情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

精巣がん_末期(再発)~抗がん剤を使用せずに消滅~

精巣がん_末期(再発)~抗がん剤を使用せずに消滅~

名称未設定



精巣がんの若い男性の方の体験談です。

あるお寺のご住職が、BRMGを男性に紹介し、治ってしまった話です。写真は、ご住職が檀家の方に向けて配布されている季刊誌から抜粋しています。

男性は、一年ほど前に片方の精巣を摘出しましたが、再発し、3,4か所に転移していたそうです。

お寺から50メートル位にある魚屋さんのご主人で、縁がありお寺のご住職と出会ったそうです。

ご住職は、食事や生活習慣の改善とBRMGの紹介をしています。男性は、「抗がん剤を使用すべきかどうか」を住職に相談しますが、以下のように住職は男性に伝えています。

抗がん剤を投与すれば、一時的には癌は消滅するでしょう。だが、現在の「癌黒字」体質を「癌赤字」体質にしない限り、再び癌の転移や増殖が起こる例は多くの方が経験している通りです」。

抗がん剤は免疫機構に大きなダメージを与えます。癌の元になっている食事や生活の改善によって免疫機構を正常に戻すか、抗がん剤に頼るか、貴方ご自身の選択です。「三ヶ月が勝負ですね」。

その後も男性は、住職に幾度か相談しますが、住職は同じ主張を繰り返します。

結局、男性は、3カ月の間、病院での治療を一切行いませんでした。

そして、抗がん剤を使用するかどうか答えを出さなければならない検査日が来ます。病院に行くと、医師は、「やはり抗がん剤治療を早く」とのこと。

思いあまった夫人は、「まだ摘出箇所の正確な検査もしていないのに、すぐに抗がん剤ですか」と。なんとも腑に落ちないご夫婦は、急遽別の病院で相談を受けることにします。

別病院でのアドバイスは、「癌細胞があれば抗がん剤も選択の一つですが、まず転移個所の検査を行って、がん細胞があることを確認してから、納得の上で抗がん剤使用を考えるのがよろしいでしょう」と、当然と言えば当然の指導をされています。

抗がん剤を使用するかしないか、検査結果が出るまでの不安の一か月、いよいよ摘出した患部の状況を聞く日が来ます。

緊張して手術を受けた大学病院に行く。高まった不安の数分、ところが担当医は次々渡される患部の検査結果を見て、「あれっ」、「おお」、首を傾げて「おかしいな・・・・」と。最後に腑に落ちない表情で、「癌は見つかりません」

それを聞いて男性は、即座にお寺に。住職に会うや、「治りました。癌が全部消えちゃいました。」と一気に話されたそうです。

ご住職にとっては、こうした体験は珍しいことではないらしく、以下のように男性に伝えています。

「癌の原因に目を逸らさなかった」あなたの「病気に対する姿勢」が運命を決めたんです。良かったですね。これからも食事や生活姿勢を崩さないでください。

以上が、あるお魚屋さんのご主人と、あるお寺のご住職のお話です。

さいごに

現代では、多くの方が癌に悩まされ、抗がん剤などの治療に苦しんでいます。「本当につらく苦しい思いをすることが癌を治すことなのか」考えさせられる内容ではないでしょうか。

癌の根本原因をそのままにして、「切る」、「焼く」、抗がん剤で「叩く」という対処療法に終始する現代の病院の医療内容を、患者である私たちは問い直す時がきているのかもしれません。


引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/unplugged1206/archives/53931771.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »