更年期障害といちじく

更年期障害といちじく


エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれているように、卵胞の成長をサポートするために卵巣から分泌されます。

その作用は、女性らしい丸みをおびた体をつくる、卵胞の成熟を促す、受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする、精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促す、骨の形成を促して血管収縮を抑制する、基礎体温を下げるなどの他に、自律神経、感情の動きや脳の働きを整える働きがあります。

脳の視床下部は、下垂体を刺激してエストロゲンの分泌を促し続けますが、加齢伴って卵巣が機能低下することによって、それに応えることが難しくなってくると、視床下部が混乱して自律神経を乱し、これが、動機、のぼせ、頭痛、肩こり、物忘れやイライラ、うつと言った更年期障害の症状が見られるようになります。

また、エストロゲンが正常に分泌されなくなると、生理不順や排卵障害を引き起こして不妊に繋がり、分泌量が急激に減少する更年期以降は骨粗しょう症や動脈硬化など、の病気にかかりやすくなります。

こうした、更年期障害の症状を緩和させるために、昔からいちじくを食べると良いと言われております。

その理由は、いちじくには女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持つとされる植物性エストロゲンが豊富に含まれていることにあるからです。

老人ホーム・介護施設の探し方

#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }


by privres
| 2019-08-30 05:51
| 健康

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://afuirieito.exblog.jp/30426361