情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

緊急気道確保

緊急気道確保

気管挿管の適応  (MOVES)


M:maintain airway / mental state
       気道確保困難や意識状態が悪い


O: oxygenation
       酸素化低下


V: ventilation
        換気不良、CO2ナルコーシス


E: expectoration
         吐血や喀血、吐物


S: shock
          ショック



気管挿管のプラン(ABC)


A: assessment
         患者の気道や全身状態の評価後、気道管理プランを決める
         →鎮静方法や挿管のルートや方法を決める


B: back up plan
          喉頭展開が成功しなかった時のプランを考える
          →マックグラスやファイバー、LMや外科的気道確保など


C: call for help
          人的資源の確保
          →熟練者が2回試みても挿管できない場合に外科的気道確保を実施する。



Assessmentポイント


【 マスク換気困難の評価 :  MOANS】
CICV(cannot intubation, cannot ventilation)が致命的


M: mask seal
         マスク換気を妨げるもの


O: obesity / obstruction
         肥満、妊婦、気道閉塞の有無


A: age
         高齢  55歳以上


N: no teeth
         歯がない


S: stiff lungs
         COPD、喘息、妊娠後期



※マスク換気困難が予測される場合、意識下挿管、盲目的経鼻挿管、内視鏡下挿管などを検討する。


【 挿管困難の評価:LEMONS】


L: look externally
          外観確認


E: evaluate the 3-2-2 rules
          開口3横指、下顎先端-舌骨で3横指(小顎の評価)、顎下-甲状切痕で2横指(短頸の評価)


M:mallampati
         Mallampati分類(口蓋垂の見え方で4段階に分類)


O: obstruction
          気道閉塞の有無(声門上の血腫や外傷)


N: neck mobility
           頸部可動性


S: space, skill



【 予備能の評価:HOP】


H: hypotension
          挿管前低血圧もしくは挿管により低血圧になる可能性は?


O: oxygenation
          すでに重篤な低酸素状態もしくは余力のない状態か?


P: p H↓
          換気を抑制してはいけない重篤な代謝性アシドーシスや頭部外傷によるICPの上昇は?
          
※気道確保が優先されるが、これらの病態を事前に認識して準備しておくことが大事!



【 挿管前の準備:SOAP  MD】
S:suction
O:oxygenation
A:air stuff
P:pharmacy / position(耳孔と胸骨上端の高さを合わせる)
M:monitor
D:denture



挿管後の急 変:DOPE 
D:dislocation    チューブの位置異常
O:occlusion      チューブの閉塞
P:pneumothorax     気胸の発生
E:equipment      機器など不具合

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/sth_medicine/archives/4140740.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »