Perspirex(パースピレックス)デトランスα

アットコスメ 口コミ5.8の高評価!Perspirex(パースピレックス)デトランスα 口コミ

13万5000個突破のデンマーク発のデオドラント・Perspirex(パースピレックス)デトランスα
Perspirex(パースピレックス)デトランスαは、日本人より体臭のキツイ欧米人が認めた制汗剤で、
国産レベルをはるかに超える防臭・制汗力で販売実績13万5000個!!
Perspirex(パースピレックス)デトランスα|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログPerspirex(パースピレックス)デトランスαは、特許処方により長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤で、汗を抑えたい部位(ワキ、手、足)に塗布すると、汗腺内の水分に反応して、汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を物理的に抑制してくれるんだそう・・・・。Perspirex(パースピレックス)デトランスαは、パウダーや香りでごまかすデオドラントと違って、汗腺に働きかけて、汗を出にくくするんだけど、脇からの汗の分泌が減っても、体の中にたまるわけではなく、尿として排出されるので体に害は無いってとこも安心。o.+゚。(´▽`o人)≡

….Ranking

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

Perspirex(パースピレックス)デトランスαが他の制汗剤と違うのが、制汗効果!!
汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を抑制するから、
角栓がターンオーバーで排出されるまでの間(3~5日間)持続するんだとか・・・。
しかも、身体を洗ったりお風呂に入っても効果が長続きし、塗り直しの手間が必要ないって凄い~!
アメリカFDAでは30%の発汗抑制効果があればExtra Effective(極めて効果あり)と
認められるところ、このPerspirex(パースピレックス)デトランスαはなんと
65%の発汗抑制効果が実証されていると言う事実””8(^∇^8)(8^∇^)8
Perspirex(パースピレックス)デトランスα|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログPerspirex(パースピレックス)デトランスαは、歯磨き粉の様な香りすぅ~~っとした香り。
コロコロとロールオンタイプで、塗ってしまうと香りは消えて、全くの無臭。
なんとなく皮膚の上に膜ができたような感覚はあるもののローションを塗った時の触感。
夕方のワンコのお散歩の前に片方の脇だけに使ってみると、そちら側だけさらさらで、
汗が出てないどころか、不思議なくらいサラサラ・・・・+゜*。:゜+(人*´∀`)
制汗効果もばっちりだし、殺菌効果がある成分も入ってるっていうし、この夏は、
大切な洋服にシミ・・・なんてこともなくなりそう・・・*(〃・ω・〃人)*

公式サイト>>Perspirex(パースピレックス)デトランスα
Perspirex(パースピレックス)デトランスα

Perspirex(パースピレックス)デトランスα  25ml 4,800円 → 2,900円

Perspirex(パースピレックス)デトランスα 全成分
アルコールデナ、アルミニウムクロリッド、アルミニウムラクタート、プロピレングリコル、
グリセリルステアラット、セチルパルミタット、スラミクロクリスタリン、チリイドロクシステアリン

オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOG
Perspirex(パースピレックス)デトランスαとは・・・

Perspirex(パースピレックス)デトランスαは、特許処方により長時間、
効果が持続する新しいタイプの制汗剤です。
汗を抑えたい部位(ワキ、手、足)に塗布すると、汗腺内の水分に反応。
汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで、発汗を物理的に抑制します。

これまでの制汗剤・デオドラント剤は効果の持続時間が短いため、外出中・仕事中・
スポーツ活動の最中に制汗効果が薄まってしまいます。

Perspirex(パースピレックス)デトランスαは長時間持続型の制汗剤。1回の使用で3~5日間、
汗のお悩みとサヨナラできます。
市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも、効果的です。
香料不使用で、アレルギーのリスクを最小限に抑えられた安心処方。衣類への色移りや
白い筋が残ることもありません。
画像Perspirex(パースピレックス)デトランスα|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログ皮膚への刺激、アレルギーも抑えた処方

パースピレックスの主成分・塩化アルミニウムが水と反応して角栓を形成する際に、
微量の塩酸が生成され刺激や炎症の原因となりますが、乳酸アルミニウムも配合することで塩酸を減退。
皮膚への刺激を防ぎます。
また、香料を不使用。アレルギーやかぶれのリスクも抑えています。

関連記事

こちらの記事はhttp://organic7cosme.blog.fc2.com/blog-entry-350.htmlより引用させて頂いております。