KOSE 肌極 はだきわみ 化粧液(ジェル) 解析

2016-09-11 18:02:14
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

 

KOSE 肌極 はだきわみ 化粧液(ジェル) 解析

 

 

    保湿力:★★★★☆
    皮膜力:★★★★☆+
   低刺激性:★★★☆☆-
保湿持続性:★★★★☆
 伸びの良さ:★★★☆☆
   しっとり感:★★★★☆
 サラサラ感:★★★☆☆
敏感肌適正:★★☆☆☆
  価格適正:★★★☆☆(40g:3150円) 

  総合評価:★★★☆☆-

 

 

保湿有効成分「ライスパワーNo.11」を配合したということで発売された化粧品ブランドです。

 

ライスパワーNo.11はお米を発酵することで得られるアミノ酸・糖類・ペプチド等の複合成分です。

 

ただ『お米を発酵して作る』という作り方と、医薬部外品として認めさせるくらいの保湿効果ということから察するに何らかのセラミド類似物質かセラミドそのものも混在していることが予想されます。

 

副作用などは少ない良質の成分だとかずのすけ個人的には捉えています。

(ただ詳細については謎の多い成分です…。)

 

 

しかしこちらは化粧品登録の商品なので、ライスパワーについては単に『配合した』というだけで効果を期待できるほどではありません。

(同ラインでは「美容液」のみが医薬部外品です。)

 

ちなみにライスパワーの成分表示名称は「コメエキス」です。

 

これだとあからさまにただの植物エキスですね^^;

 

 

 

まず主成分の選び方については問題ありません。

 

敏感肌に配慮した保湿基剤「BG」「グリセリン」をメインに選択。

 

それからこのジェルはかなり油分を多めに配合しているようで、

 

「メドウフォーム油・ジメチコン・スクワラン・水添ポリデセン・セテアリルアルコール…」

 

などなど油脂、シリコーンオイル、炭化水素油、高級アルコールなど複合的にオイル成分を配合していますね。

 

 

特にメドウフォーム油は油脂の一種なので、肌にベタつきを残しにくくしっとり柔らかの質感を演出する効能に優れています。

 

 

 

とはいえその背後に控えるジメチコンもスクワランも水添ポリデセンもどれもとてもこってりしたオイルです。

 

 

このため比較的皮膜力も高く、「ジェル」というにはかなりこってりした使用感が予想できます。

 

となるとこれはほぼ「クリーム」と言っても良いんじゃないかなぁと思います…^_^;

 

 

 

 

それでかずのすけ的にとても気になるポイントは2点あります。

 

1つは「界面活性剤の選択」です。

 

 

これだけこってりしたオイルを配合するならば、それなりに多めに界面活性剤が必要になってきます。

 

なのでここで選択するのはオイルと水の乳化作用に長けたもので、

 

また塗りおき化粧品ですから皮膚刺激の弱いものを選びたいですよね。

 

となると選ぶのは通常『非イオン界面活性剤』が当然であり妥当です。

 

ポリソルベートとかステアリン酸ソルビタンとか、なんでも良いですがその辺。

 

 

それなのにあろうことか本商品で選んでいる乳化剤はステアロイルメチルタウリンNaという「陰イオン界面活性剤」です。

 

 

アミノ酸系界面活性剤で一応皮膚刺激は弱めなのですが、

 

それでも洗い流しではなく塗りおきの化粧品に陰イオン界面活性剤を配合するのはどう考えても常識はずれです。。

 

乳化安定性も悪いし持続的な刺激があるし、ここでこの選択は大変気になるところです。

 

 

まぁ一応非イオン系で『水添レシチン』が入ってはいるのですが、

 

この成分はそんなに乳化力は高くないのでこれだけでシリコーン油や炭化水素油みたいな油っぽいものを溶かすのは不得手です。

 

 

 

アミノ酸系界面活性剤は洗い流す化粧品なら低刺激ですが、

 

そのまま塗っておく化粧品となると話は別ですよ。

 

 

 

次に2点目ですが、

 

チオ硫酸Na』

 

という成分が入っています。

 

 

この成分、一体何なのかというと金属封鎖剤(キレート剤)兼防腐剤兼抗酸化剤…の役割だと思います。。

 

「だと思います」という弱気な発言なのは、

 

そもそもこれも塗り置きの化粧品にはまず配合するものではないので配合の目的がよくわからないためです(^_^;)

 

 

 

確かに金属封鎖作用もあるし防腐作用もあるんですが、

 

普通にキレート剤はEDTAが入っていますし防腐剤も強力なパラベンを選んでいるので

 

あえて入れる必要があったのかどうか…。

 

 

かずのすけがこの成分に過敏に反応するのには当然理由があります。

 

 

『チオ』というのは『硫黄化合物』を意味する化学用語なのですが

 

硫黄化合物というと硫化水素とかから察するように『還元性』という性質を持つ成分なのです。

 

 

美容師さんなんかは「チオ」って聞くともう「あ、還元剤だ!」と思うと思います。

 

(パーマ剤の1剤が通称『チオ』(チオグリコール酸アンモニウム)と言います。)

 

 

 

で、還元作用を持つ成分には有名なものではビタミンCなんかがそうですよね。

 

でもチオ化合物の還元性はビタミンCなんか目じゃないですからね!(*_*;)

(実験室で使用するような試薬ですよ;)

 

 

 

前々から申し上げるように人間の皮膚組織は還元に弱いものなので、

 

これほどの還元剤はppm単位でだって入っていて欲しくないです。

 

しかも塗り置き化粧品には特に…。

 

 

 

 ただ多分配合量自体はホントに極微量(だと信じたい)のはずなので

 

そこまでグンと皮膚刺激を下げてはいませんが、

 

 

それでもなんだか気味の悪い成分が入っているのは事実です。

 

僕が塗る化粧品の成分表示にコレを見たら、まず購入はしませんね(-_-;)

 

 

 

 

というわけで、

 

総合評価を三つ星-か二つ星かで悩んだんですが、、

 

まぁライスパワーと主成分の構成によってこの評価です。

 

 

 

 
KOSE コーセー 肌極 はだきわみ 化粧液(ジェル)

【全成分表示 】
水・BG・グリセリン・メドウフォーム油・ジメチコン・スクワラン・水添ポリデセン・セテアリルアルコール・アケビ茎エキス・コメエキス・シソ葉エキス・チャ葉エキス・トコフェロール・EDTA-2Na・エタノール・キサンタンガム・クエン酸・ステアロイルメチルタウリンNa・チオ硫酸Na・ベヘニルアルコール・リン酸2Na・水添ポリイソブテン・水添レシチン・メチルパラベン・香料
【容量】40g
【価格 】¥3150
【謳い文句など出来るだけ詳しい情報 】
水分保持力をサポートする保湿ジェルです。ライスパワー(R)No.11を配合。うるおいバランスを整え、しっとりやわらかな肌に導きます。みずみずしい使用感で溶け込むようになじみ、もっちりとしたキメ細かな肌に整えます。化粧水+乳液効果で、うるおう美肌力をサポートします。無着色、弱酸性。
【引用元】
https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00ANE8NIE/ref=pd_aw_sim_121_of_5?ie=UTF8&psc=1&refRID=9953VHHD9052X9XTD5T7

マツキヨHP

プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

 

かずのすけの新著 2/20日発売!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信スタート!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

(バナー用画像↓ 加工OK!)

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12198968649.html?frm=themeより引用させて頂いております。