情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

子どもが失敗した時に感情的に怒鳴ってしまった時、子育てについていつも悩みます。

子どもが失敗した時に感情的に怒鳴ってしまった時、子育てについていつも悩みます。

「カレーライスが出来たから、テーブルに運んでくれない?」

「うん、いいよ」

「ママー!、絨毯の上に全部こぼしちゃったー!」

子どもがお手伝いしてくれている時に、こんな失敗を目の当たりにしたらどう対応しますか?」

「バタバタ用意をしていて、自分に余裕がないときは怒鳴ってしまうと思います」
「何やってんのよ!またよそ見してたんでしょ」と叱ってしまうと思います。
「一緒に片付けると思います」
「夕食を抜きにすると思います」
「ケガしなかった?」

寄せられるみなさんの意見では、人それぞれ対応が異なるみたいですね。

お母さんが毎日忙しく家事も仕事もバタバタとこなしていると、つい子どもに怒鳴ってしまいがちです
その対応はお母さんやお父さん自身の、心の余裕によっても差が出るようです。

交流分析では人との交流、つまり刺激に対する反応を「ストローク」といいます。

ストロークには、プラスとマイナスがあります。「ケガしなかった?」「一緒に片付ける」「体に触れる、さする」「抱きしめる、抱っこする」など「心地いい交流」をいいます。

一方、マイナスのストロークは「何やってんのよ!またよそ見してたんでしょ」「

例えば、プラスのストロークは「手伝ってくれてありがとう」「怒鳴る」「夕食を抜きにする」「無視をする」「触れない、気にかけない」「叱る」などの「心地よくない交流」のことをいいます。

このストロークには、「無条件」「条件付き」にもわけられます。

子育ての日々「叱る時に悩み」、「褒める時に悩み」、「衝動的に起こってしまった時に悩み」、辛いことも多いものです。

子どもたちは色々な事を親である私たちに教えてくれ、成長させてくれる大切な存在です。

「傷つかない叱り方、価値の高まる褒め方」の講演や支援をさせていただいた時にも、聞いてくださった皆さんからいい感想をいただきました。

皆さんの口から発せられる言葉が、自分にも子どもたちにも心地いいものでありますように。

IMG_1868

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/seagoddess12s-wonderfullday/archives/53740282.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »