情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • メンタルヘルス »
  • 💖「憧れ」を「憧れのまま」にしておくのもそれはそれで素敵なこと。それなら「近づかない」こと。知れば何かしら幻滅するのは免れないから。知れば知るほど憧れは消えてしまうから

💖「憧れ」を「憧れのまま」にしておくのもそれはそれで素敵なこと。それなら「近づかない」こと。知れば何かしら幻滅するのは免れないから。知れば知るほど憧れは消えてしまうから

💖「憧れ」を「憧れのまま」にしておくのもそれはそれで素敵なこと。それなら「近づかない」こと。知れば何かしら幻滅するのは免れないから。知れば知るほど憧れは消えてしまうから

外国人男性・海外生活などに憧れがある方々、もちろんいらっしゃると思うのですが
その憧れって
「ずっとこの先もこのまま憧れ続け、夢を見ていたい」のか
それとも
「外国人男性と実際に(夢ではなく現実として)ホントに付き合ってみたい」のか
「海外に(夢ではなく現実として)実際にホントに滞在したい・住みたい」のか
それによってすべき行動が全然違ってきますよね

私の鑑定依頼者の方々も

◆ 行動すれば実際に外国人と付き合える可能性が高い配置の人
◆実際に行動すれば海外住んで暮らしていける可能性が高い配置の人(国にもよりますが)
◆そういう配置もちなのにあえて行動したがらない人
◆海外より日本で暮らす方が合ってるだろう配置の人
◆もし外国人男性と付き合ってもシックリ行かない・長続きしない可能性が高い配置の人
◆だから特に興味示さない人
◆それでもトライしてみたい人
◆ただちょっと興味あるだけの人
などなど
ほんといろいろですねえ・・

そして

ご自分が実際にどうしたいか、何を望むかどれを選ぶかによって、実際にどう行動すべきかが、ホントいろいろ全然違ってきますよね・・

それに
同じ生年月日の人って、世界中にたくさんいますけど、もちろんすべての人たち同じ生き方してるわけじゃないし、ホロスコープに沿っていない生き方をしても、もちろんいいわけですからねえ(それはその人の自由ですからねえ)

私はその人のホロスコープのエネルギーが一番うまく回るだろう方法をお伝えしているだけです。
いろんな方法あるよ
その中でお好きなのでイイんじゃと思うよ
方向性間違ってなければ

ところで
「白人男性」に憧れる日本人女性って、一定数いますよね・・
たとえば「アングロサクソン系ですらっと背が高くて」とか、いわゆる「英国紳士」とか「ジェントルマン」とか?

でも
憧れてるなら「憧れのまま」にしておくのもイイかもなのよね。それはそれで素敵かもしれないのよね・・。
なぜなら
そうすれば「憧れ」がずっと綺麗なままだから

なぜなら、実際を知れば知るほど憧れは消えてしまうからね・・
なんせ、「夢」と「現実」は全く違うものですからねえ・・。
海外で暮らすことに関しても同じです。たぶん日本で夢見てるイメージと実際のところ、現実は違います。
そして現実を知れば知るほど、憧れは消えていくものです。なんせ「現実」なんで。いつまでも夢を見てはいられないのです。なんせ「現実」なんで。

「憧れの世界」がある、「憧れの人」がいるって素敵なことよね。
それはそれで幸せなことかも。
だから
もしこれからも憧れていたいのなら。
遠くから眺めるだけにして、決して近づかないことですね。

私はもう海外生活にも外国人男性にも憧れは無いですねえ・・(遠い目)

ただできるだけ自分に合った場所にいて、できるだけ相性の良い人と一緒にいるだけのことなのです。
もし私が日本の社会に適応できていて、日本で健康に元気に暮らせていて、日本で誰か相性の良い人と出会えてて、助け合って生活できてたら、私だって今もきっと日本にいたと思うしね。(それは確実だね)

ところで・・脱線したので話し戻すけど
「英国紳士」っていうと、イメージ的には(たぶん)こんな感じかなあ?


◇上質で仕立ての良い三つ揃えスーツ着用。上品でスキがない。ビシッと決めてる。
◇「貴族社会」や「●●学会」などに属してたりコネクションを持つ
◇インテリ・読書家で、家の書棚には高価そうな本が満杯
◇素敵な古い家に住んでる。美しいイングリッシュガーデン。
◇プライドが高い
◇一緒に行動するのは男友達。女性とは一定の距離を置いている。
◇「レディ」に対してとても紳士的で優しい
◇綺麗なクイーンズイングリッシュを話す

あとはそうねえ・・
◇いつもクールにポーカーフェイス。
◇短いスマイルくらいならするが、ガハハとバカ笑いなんて絶対しない。
◇女性とイチャイチャしない。チャラいこともしない。
◇下品なスラングなんて絶対話さない
◇Tシャツなどラフな格好もあまりしない
◇休日もパリッとアイロンのかかったボタンダウンシャツ着用
◇タトゥなんて「下品だから」としない。そもそも興味ない
◇アホ臭い冗談なんて言わない
◇バカみたりにふざけたりしない
◇お笑い番組を見ない
◇ソファでごろ寝、カウチポテトなんてしない

ざっとこんな感じですかねえ・・

・・ていうか、いるんですかね、こんな人。現実に。現代に。


もしいたとしてもちょっと・・つまんなくない?

きちんとしてるかもだけど、(私は)息が詰まりそうだよ・・こんな男とは(私は)絶対一緒に暮らせないよ。「たまに会うだけの人」止まり、って感じかなあ(別に心配しなくてもまったく縁ないけどさ)
もし会っても、会話もなんかハイソな感じ?話題にも困りそうだよねえ・・
デートもつまんなさそうねえ・・
高そうなバーか、高級レストランか、郊外行くなら「うちのお城見る?幽霊出るよ」とかかね?(知らないけど・・)

というわけで
(私にとっては)全然憧れないし(私にとっては)全然タイプではないので、「英国紳士」に憧れる人たちの気持ちが実は(私には)よくわからないのです・・。

だからずっと「謎だ・・」「なんで??」と思っていました。実は今もだけど・・。

私の中では、単に「スーツ着た気取った偉そう男」ってイメージだねえ。(スマンねえ・・でも私の中ではそうなんだよねえ)

私は「偉そうな男」が大嫌いなので、私にとってはまったく「タイプ」ではないんですよね・・。
もっと優しくて面白くて美味しいご飯作ってくれるような人で、トラウマ持ちの男が大好きなんでねえ・・そしてそのトラウマを乗り越えてそれなりに成功しているタイプでないと(困る。なぜならヒモ男は嫌いなので)
というわけで、ただ人によって好きなタイプが違うってだけの話かもなんだけどね・・
誤解されがちだけど別に
「英国紳士」よりチャライ男や不良が好きってわけでもないのよ。ただ「偉そうな男」よりはチャライ男のほうがまだマシ(と私は思う。なぜなら会話が面白かったりするから。でももちろんそう思わない方々もきっと多いことでしょう)

だから英国紳士でも偉そうでなければイイのかもしれないけど・・でもなんか全体的に偉そうだよねえ・・というかイギリス人全体がなんか偉そうなイメージあるんだけど・・私の気のせい?
イギリス人とアメリカ人はなんか偉そうよねえ・・特にアジア系に対しては。
というか、アジア女性に近づいてくるイギリス人・アメリカ人が偉そうなヤツが多いのかもしれないねえ。全部が全部そうだとも思えないのでねえ。(そして私はいっけん優しそうで何でも言うこと聞きそうに見えるタイプらしい。たぶん多くの日本人女性がこのタイプに当てはまるんじゃと思う)


その女性にもよるけれど
ホロスコープで対人関係の7室や火星などが「キビシイ」配置の人だったら、けっこう厳しめの人でも「大丈夫」「けっこう合う」「別に気にならない」「シックリ来る」かも。
女性によっては「キビシイ男性、キツイ男性が好き」なのかもしれないしねえ・・(その辺の好みは人によりますからねえ)
「イギリス人男性が好き」「英国紳士に憧れ」と仰る女性は、けっこう「キビシイ男性」が好きな配置が実際あったりしますねえ・・。「タイプ」なんでしょうねえ・・(キビシイお父さんに育てられた人が多め)

私は「ご飯作ってくれる男・かつ傷ついてる男」が好きで、男が嫉妬して苦しんでいるのを見ると萌えてしまうタイプ。(そして自滅することも)

・・書いててふと気づいたけど
・・もしかしたら私の趣味の方が特殊かもしれないねえ・・(今頃やっとハッキリ自覚したかも・・あらまあ・・でもそこんとこも確かにホロスコープ通り・・なのでやっぱり西洋占星術はスゴイと思うわ)

話し戻すけど
あとイギリス人と言えば。
「家を維持するのにやたら気を遣ってる人」かなあ。英国人と言えばそういうイメージだねえ・・(私にとってはね)


でも私は家事嫌いな人間だし、毎日家磨くのなんてウンザリで全然無理だし、だからと言ってお手伝いさんのいる生活もイヤ。(いろいろ生活を見られてしまったりチェックされたりして気分悪いから)
庭やイングリッシュガーデンも別に興味ないし、庭の手入れなんてしたくない。庭あるとどうしても蚊が出るから庭なんか無いほうが好き。だから、私みたいな女は全くお呼びではないでしょう。何の役にも立たないよ。そんなの自分でわかってるし。私だって全然お近づきになりたくない。お互いさまというか・・

だから
・・なんで「英国紳士」に憧れるんかね・・?
私にはわからないわ・・

なんか・・アイドルや俳優に憧れるのと似てる気がするんだけど・・気のせいかなあ?

思うんだけど
「英国紳士」に憧れる女性たちの共通点としては。
「イギリス男が周りに居ない人たち」
「イギリス人の知人友人がいない人たち」
「イギリス男と会話したりご飯行ったりなどしたことがない人たち」
「イギリス男とそれほど親しく付き合ったことが無い人たち」


つまり「英国紳士」どころか、「実際のイギリス男」さえ「実はよく知らない」女性たちが多いのが特徴・・のような気がするのよ・・

だからね、実際に関わってみればいいと思うのよ。いろいろわかるし気づくから。

ただそれがホントに「貴族社会」などに属する人たちだとすれば、自分もそれなりのものがないと、それなりのことしてないと、出会いもまず無いでしょう・・(だからこそ憧れるのかなあ)

でもイギリスに行けば。そこらへん一帯、全部イギリス男。とりあえずイギリス男ならいっぱいいるよ。数千万人いるよ。いっぱいだよ。だから興味あるなら行けばいいと思うよイギリス。
もしすぐに海外行けないとしても、言語交換サイトに登録すればそこにもいっぱいイギリス人がいる。


実際に関わればいいよ
そうすれば「ホントウのところ」がわかるから。

実際にイギリス人とメール交換したり、電話で話したり
実際にイギリス人男性とちょっと親しくなったり、飲み行ったり、毎日Whatsappでメッセージ交換したりしてると・・、(私は)なんか腹立って来ることが多いんだよねえ・・すごく多いよ


私は英語が話せるので(というかフランス語もイタリア語も話せないので)
イギリス人男、4人くらいと話したり会ったりご飯行ったりしたことあるけどね、全員が全員、なんか腹立つヤツだったんよね・・。(たまたま腹立つヤツばかりだったのか、イギリス人やイギリスと相性悪いのか、そのどっちもかなのか・・でもそういえば私イギリス滞在中、鬱になりそうになったし体調も崩したことあったわ・・)

最初は良くても話してるうちに、だんだんイライラしてくるのよ・・なんか「失礼」なんだよねえ。カンに障るのよねえ・・いちいち偉そう過ぎて(私は)全然無理だったねえ・・。日本の男尊女卑な男女関係と、ちょっと似たとこあるなあと感じたよ・・。
(だから日本の男尊女卑な男女関係に合わせられるような女性、それが気にならない女性ならばイイんじゃないのかなあ。だからイギリス人男性は日本人女性にけっこう人気なのかしら?男を立てる甲斐があるというか)

ただ私、イギリス人男性と日本人女性のカップルで、若いころに結婚して、中年・熟年離婚した人たちを3組知ってるよ。
(うち一人はその親御さんも知ってる。従順な日本人女性の父はワンマン社長。「イギリス男が偉そうで腹立つから離婚させた」とワンマン社長の父親が怒っていた。私は心の中で「太陽は父親・夫を表す・・ワンマンパパがワンマンイギリス男にとってかわって、そしてまたパパのところに戻ってきたんだね」と思った。この場合、娘さんが仕事で社長なったほうが良いかもですね。そうすることでワンマンな男に振り回されることを多少は防げるかも。男はワンマンタイプにしか縁なさそうな人だねえ・・お父さんが年取って弱ってきたら社長代行みたいなことすればいいかも)

というわけで、若いころイギリス男と結婚して今までず~っとイギリス男との結婚生活が続いている女性たちについては、私は(今のところ)周りに実際知らないんだよねえ・・
ただ熟年で結婚したカップルは一組知ってるよ。それが私にとっての「事実」なんでなあ・・。

若いころはイギリス男が威張ってても特に気にならなかった若い日本人女性、それどころか「頼もしくてステキ」と感じていた「イギリス男の偉そうな部分」。それが、女性が年取るにつれ、その「偉そうさ」にだんだん腹立ってきたり、イヤになってくるんじゃないかなあと(私は)推測しますけどねえ・・そこんとこどうなんでしょうか(ある意味、日本の熟年離婚と似た感じのような・・日本の男は偉そう過ぎるよ。女ばかりこき使ってるし)

そして若い時って、日本人女性って、白人外国人男性の言うことなんでも素直に聞く感じじゃないですか・・ニコニコ・従順というか。確かに可愛いよねそういう女性好きな男はきっと多いだろうよ。
でも一緒に暮らして、女も年取ってくると、ふと「・・なんで私ばっかり?」的な?それは相手が外人じゃなくて日本人相手でも同じかもだけど・・。

だから、中年・熟年以降で「自分がすっかり出来上がってから」結婚するのは「アリかも」と思う。
外国人と結婚したり付き合うなら、ある程度年取ってからのほうがもしかしたらイイかもと思う(安定して長続きするという意味では)若い時じゃないほうがいいかもとさえ思う。年取ってからのほうが自分の軸が出来上がっていることが多いので。

(ヨーロッパ白人男性×日本人女性で、女性側がめっちゃ威張ってるカップルでとても仲の良いカップル何組か知ってるから。それぞれ、日本人妻とフランス男・イギリス男・イタリア男で、実際に知ってる。でも日本人的感覚で見てると「女が威張り過ぎカップル」「女が出しゃばり過ぎててイタイ」カップル、または関係性が「母親と息子みたいな」カップルだったりする・・でも当人たちは仲良くてとっても幸せそう。安定感バッチリ。はたで見てて「性格のデコボコがバッチリはまってる」って感じがすごくするのでこういうカップルならイイかも、きっと仲良く続くんだろうなあと思う)


とにかく
私みたいなタイプは、いわゆる一般的なイギリス人男性とは「合わない」と思うのよ。全然。
(偉そうな)日本人男性とも全然合わなかったしねえ・・
なんか無理なのよね。じきに「ガマンの限界」が来る。確実に来る・・

「英国紳士はレディに対してとても紳士的で優しい」みたいなイメージあるかもだけど、それはきっと「ホンモノのレディ」(貴族関係の令嬢とか大金持ちの娘とか、社会的地位ある職業についてるインテリ女性」などに対してだけなんじゃないかなあ・・って気が(私は)するけどねえ・・
日本人(アジア)かつ一般人に対して、「紳士」としてふるまうかね?あんだけプライド高いのに。
ふるまってもほんの最初だけなんじゃないかなあ?

イギリス男と会話してて何気に「なんか・・私のこと値踏みしてる?」って気がすることが何度もあったよ・・それによってこの先どう付き合うかを決める感じ?相手の出方によって決める感じ?偉そうにできるかどうかとか?レディファースト的に付き合うかそうじゃないかとか。
なんかそこんとこが(私は)好きじゃない。(たまたま私が会ったイギリス男らがそういうタイプってだけだったかもしれないけどねえ。でもそれが私にとっての「現実」だからねえ・・でも合う人は合うんでしょうよきっと)

私が優しそうで従順そうに見えるので、「男を立てるタイプ」と勘違いされていたような気がする・・
見た目だけでね。
(見た目と内面がギャップがあり過ぎって自分も困るし相手も困るよね。いっそ見た目変えようか考え中。でもギャップがあるのが自分らしさかもしれないとも思う。なのでホロスコープとにらめっこしながらも少し考えてみる)

イギリス人ともし付き合いたいのなら、自分をどう打ち出していくか、自己紹介とかその他もろもろのことについては、前もってよ~く考えておいた方が良いかもな・・そんな気がした。
でもなんか「見栄とプライドの世界」って感じがして私はすごいニガテだったわ・・
(ただいろんな人がいると思うんで。あと相性は絶対あるしねえ。合う人は合うんじゃないのかねえ。私はイギリス男とはまったくソリが合わなかったねえ。だっていちいち偉そうなんだもん。無理)


「イギリス人女性」なら、けっこう好きなんだけどねえ・・面白い人多いし会話がけっこう楽しい。
初めてイタリア来た時、列車の1等車で相席だった、やせた女性はイギリス人女性だった。(私が「アストロマップ見て来た。イタリアのボルディゲラ楽しそうだから来てみた」と言ったら爆笑してた)
<関連記事>
◆ネイタル9室冥王星「海外で生まれ変わる」という配置。冥王星ライン上でさらに「海外で西洋占星術の仕事ができるかも」と考え方が大きく変わる。さすが冥王星ラインかも
http://blog.livedoor.jp/hsp_ko/archives/52026653.html

日本人男性の多くはフランス人女性のことを
「フランス人女性はプライドが高くて(日本人男性に対して)冷たい」ってよく言う。
だけど、その「男版」がイギリス人男性じゃないかと(私は勝手に)思ってるよ。

あと
男性と接してみて思うけど・・
実際の生身の男って、アホよね
女がとっくに気づいてることに気づいてないというか・・
あと死ぬような危ないコトとかするよね男。女なら絶対しないようなこと
(例えば危ないことケガするようなアホなことしてホントにケガしたり死んだりするのは圧倒的に男が多いよねえ女より)
人間誰しもアホなトコあるけどさ、もちろん女もバカかもだけどさ、(私は)一般的には男の方がアホだと思うよ女よりもアホ度が高いと思うよ。もちろん個人差はあるでしょうが。
ただ男の方が「社会を知ってる」ってだけでね。だから男は社会を「知らない」「わかってない」と女をバカにすることが良くあるけど・・でもそりゃあ当然でしょうよ。世の中男性社会なんだもんね。つまり男が社会を作った。だから、女よりは社会をわかっててそりゃあ当然でしょうよ。(そこわかってない男のほうが問題)

女性で(心の中でこっそり)男をバカにしている女性たちはとてもとても多いけれども、それは実は「正しい感覚」だと思うのです。そこは日本人でも外国人でも同じだよ。

だから言いたいことは
「英国紳士」に(それほどは)夢を見ないほうがいいと思うのよ。

なぜならそれは「夢」であって現実の男性とは違う可能性が高いから・・。

実際にイギリス来てイギリス男数人とちょっと付き合ったり話したりメッセージ交換したりごはん食べ行ったりして、何かしら関わってみれば、すぐに気付くことだと思うけどね・・。

でも「夢を見れる」人もいる・・そういう人たちにはホロスコープに共通点がある。
それは
「男性と一緒に暮らさないような配置」の人たち。

男性と暮らすのがあまり合っていない配置の人たち。
そして
男性と一緒に暮らさないでも、食べていける何らかの能力・方法がある人たち。

一緒に暮らさないからこそ、男のアホな所や呆れた部分を知らない。そういうの「知らなくて済む」人たち。

だから男性に対して素敵な夢を見ることができる
ある意味それは「特権」かもしれないと思う。
ある意味ちょっとうらやましいかも・・


だから
何がイイか悪いかなんてわからないよね・・

私は「男と一緒に暮らす」ような配置なので夢なんか見ていられないよ。
「現実」見てるだけ。
でもそれが自分に合ってるからそうしているだけ。

モナコにもイギリス男、いっぱい住んでるよ。
その上、夏はイギリスからもバカンスで来るよ。実際に出会いたいのなら、パーティくらいなら一緒に連れてくよ。
(行きたいなら)モナコのパーティ連れてってあげるので、後は自分で何とかしてね。その後のこと(自分の「タイプ」の人にその日パーティーで出会えるかどうかとか、出会えたらその後どうするかとか)までは責任持てません当然ながら。
(そこまではちょっと・・あと私はイギリス男には全然興味ないし、基本、話したくないねえ)
英語は通じるけど、話しててなんかイラッとさせられることが多いからねえ・・。

でも「英国紳士」ドラマで見るにはいいよね。

英国紳士がいっぱい出てくる歴史ドラマ 。皆さん俳優さんなんである程度は皆さん素敵・・視聴率稼がなきゃだからね。
でも・・現実はきっとこんな素敵な人ばっかりじゃなかったはず。そして一般の現実の外国人って意外と綺麗な人、カッコイイ人、少なめだよ。(どんな人をカッコイイと思うかにもよるけどね)

英国人気ドラマシリーズ「ダウントン・アビー」。大ヒットで映画にもなったそうで。

この歴史的なきれいなお城に、今はairbnbで泊まれるみたいですよ?スゴイねえ

記事ではなんか嘆かれてるみたいだけどねえ・・
Le château de Downton Abbey est désormais sur Airbnb

https://www.huffingtonpost.fr/entry/le-chateau-de-downton-abbey-est-desormais-sur-airbnb_fr_5d81269ce4b00d69059fea6c

動画見て思ったけど、お城ってホントに田舎にあるんだねえ・・周りだだっ広い農園が続くだけ・・ド田舎やん・・これじゃあ普段、農業とパーティしか、することないと思うわ・・というかたまにはパーティくらいしないと鬱なりそう

私はどうも都会生活しかできない人間みたい・・。いくら年取っても田舎は無理みたい・・。イタリアの田舎の工場にデザイナーとして雇われて行ったときも、なんか「山に閉じ込められた」感がして鬱っぽくなって泣いちゃって困った。山とか田舎、私は無理みたい・・。でもきっと合う人は合うんだろうね。合う合わないは確実にあるよね。

話し戻すけど、憧れを憧れのままにして「綺麗なままで取っておきたい」ならそれはそれで「アリ」だと思うのよ。

現実を知ると「ふ~ん、こんなもんか・・」って思うのがオチだからね。

実際に現実を知ることと、憧れは、決して両立できないことだよ・・

そして
どちらがいいかなんてことは、わからないことだよね

ただ自分に合ってるほうにテクテク歩いてくだけだよ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/hsp_ko/archives/52108348.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Translate »