキオリン液、ブドウ種子油、 
ブドウ葉エキス、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、 
1,3-ブチレングリコール、無水エタノール、pH調整剤、エデト酸ニナトリウム、 
フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料 

参考になったらランキング投票お願いします(^-^)

↓画像クリックで投票完了です↓

モバイルのかたはこちら↓
にほんブログ村 美容情報

Twitterフォロワー募集中!
美容情報・ブログ更新情報配信中
↓こちらからフォローお願いします↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
相互フォローいたします!

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11635945907.html?frm=themeより引用させて頂いております。