情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

術後の外来ドレナージュと外来

術後の外来ドレナージュと外来

9月30日に退院してもう18日です

ドレナージュと皮膚科と関西医大形成外科と外来受診行ったのでメモです。
★10月10月 木曜日 「外来ドレナージュ」
左脚全体と鼠径部、特に左の鼠径部がすっきりしたのと『指が奥まで入る』という表現もおっしゃってました。
自分では、細くはなってない気もするけど術後『流れてる気がする』という自分の印象ですが、触った感じがずいぶん違うらしくて『手術の効果があったと思います』と言われました。
セラピストさんがリンパ浮腫学会に参加されてリンパ浮腫治療のあれこれを聞いてこられたのでそんなお話をしながらのドレナージュ。
手術法もいろいろされて以前より増えてきたとか?
10日ほど巻きっぱなしのやり方もあるとか?
でも、「これが1番とか、これだけで終わり的なのはなく大きな新しいのはなかったかな?」と。
病室においてたストッキング装着補助具の新品がきたというので使ってみました。パンスト用ではないのでストッキング向きです。
確かにどういう仕組み?って分かりませんが嘘のようにはけました。
家ではパンストになるのでもって帰りはしませんでした。パンスト用があればかなり時間短縮ですが。
IMG_9116

FullSizeRender

FullSizeRender

★10月17日 木曜日 「皮膚科」
今回の入院前に行って飲み薬の漢方をもらってました。月に1回行ってます。
ちょうど入院前に行ってたのですが、ここでも「腫れ方が全然マシ」ですって言われました。
痛痒さは、皆無にはなってないので治ってないのは治ってないのですが、リンパの流れに比例して治ってくれているようです。
★10月18日 金曜日 「関西医大形成外科」
去年の夏に初診を受けて以来です。
見るなり、「去年は、脚も◯◯部もぱんぱんでしたが、引いてますね〜〜。手術の成果がありましたね〜」とおっしゃる女医さん。
去年ぱんぱんと思ってはったんや!は、おいといて
去年と比べて状態がいいと言われたのは嬉しい。
今後は、もし手術法で取るならLVA脚とはまたちょっと複雑でと言われて、それはちょっと後ずさりです。
女医さんなのですが、もう1人の先生も呼んでくれて手術するならどういう感じにって聞いてくれました。
手術するとなれば生検など検査してまた色々あるけど場所によっては肛門近くとかデリケートな部分とか難しいので、そういう症例のある病院に行った方がいいと。やはり病院は限られるということです。
また福岡勧められましたが。
手術でマシになってるので圧迫でうまくもう少し引けばうまく付き合っていけるかもしれないと思って帰ってきました。
正直手術は、もういいかなと思う。
圧迫も楽になりそうなので、脚と鼠径部とのバランスを自分で取れれば前よりは快適になるかな。
1年以上空いてましたがお手紙持ってなので再診扱いで支払いが220円!でした。有難い診察でした。
年内は、自分のためにも海外旅行は我慢でゆっくりめに生活するつもりです。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/milkysand/archives/2014317.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »