紅参暖茶(こうじんだんちゃ)

辛い冷えをとってカラダを暖めるお茶!ミナト製薬 紅参暖茶(こうじんだんちゃ)口コミ

高麗人参を柚子風味のおいしいハーブティーしたミナト製薬の紅参暖茶
青汁で有名なミナト製薬から発売されてる、四千年も五千年も前から不老長寿の万能薬として知られ、
韓国だけでなく中国などにも広く伝わり珍重されてきた高麗人参を使った紅参暖茶をGET♪
紅参暖茶は、高麗人参とローズヒップ、天然のゆず粉末入りで、飲みやす~いお茶:*(〃∇〃人)*
紅参暖茶(こうじんだんちゃ)|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログ紅参暖茶は、ナント今だけお試しキャンペーンってことで半額!!
通常1,680円の紅参暖茶が840円ってことで、有難~~~い(笑)
紅参暖茶は、スティックタイプの粉末茶で、お湯を入れればすぐ飲めるタイプ♪
高麗人参・ローズヒップ・ユズ・ナツメに、柑橘類に多く含まれるポリフェノール【ヘスペリジン】の
水溶性を高めた糖転移ビタミンPまでがブレンドされ、爽やかなユズの香りが効いたハーブティー。
ハチミツと黒糖が入ってて、ほんのり甘くって、ほっとする優しい味・・・゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。

….Ranking

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

紅参暖茶に使われてる高麗人参には、保湿成分が高く、肌をみずみずしく保つ作用の有効成分
“サポニン”が豊富で、サポニンの血行促進効果で皮膚の代謝がアップ!
さらに、ミネラル成分・マグネシウムは他の植物や生薬よりも10倍以上含まれてるんだそう。
美肌づくりに間接的に必要な、貧血・便秘・冷え性の改善にも効果もあるってことで、期待~★
画像②紅参暖茶(こうじんだんちゃ)|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログ紅参暖茶は、高麗人参のイラストのある落ち着いた色づかいの可愛いレトロなデザインのパッケージ。
お湯に、高麗人参茶・紅参暖茶の粉を混ぜるとサッと溶け、甘さの中に爽やかなユズの香り~。
飲んで暫くすると、カラダに効く~~~~~って感じで、胃のあたりからポカポカ・・・。
温泉に入った後のように、身体が芯から温まってる感じで、冷え性も少し解消されてきたのか、
足がパンパンに浮腫むことなくて、心なしか肌に艶がある感じ。o.+゚。(´▽`o人)≡
画像③紅参暖茶(こうじんだんちゃ)|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログ紅参暖茶を飲みだして疲れも出にくくなってきたし、身体も温まってエネルギーが出てくる感じ(笑)
体の抵抗力が落ちている気がしてたのも回復~~~って感じでパワーアップ。:+((*′艸`))+:
もともと、冷え性で低体温症で、冬は苦手。゚+(σ´д`。)+゚
手足が冷たく、寝付けない事もあったけど、今年の冬は、紅参暖茶のお陰で乗り越えられそう★

公式サイト>>高麗人参茶 紅参暖茶
高麗人参茶 紅参暖茶

紅参暖茶(こうじんだんちゃ) 30g(2g×15パック) 1,680円 → 840円

紅参暖茶(こうじんだんちゃ) 全成分
オリゴ糖、紅参抽出物、ブドウ糖、ナツメ抽出物、ハチミツ粉末、柚子粉末、黒糖、
でんぷん、柚子抽出物、ローズヒップ抽出物、クエン酸、糖転移ビタミンP

オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOG
ミナト製薬とは・・・

1888年創業。
創業当時より、鼻病薬「ミナトシキ液」をはじめとし、医薬品、医薬部外品を通して
お客様の健康維持に貢献してきました。
現在、鼻病薬「ミナトシキ液」とともに、青汁を中心とした健康食品の開発、製造、販売を通して、
お客様の健康を作りお守りさせていただいております。

特に青汁の主原料となります「桑」「大麦若葉」については栽培から原料化まで、
一貫して弊社工程管理のもとで製造しています。
桑の葉の青汁(くわ青汁)|オーガニックコスメ口コミ@美容ブログミナト製薬㈱では、平成14年12月20日付で、国際品質マネジメントシステムISO 9001:2000を取得し、
平成22年2月8日付でISO 9001:2008に移行しました。(医薬部外品・化粧品は対象外)

ISO 9001とは、お客様の要求に合った製品又は
サービスを安定して提供することができる仕組みを作ることが要求されている規格です。
桑の葉の青汁(くわ青汁)製薬メーカーだからこそ可能な品質と信頼
ミナト製薬の製品はすべて、財)日本健康・栄養食品協会の認定する、
健康補助食品GMP管理基準に従って生産されています。

GMPとは、お客さまが安心して使うことができる品質の健康補助食品を供給するために、
製造時の管理、遵守事項を定めたものです。
ミナト製薬は、安全で高品質の健康補助食品を生産することにより、
皆様の健康の維持・増進に貢献してまいります。

関連記事

こちらの記事はhttp://organic7cosme.blog.fc2.com/blog-entry-173.htmlより引用させて頂いております。