情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

頭にフルーツを塗る⁉️最新スカルプケア商品

頭にフルーツを塗る⁉️最新スカルプケア商品

購入はこちらから⬇︎ 
61i58654NvL._SX425_


毛髪の悩みは、花や野菜を育てるのと似ており、頭皮が畑のようなものだといえます。土壌の環境が悪い土に種を植えると、厳しい環境では栄養が行き渡らず、せっかく出た芽が育とうとしても途中で枯れてしまいます。髪の原理も基本的にこれと同じで、健康を保たなければ産毛も力尽きてしまうのです。
つまり、頭皮を刺激し産毛が出たとしても意味がなく、世間で人気のあるヘアケア法では効果がないということになります。

世間で人気とされているヘアケア法は頭皮を刺激し芽を出すことを目的としています。それは畑に種を植えるようなものですが、頭皮を健康にするものではありません。
つまり、荒れ果てた畑に必死に種をまいているということであり、せっかく芽が出たとしてもすぐに枯れてしまうので、すべてが無駄であり何の解決方法にもなっていないのです。
毛髪の悩みを抱えると様々なものを試し、種を植えることばかりに目が行ってしまったことでしょう。しかしそれではダメだったはずです。
重要なのは途中で力尽きることがないよう、成分を角質層へと浸透させ、しっかりとした土壌をつくることです。
これを疎かにしている人があまりに多いため、何をやっても毛髪の悩みがなくならないと感じてしまうのです。

エイジングケアで有名になったので、よくテレビや健康食品のコマーシャルなどで「ノニジュース」を見かけることが多くなり、ノニといえば飲むものというイメージがあるかもしれません。
しかし、実際に原産地インドネシアに訪れると異様な光景を目の当たりにしました。なんと、現地の方たちはノニを頭に塗っていたのです。

なぜノニを頭に塗っているのか実際に聞いてみると、ノニを直接頭に塗る健康法は古くから伝わられており、髪の健康のためにインドネシアの美容室ではごく当たり前に行われていることだったのです。また、インドネシア現地の方の中にはほとんど毛髪に悩みを持つ人がいないということも判明しました。
日本の大手カツラメーカーが行った、成人男性を対象にした調査によれば、日本の成人男性の毛髪の悩みの割合は26.8%ほどで世界のTOP20に入りアジアでは最も高くなっています。
一方、インドネシア人はこの割合の低さが世界でもトップクラスといわれています。インドネシアへ行ったことのある方なら分かると思いますが、あの膨大な人口に対して毛髪が気になる方が少ないことに気づきます。もちろんインドネシアにも毛髪の悩みを抱えている方はいますが、その割合が極端にすくないのです

毛髪のことを考えて摂取するのであれば、もちろんジュースを飲むのも良いのですが、独特の臭みや苦みがあるので日常的に摂取するのは大変です。しかし、それ以上に毛髪に直接塗り込むのが効果的とされているそうです。
原産地インドネシアの人達はこれらのノニの成分特性や貴重さをすべて理解したうえで、数百年前から「ノニを塗る」ということを継承していたというとそうではないでしょう。
ただ単純に「塗ってみたら良かった」という感覚だけだと思います。しかしその単純な経験が伝承され続けていることがノニのすごさを物語っているのではないでしょうか。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://biyou-man.blog.jp/archives/1924814.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »