情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

食べてはいけないものをなくすトレーニング3

食べてはいけないものをなくすトレーニング3

食べてはいけないものをなくすトレーニング3

前回の続きですhttp://sesshokushougai0114.livedoor.blog/archives/4040527.html

温かい飲み物が飲み終わったらごちそうさまといって食卓から離れます。

お腹がいっぱいで満足している人、
お腹はいっぱいだけどもやもやしている人
お腹が満たされず、もやもやしている人
それぞれいると思いますがいったん食卓から離れます。

気になる方は食器類を洗ったり片付けてもいいです。
それらはあとに回してもいいです。

食卓から離れたら別の場所でノートかスマホに今の自分の気持ちを書きます。

★今の気分
満足したorもやもやしているorもっと食べたいor後悔しているor過食がしたい等

色々あると思いますが今の気分を書きます。

★なぜその気分なのか
食べたいものが満足して食べられたから

お腹がいっぱいなのに食後のデザートまで食べて罪悪感があるから

お腹はいっぱいだけどケーキを食べたらもっと他のものが食べたくなって気持ちがそわそわしているから
等、どうしてその気分になったのかを書き出します。

★自分の考える対策方法、または今回良かった点、次はこうしようと思う点などなんでも。

今過食がしたいのは
お腹が満たされていないのか、
心が満たされていないのか。

お腹ならばもっとおかずの量を増やそう。
心が満たされないなら他の食べ物をもっと好きなものにしてみよう。

または、もっと雰囲気を自分が満足できるものにしてみよう。

今過食がしたいのは、
何でも良いからたくさん食べたいのか、
特定の他のものが食べたいのか

何でも良いからたくさん食べたいのであれば何かしらのストレスの可能性があるのでさらにそれを考えてみる。
特定のものが食べたいのであれば、次のトレーニング時はその2つを食べてみる。

など、自分が思いつくことを書いてみましょう。

良かったところ、悪かったところ、改善したほうが良いところ、次回はこうしてみようなど、自分がやりやすいようにどんどん変えてみてください。

トレーニングのあとに過食をしても問題ありません。

今まで自分で食べてはいけないと思っているものを食べたのですから、過食をして当然です。

すぐにうまく取り入れられることのほうが少ないです。

そのために過食をしても問題のない時間帯を選んだんですから、好きなものを好きなだけ食べてください。

過食をして当たり前だと思うくらいの気持ちで居たほうが良いです。

このトレーニングを続けていくことで過食の頻度、内容が変わっていきます。

過食をしても記録をつけて次に活かすことが大切です。
どうして過食になったのか、次はこうしてみよう、ああしてみようと改善をしていくことが大切です。

過食をした後に振り返ることすらできないときもあると思います。
それは仕方がありません。

できるときにできるだけ振り返って記録をつけましょう。

このトレーニングを毎日行ってもいいですし、休日だけでも良いです。
自分で決めて定期的に行いましょう。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://sesshokushougai0114.livedoor.blog/archives/4040553.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »