界面活性剤を避けて界面活性剤を使う

2015-05-11 00:00:36
テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

これはあくまで僕個人の見解なのですが。

昔からナチュラル嗜好の人々に一定の人気を博している

『ピュアオイルを使ったクレンジング』

というのがあります。

簡単に言うとホホバオイルや植物油脂などのピュアオイルを用いてメイクのクレンジングを行う手法です。

しかしピュアオイルとはつまり100%のオイルですから

界面活性剤が配合されておらずお湯で流すことが出来ません。

なので基本的にはティッシュオフもしくはタオルオフなどで余分なオイルを拭き取り、

その後残留したオイル分を『無添加石鹸』で洗う…

といういくつかの手順を踏む必要があります。

なんでこんなことをするのか?というと、

昔から

『クレンジングオイルの界面活性剤が肌に悪さをする』

という主張をする美容家とか医者とかメーカーがあるので、

それを信じてクレンジングの界面活性剤断ちを行う消費者が結構いいらっしゃるようです。

まぁ確かにミネラルオイルとかのきっついクレンジングを使ったあとに

さらに石けん洗顔をするのは恐ろしい乾燥が予想されますので、

それに比べればこの方法は大分マシなのは間違いないと思います。

ただ、この方法ははっきり言ってかなり面倒ですし、

油がべっとり残るのが不快に感じる人も少なくないと言います。

時間もすごくかかりますしタオル使ったら洗わないといけませんし…

なので正直あまりオススメの方法ではないです。

しかも、

界面活性剤が嫌だ!と言ってこの方法にしている人は少なくないと思いますが、

実際のところ石鹸も立派な界面活性剤ですから

結局同じことです。

さらに言えば

クレンジング剤に配合されている界面活性剤って

『非イオン界面活性剤』

というタイプの界面活性剤で、

毒性も刺激性もほぼナシで、

つけっぱなしの化粧品の乳化剤とか食品の乳化剤に使われていたりするようなタイプのものです。

これは基本的に油を水に流せるようにするために入っているものなので

これ自体には肌への負担は殆どありません。

『クレンジングの界面活性剤が肌バリアを壊す』

などという人がいますが、

そもそもこのタイプの界面活性剤は分子量が超巨大なので

バリアに影響することができません。

対して石鹸は

『陰イオン界面活性剤』

というタイプの界面活性剤で、

このタイプの界面活性剤にはタンパク質変性作用という潜在的な刺激の素養があります。

人の皮膚などはタンパク質の塊ですから、

陰イオン界面活性剤は基本的に皮膚刺激を持ちます。

石鹸は特にアルカリ性の界面活性剤なので、この性質もやや高めです。
(タンパク質はアルカリ性に弱いので)

なのでクレンジングの界面活性剤が怖いと言ってこのピュアオイルのクレンジングを行うことは、

界面活性剤の性質を考えると正しい選択とは言えそうにありません。

しかし先ほども言ったように

ミネラルオイルとかのクレンジングをしてからさらに石鹸で洗うよりは

肌への負担という点を見れば幾分かはマシです。

これはなぜかというと、

使っている油がホホバ油とか植物油脂だからです。

これらのオイルはミネラルオイルなどと比較して油分の溶解性や、

皮膚への吸着が少ないオイルです。

なので肌に必要な油分をばっさり持っていくことはなく、

比較的洗い流しやすいという特徴があるのです。
(特にクレンジング用には植物油脂がオススメです)

なのでまだマシです。

もしピュアオイルがミネラルオイルであれば、

やってることは変わらず肌のひどい乾燥が懸念されます。

これは乾燥肌・敏感肌の方は絶対にやらない方が良いです。

ですが面倒くさいなどなどの問題があるのですね。

しかも石鹸で洗うのじゃああまり意味が無いような。ということです。

なのでかずのすけのオススメは、

植物油脂ベースに非イオン系の界面活性剤を入れたクレンジングを使う

という方法です。

どうせ使うなら混ぜたら良いじゃない、ということで(^_^;)

例えば

ティヤ アルガンクレンジングオイル

エリデン化粧品 おひさまで作ったクレンジングオイル

のようなクレンジングがあります。

こういうクレンジングはかなり希少なんですが、

究極のクレンジングの条件

どうもまだまだ市場にあんまり出てないんですよね。

これならば油脂系なので過度の脱脂しませんし

洗い流しも非常に楽です。

お湯で簡単に流れてくれて、洗いあがりに嫌なベタベタが殆ど残りません。

界面活性剤は非イオン系なので肌への負担はありません。

W洗顔も特に必要ありません。

流し残しが気になる方は、アミノ酸系とかの優しいやつでさらっと洗ってください。

わざわざピュアオイルで溶かしてティッシュオフして石鹸で洗う…

なんて面倒なことしなくても、

これ一本でお風呂の中でささっとメイク落とせます。

しかも同じくらいお肌に優しく。

ある程度しっかりお化粧をされる場合は、

この方法が最も肌に低負担でかつ簡単にクレンジングできる方法だと僕は考えています。

しかもこのクレンジングはメイククレンジングだけでなく、

角栓ケアなどにも活用できます。

正しい角栓のウィークリーケア法

まさに万能クレンジング…。。

この方法を知ってしまえば、

ピュアオイルからの石鹸洗顔というのはちょっと面倒すぎかな…、、

と思ってしまいますね…(^_^;)

もし肌に優しくて機能性も抜群のクレンジングをお探しの場合は、

このタイプのクレンジングを一度お試しください。

その便利の良さに驚くと思います。



かずのすけプロデュース化粧品はこちら!
ショップバナー2
セラキュア 紹介&意見投稿ページ


本も書かせていただきました!
    本
質問・ご意見はこちらの記事へ!

かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12025024572.html?frm=themeより引用させて頂いております。