情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

若々しい後ろ姿をGET!おすすめ背中トレーニング

若々しい後ろ姿をGET!おすすめ背中トレーニング

 あなたのダイエットが成功しますように・・・
 このブログがお手伝いできれば嬉しいです

 

はじめての方は 

私のプロフィール 
このブログの信念である

”元デブ”だからこそ書けるダイエットブログを書きたい”

の記事も合わせてどうぞ! 

クローバー ———————————————— クローバー
 

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

前回の記事 背中が”おばさん化”!背中を鍛えると若く見えるのは本当 の記事にたくさんのコメントいただきありがとうございました!

 

ふふふ・・・

みなさん、後ろ姿に危機をいだいていらっしゃるようですねニヤニヤ

若々しい後ろ姿を作るのは紛れもなく筋トレです!!

ただただ体重を落としただけでは筋肉までも落ちてしまい「貧相な背中」になってしまうので、やはり筋トレは必須になってきます。

というわけで、今日は具体的な背中を鍛えるトレーニングをご紹介したいと思いますウインク

 

 

■家トレーニング派へのオススメ

 

まずはジムではなく家でトレーニングされている方へお勧めのトレーニングを紹介します★

背中を鍛えるには自重では難しいため、チューブ(ゴムバンド)があると便利です。
 

 

※強度は何種類かあるため、ご自身のレベルに合わせて選んでください

 

①ローイング

初心者でも始めやすいのがこちらのローイング。
腕の力で引っ張るのではなく、背中の力を使って引っ張ることを意識してみてください。


 

 

 

 

 

 

②チューブデッドリフト

 

体の背部を鍛えたいならデッドリフトがおススメです。
 

ジムトレーニングのイメージがあるデッドリフトですが、チューブを使えば自宅でも実践できますね♪

 

背中だけでなく大殿筋(お尻)やハムストリング(もも裏)に効かせることができます。

日常的にヒールを履く人は重心が前にいってしまい、どうしても背部が筋肉弱いのでぜひ積極的に取り入れてもらいたいトレーニングです★
 

 

 

 

 

 

③ベントオーバーラテラルレイズ

こちらは肩も同時に鍛えられるオススメ種目。

ダンベルの代わりにペットボトルでもいいので、少し負荷をかけてあげましょう。

肩が立体的になるとノースリーブやタンクトップが格好良く着れるようになりますよウインク

 

 

 

 

 

 

④スーパーマン

道具要らずで出来てしまう簡単種目。

脊柱起立筋という姿勢維持に欠かせない筋肉を鍛えることができます。

 

猫背の人、デスクワークの人にオススメ種目★
 

 

 

 

 

 

■ジムトレーニング派へのオススメ

 

ジムでトレーニングを行っている方は、上記で紹介した家トレーニングをダンベルなどで行ってもいいですが、せっかくなのでマシン等でがっつり負荷をかけてみましょう★

 

 

①ラットプルダウン

 

広背筋の王道種目といえばラットプルダウン。

動作も難しくないことから初心者向きです。
ジムで初心者講習を受けたことがある人は、かなりの確率でこちらを紹介されているはず。

 

バーを胸に引き寄せるパターンと、首の後ろに持ってくるパターンがありますが、初心者におすすめなのは胸に引き寄せるパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②ベントオーバーロウ

 

少し難易度が上がりますが、フリーウエイトを使っている方はぜひとも取り入れてもらいたい種目!

上半身トレで私が一番好きな種目でもありますお願い

 

 

 

これひとつでたくさんの筋肉を動員することができるんです♪

 

 

フォームが少し難しいのでコツが必要ですね。

 

①で紹介したラットプルダウンが「上から降ろす系」だとすると、こちらのベントオーバーロウは「下から引く系」になります。

動員される筋肉が若干異なるので、時間に余裕がある方は両方やるといいですね★

 

 

③シーテッドロウ

 

こちらも初心者に優しいマシン。

全てのジムにあるとは限らないのですが、もしあったらぜひお試しください★

 

肩こりがある時は負荷を軽くして行うとストレッチ感覚で筋肉を伸ばすことができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④バックエクステンション

 

こちらは姿勢維持に必要な脊柱起立筋を鍛えるトレーニング。

最初はコツが要りますが、腰を傷めないように注意しながらやりましょう。

 

猫背の人にオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

■背中の筋肉は大きな筋肉!鍛えて損はナシ!

背中には広背筋や僧帽筋など大きな筋肉がありますので、ここを鍛えると全体的に代謝も上がり、成長ホルモンなどの脂肪燃焼ホルモンも分泌しやすくなります。

肩こりは解消されるし、姿勢は良くなるし、ダイエット関係なく鍛えて損はない部位ですねキラキラ

 

 

できそうな種目からぜひとも取り入れていただけたらと思います♪

 

 

最後に再び私の後ろ姿写真ビフォーアフターを(笑)

 

 

 

下矢印

 

(ラットプルダウンとベントオーバーロウで鍛えました)

 

 

さ、あなたも一緒に たくましい背中 若々しい背中をゲットしましょう~~ウインクダンベル

 

レッツ!デッドリフトハート
 

 

 

 

■ こちらの記事もオススメです ■

 

背中が”おばさん化”!背中を鍛えると若く見えるのは本当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 こまちプロデュース 

グリーンルイボスティー発売中

 

★商品開発記事はこちら★

★ご購入者様の声はこちら★

 

 

 

 

ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー 

 コメントの返信が遅くなる場合がございますが、誠意を持って全員の方へ返信させていただきますのでご質問・ご相談などがあれば書き込み下さいませ。

 

あなたのモチベーションが続くようお手伝いさせていただきます (*゚ー゚*)

 

なお、大変申し訳ないのですがメッセージ機能を使ってのダイエット相談は対応ができなくなってしまい現在受け付けておりませんのでコメントに入れていただけると幸いです。

ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー ぶーぶー 

 

 

 

 

 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/komachi-diet/entry-12451894273.html?frm=themeより引用させて頂いております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »