<121> PETRA(ペトラ)や〜っと出版

<121> PETRA(ペトラ)や〜っと出版


b0164641_09201814.jpg
長らく翻訳、校正、校正に次ぐ校正を続けやっと「香料の都PETRA(ペトラ)ー薬草療法士ライラの物語」がフレグランスジャーナル社より8月1日発売となります!アマゾンでも買えますので是非ご一読してくださいね。交易都市として繁栄したペトラ遺跡を舞台とした紀元前3世紀の壮大なストーリーです。歴史上の史実に基づいた設定の中で主要な登場人物と個人的な出来事はフィクションですが、現在のオマーン、イエメン、ヨルダンを結ぶストーリー展開は、いつかは彼の地を訪れたいと憧れが高まります。

主人公のライラはストリートチルドレンから始まり、自分の才能をうまく引き出す環境の中に入っていき、優しく思いやり深い人々(そうでもない人々もいますが)の間でたくましく成長していきます。当時の人々の暮らしや世界観、使用する薬用植物が興味深く描かれています。
b0164641_09205468.jpg著者のワンダ・セラー氏はヨルダンなどの中近東で乳香と没薬のリサーチをされており、同じくフレグランスジャーナル社の「乳香と没薬」をマーティン・ワット氏と共著されました。このフィールドワークの間にこの物語のインスピレーションを得たそうです。
ワンダ・セラー氏はロンドン・スクール・オブ・アロマテラピーの本校の一期生だそうです。1982年から勉強したそうで、私は1992年に入学したので10年先輩ですね!この10年ほど交流が続き、現在はマンツーマンでメディカル・アロマテラピーの勉強を進めています。なかなか難しく、本気で頑張っています。占星術士としての活動が現在では主流になってきているようです。フレグランスジャーナル社からは「84の精油」「乳香と没薬」「メディカルアストロロジー入門」が出版されており、今回は4冊目になります。b0164641_09212595.jpg
フレグランスジャーナル社は小説は初めてだそうで(私も小説の翻訳は初めてです)いろいろと時間がかかってしまったそうです。でも素晴らしい出来栄えになりましたので、お勧めします!
シュナウベルト博士と奥様のモニカさんのセミナーも無事終わりましたので、京都旅行と共にまたこちらに書き込みますね!


#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }


by lsajapan
| 2019-07-31 09:21
| 近況報告

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://lsajapan.exblog.jp/29547199