大人になるにつれて何が正解なのかわからなくなるパーツといえば、チーク。色の選び方や頬に色を入れる位置を一歩間違うと、なんか子供っぽい…、なんてことありませんか? 特に美的世代は、かわいさも欲しいし、でも大人っぽい落ち着いた印象も欲しいと欲張りたくなるとき。

今回ご紹介するアンプリチュードのチークはそんな欲張りをかなえてくれる絶妙ピンク。 ちょっぴり背伸びして、ワンランク上のメイクを楽しんでみて!

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f

アンプリチュード
コンスピキュアス チークス 各¥6,800
06 ソフトピンク
08 ディープローズ
肌の内側からにじむような血色をプラスするモダンなカラーと、ハイライトを駆使することでより透明感と立体感を演出。06ソフトピンクは、まさに“ほのか”という表現がぴったりな色みで、08 ディープローズは、センシュアルな紅潮を生み出す。いずれもパウダーなのにクリーミーな処方。

コレを試しました!

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f

%e7%94%bb%e5%83%8f1

ふわんとしたピンクがかわいい06番は、“漂う”くらいの存在感が◎。仕込みのハイライトが効いているせいか、肌を透かすようなクリア感が気に入りました。他の色と喧嘩をしないほのかさなので、リップメイクを主役にするときにちょうどいい。

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f

%e7%94%bb%e5%83%8f2

ダークピンク08は、肌の色が暗くならないか、濃すぎないか心配でしたが、大人っぽいピンクの発色で、控えめだけれど、どこかおしゃれ! な印象に。時間が経ってもツヤ感が衰えることもないし、重ねづけしても濃すぎることがないので、メイク直しもしやすかったです。

総合判定

ハイライトを頬全体に仕込ませたあとに、頬骨に沿って色をのせるだけで、簡単にプロっぽい仕上がりになれるチーク。06も08も大人だからこそ使いこなしたいモダンなピンクで、かわいらしいけれど、どこか知性を感じるような仕上がりに大満足です。また、付属のブラシが柔らかいから、肌にふんわりとのせやすく、そのクオリティの高さも実感!

 

 

 

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f
美的クラブ
高木 圭さん(金融関連会社勤務・34歳)
髪のエイジングケアを意識するようになり、これまで見た目が美髪であることにこだわりかけていた縮毛強制を思い切ってやめることに! やめたらやめたで湿気でまとまらないし、扱いづらいし…と悩みましたが、逆手に取り、ヘアアレンジを楽しめばいいんだ! と思えるようになりました。インスタでアレンジを研究して、少しずつレパートリーが増えているのが楽しみになっています。