img_20190725_092539_546

img_20190725_092539_546

【本日のビューティ食材:ケール

ケールはキャベツやブロッコリーなどおなじみの野菜の原種! もともとはギリシャで栽培されており、日本には江戸時代に伝わったといわれています。スーパーフードの王様ともいわれるケールには、抗酸化力が高いとされるポリフェノール&ビタミン類が豊富。ビタミンAはトマトの約5倍、ビタミンCはグレープフルーツの約2倍、ビタミンEはキャベツの約24倍も! 今の時期、半端なく強い紫外線により発生する活性酸素を抑える効果が期待できるので、UVケア的観点から見ても積極的にとっていきたい野菜です。また、ケールに含まれるルテインという成分が眼のケアにも有効。万能すぎる美容健康野菜のケールはベーコンなどとともに炒めたりしてもおいしいですが、栄養素をそのままとりたいならぜひサラダに! サラダにはカーリーケールやフリルケールなど、葉がやわらかく生でもおいしく食べやすいものがおすすめ。お店で購入する際には、葉がみずみずしくフレッシュな緑色のもの(白っぽくないもの)を選んで。

参考元:ケールおすすめする5つの理由

img_20190725_092539_546

20190719_054323

<材料>
ケール     1/2袋
ドライクランベリー   好みの量
くるみ         好みの量
オリーブオイル  大さじ1
リンゴ酢  大さじ1弱
塩      少々
ピンクペッパー(なければ黒こしょうでもOK)  少々

 

作り方>

(1)ケールは堅めの茎部分を取り除き、葉部分を食べやすい大きさに手でちぎり、水洗いする。

img_20190725_092539_546

20190719_054415

(2)ケールの水気を切ってからボウルに入れ、ドライクランベリー、砕いたくるみ、オリーブオイル、ワインビネガー、塩ひとつまみ、を加えてざっくりあえる。

img_20190725_092539_546

20190719_054848

(3)(2)を皿に盛り、ピンクペッパーを指先で砕きながらトッピングしてできあがり。

img_20190725_092539_546

20190719_054248

今回、ケールはオーガニック有機野菜や食材、こだわりの調味料やフェアトレードの雑貨などを豊富に取り扱うお店・ORGANIC FOOD SHOP GAIAで取り扱っているものを使用。化学合成された農薬や肥料は不使用。苦みの中にほのかな甘み&たっぷりの旨味が凝縮されたサラダケールは、「ケールとは思えないくらい食べやすくておいしい!」と大人気だそう♪

img_20190725_092539_546

20190719_054544

使用したドライクランベリーはアリサンの有機クランベリー。こちらもケールと一緒にGAIAでゲットしたもの。オーガニッククランベリーをオーガニック砂糖とオーガニックひまわり油でコーティング。ふっくらとやわらかい食感と甘酸っぱさがクセになるおいしさ!

img_20190725_092539_546

20190719_054739

リンゴ酢はEDEN ORGANIC APPLE CIDER VINEGARを使用。こちらもGAIAにて購入。オーガニックの リンゴをゆっくり自然発酵させたもので、まろやかな酸味がケール&ドライフルーツのサラダを好相性。炭酸水と割ってお酢ドリンクとして楽しんでも♪ 疲労回復や食欲増進にも効果が期待できるお酢は、夏に積極的に取り入れて損ナシ!

img_20190725_092539_546

20190719_054827

ピンクペッパーは以前から愛用しているVOX NATURAL SPICEのもの。こちらも小袋入りのものはGAIAでも取り扱っていました! 産地や品質にこだわったスパイス、要チェックです!

 

img_20190725_092539_546noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子