(お詫び)コメントの対応に漏れ、遅れがありました

2013-12-12 16:54:43
テーマ:

先程までコメントの対応に大幅な漏れ・遅れが生じておりました。

コメント対応の漏れや遅れにつきましてご気分を損ねてしまった方に対して

この場でお詫び申し上げます。

実は昨日携帯電話の充電器を故障してしまい、

つい先程まで携帯電話が使用できない状態が続いていました。

いつもであれば携帯電話にコメントの通知が入るようになっているので、

コメントが付けばその時に確認ができるようになっているのですが

本日午前の段階ではそれが叶わず、

定期的にPCでアメーバにアクセスしてコメントを確認する、

という作業が必要になっておりました。

これにより通常行っていたリアルタイムな返信ができず、

PCでアメーバのシステムにアクセスしなければコメントの返信ができませんでした。

(現在は復旧しています)

携帯電話の使用不可について何か不便が生じる気はしていましたが、

このようなことになるとは僕も一切想定しておらず、

アナウンスしていなかったのは一つの過失です。

また

コメント対応はアメーバのシステム上で行っているのですが

システム上ではこのようにコメントが新着順で網羅的に表示され、

より早く付いたコメントは下に押し出され、

新着のものほど上に表示されるシステムになっています。

さらに自分のコメントも新着として表示され、

返信済みか未返信かを判断できるシステムでもないことから

どれに返信してどれに返信していないのかを瞬間的に判断するのが難しい仕様となっています。

これらのことが災いして早くコメントを付けてくださった方のコメントを見落としてしまい、

ホームページ上で僕がそのコメントをまるで無視したかのように見えてしまった、、

という事件があり、その方のご気分を大変損ねてしまいました。

僕はコメント返信はアメーバのこのシステム上で行っているので、

実際のホームページを確認しているわけではなくそのような状態に気付けませんでした。

この件については僕自身大変失礼なことをしてしまったと感じています。

僕はコメントは基本的にすべて返信していますし、

コメントを返信するのに選り好みなどは一切しておりません。

これからもできる限り全てのコメントに対応したいと考えています。

ただ、

このブログの成長速度は僕自身予想外の速度であり、

既に返信対応が許容量を超えつつあるのは確かです…。

もしかしたら近い将来

今のようなリアルタイム・オール返信の体制は

変革を迫られる時が来るかもしれません。

もしそのようなことになったときは、

皆様にはぜひご理解を頂きたいと思います。

ですが今の段階ではこの体制を変更するつもりはなく、

僕のできるところまでこのシステムは続けていきたいと考えていますので

これからも応援をよろしくお願いいたします。

本日ご気分を損ねてしまった方々に対しましては、

重ねてお詫び申し上げます。

大変な失礼をお許しくださいませ。

管理人

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11727973705.html?frm=themeより引用させて頂いております。