DHC クレンジングミルク 解析

2014-05-22 23:09:48
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

DHC クレンジングミルク 解析

 

 

 

   
   Amazon.co.jp

 

     乳化力:★★☆☆☆
     脱脂力:★★☆☆☆  
     低刺激性:★★☆☆☆  
 酸化安定性:★★★☆☆  

  流しやすさ:★★★★☆      
     保湿力:★★★☆☆    
    さっぱり感:★★★☆☆ 
    肌なじみ:★★★☆☆    
   価格適正:★★★☆☆( 200g:1800円)

   総合評価★★☆☆☆ 

「ミルククレンジング」

というものは

水にオイルを多めに混ぜ、

界面活性剤で乳化させているものです。

通常メイクを落とす作用は、

オイルか界面活性剤かのどちらかが担う性質ですが、

それはオイルもしくは界面活性剤がフリーであればあるほど

その効果も高まります。

つまり「乳化」の為にその両方が仕事をしているミルククレンジングは、

その分メーク落ちが悪くなる…ということになります。

クレンジングとしてメークが落ちないというのは大きな問題ですよね。

主剤は水に「メドウフォーム油」という植物油脂ですが、

エイコセン酸という酸化耐性の低い脂肪酸組成が多いので

酸化耐性に問題があるオイルということになりそうです。

あとは合成エステル(合成のオイル)が二種並び、

敏感肌の方には刺激になりうるDPGも少々多めに配合されます。

この辺りでクレンジングとして十分な品質なのか?というと、

かなり微妙なラインと判断せざるを得なくなり、

やはり

あまりオススメはできない

と言わざるを得ない内容になってしまいますね。

DHCクレンジングミルク
200mL ¥1,800(税込 ¥1,944)

肌のうるおいを保つ美肌成分オリーブバージンオイル、メドウフォーム油を配合。肌をいたわりながら、無理なくクレンジングできます。超乾燥肌や、季節の変わり目などでゆらぎがちな肌にも安心してお使いいただける、おだやかな使い心地です。

成分:水、メドウフォーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリオクタノイン、DPG、ペンチレングリコール、スクワラン、ポリソルベート60、オリーブ油、ステアリン酸、バチルアルコール、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、フェノキシエタノール、ステアリン酸スクロース、ベヘニルアルコール、トコフェロール、カルボマー、水酸化K

ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックで投票完了↓

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。
 

 

 

 

 

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11858349243.html?frm=themeより引用させて頂いております。