情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

迷える整体師たちに捧ぐ<後編>

迷える整体師たちに捧ぐ<後編>

軌道に乗るまでの苦労は、越えてしまえばなんてことはありません。

場所の問題などの立地条件なんかも、大した問題でないことがわかります。
ただ、それで「悩み」そのものが消えるワケではありません。
では、そのために具体的な努力をしているかというと、私の場合、勉強は好きでやっていることなので、強いて言えばこのブログくらいでしょうか。
ブログは、大手チェーンでさえも持ち回りで書いていたりしますが、独立してやる場合でも、ブログは集客としっかりリンクする、とっても有効なモノです。
たまに、開業したての時は飛ばしていたのに、週一回程度の更新も出来ず、月一が年一回まで来てしまう人がいますが、ならいっそ止めてしまったほうが良いと思いますけどね。
ブログの効用は、別に集客のためだけではありませんし、むしろアウトプットの意味合いが強く、私なんかはアウトプットするほどの変化がないから書けないんだろうなーと見なします。
さらに言えば、ブログを集客用の技術として使う気功技術もありますし(これはかなり有効なのですが)、常に更新出来なければ何の意味もありません。
PSX_20191003_092253
「ウチの店の周りは燕だらけです。店が先か燕が先か・・・?」
昔は、全て自力で技術を作っていたので、セミナーなんかに行く人間を小馬鹿にしていて「まだ学んでるなら人様の身体を触るな」くらいに考えていました。
しかし、独習の限界というのは当然ありますし、しかもそれなりに結果を出せて、順風満帆でいると、新しく何かを始めることのほうが、腰が重くてシンドイのです。
逆に言えば、安定しているなら学ぶ必要が生じない訳で、自分でどうして良いのかわからないほど追い込まれた時が、自分を変えるチャンスだったりします。
話を本題に戻すと、我々の「通常モード」は、常に自らを更新しアップデートを繰り返すということに他なりません。
どうアップデートするかが悩みの種となります。
それは単に技術向上だけでなく、人生のアップデートも当然含まれます。
私も現在は学びに出ていますが、理由は経営不振でも無ければ、将来の自分に対する不安でもありません。
理由は一つで、将来が見えて来たからですね。
人と向き合うことに飽きはしないので、仕事は嫌いになりませんが、ルーティンになって来ると「これだけやってれば大丈夫」という甘えが出て来ます。
すると、楽な顧客しか来なくなりますが、そのうち自分が治療家なのか、ホストなのかわからなくなりますし(いや、ホスト的要素は必要です)、自分の軸がブレ始めたらおしまいです。
私は、ラッキーなことに初心を思い出させるような状況になることが出来たので、それはやはり「治せないレベルの患者さん」が増えて来ることで、背筋を正さざるを得なくなるのです。
ある一定のラインをクリアすると、その上のレベルの患者さんが増えていきます。
当然、我々整体師は、悩み苦しみから解放してあげたいと願って、自らの時間とエネルギーを削ることに喜びを覚える「変態」ですから、その心の対価がリターンされないというのはストレス以上に恐怖でしかありません。
この世界は「時間だけが有限」ですから、毎日朝から晩まで働いたからといって能力が上がるワケではありません。
いや、熟練はしますが、飛躍するほどのパラダイムシフトを一人で行うのは難しいのです。
だから、学びに行くのですが、ならば弟子たちも、私から学ばずにその上の存在から直接学んだほうが早いと考えることも当然出来ます。
私には弟子が十数人いますが、彼らが一足飛びに私を越えて学びに行くなら、それを咎めることはしませんが、何故彼らがそうしないのかと言うと、一つに求めるモノが違うということがあります。
私が学んでいるのはヒーラーの技術なので、巷の整体師向けの技術とは、少し毛色が異なります。
また先生方も「○○整体院」というような、看板を掲げて店舗を持つというスタイルではなく、特定のクライアント限定でやられています。

なので学んだ技術も、老若男女、職業、身体、精神を問わずに観るには、アレンジが必要ですし、その見立てと判断によって使う技を調整するので、かなりの経験値が要ります。
ヒーラーの技術は、強烈なモノも多く、それを使う機会は、街の整体レベルだと滅多に無いでしょう。
また、外部からウチに学びに来られる方は、柔整師や鍼灸師、整体師の方が多く、求められたら強烈な技術も伝えますが、要求するレベル(抽象度と身体性感覚)は当然高くなります。
精神疾患あたりと本気で向き合うなら、危険な技も使うかも知れませんが、基本的に私は会話が不自由な人は観ないし、教えないようにもしているので、老若男女問わず観るといっても見立ての出来ないことはやりませんね。
野口晴哉は「一生懸命に治療する者、治療家に非ず」と言いました。
PSX_20191003_092705
「晩年の野口晴哉先生」
「悠々楽々に治療はやれなければいけない」という立ち位置は非常に大事です。
そして振るわない技術であっても、選択肢は多いに越したことはありません。
50ccで必死にフルスロットルかまして60キロオーバーをするより、1200ccの800回転くらいの暖気レベルで80キロ出せるほうが全てにおいて余裕があります。
学び始めれば、技の数だけでも圧倒されますが、先ずは自分のスタイルを作るために、徹底的に基本技を繰り返して(コレだけでも余裕で施術可能。しかも圧倒的!)、そこから方向を定めるのが良いと思います。
長々と書き連ねて来ましたが、新たに仲間になる者や、会員たちへのエールも込めて纏めてみました。
お付き合い有難うございました。
★★★セミナー情報★★★
◎「その様はまるで重戦車! 最短で真功夫を手に入れるカラクリ」

日程:9月15・29日は確定(終了)
参加資格:会員のみ
費用:二万円


◎「自分の中の金脈探し 眠った才能を発火せよ」

日程:9月15・29日(終了)
参加資格:会員のみ
費用:二万円


◎「KIND OF MAGIC 遠隔で始まる情報空間の覚醒」

日程:10月27日
参加資格:会員のみ
費用:二万円
★「はじめての気功~マスターへの道」
「はじめての気功~マスターへの道 その②」
日程:個人セッション形式
参加資格:ブログ読者
費用:各 一万五千円
◎場所
東松山市元宿1-9-1「高坂つばめ整体院」
*東武東上線「高坂駅」徒歩2分

◎連絡
tsubameseitai001@gmail.com
*気軽にお問い合わせ下さい。

<おわり>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/tsubameseitai/archives/55878687.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »