情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

嫌な感情、出しちゃうと意外と軽くなるもんだ!

嫌な感情、出しちゃうと意外と軽くなるもんだ!

ぐっと気温が下がり、すっかりと秋の気配が漂う季節となりましたね。
暑苦しくない夜はずいぶんとホッとします。

食欲の秋?読書の秋?
それとも、、、何の秋にしましょうかねぇ

さて、先日、人がたーーくさん集まる場に出向いたときのこと。
知らない人から、とある、気持ちにひっかかることをされました。

それからは「そのこと」が頭の中に残り、今・ここに気持ちを集中させようと思ってもなかなかうまくいきません。
どうしても「そのこと」に気が向いてしまい、いやぁ~な感情が脳内を駆け巡ります。
一緒に行った人たちとの会話もそっちのけで、感情も考えも両方が「そのこと」にいろいろもろもろと向いてしまう。。。

一方、片方では、「ずっと引きずって、今・ここを楽しめないのなんてもったいない!早いとこ、ここに戻ってこなくっちゃ」という考えも出てきます。

「そうそう、今・ここ、今・ここ」と気持ちを仕切り直して、ほんの短い間だけ今・ここに戻ってくることは出来たのですが、結局、帰宅してお風呂に入り、布団にもぐっても「そのこと」がどうしても出てきてしまいます。
同時に感情はネガティヴモードに入ってしまい。。

どれだけ考えたって、感じたって、もうどうにもならないことはわかっていました。
そして、考えたって、感じたって、私の将来には微塵も影響がないことも理解していました。
もう出会うこともないであろう「知らない人」でもありました。
でもどうしても脳内の中心にド~~~~~~ンと居座っている。
そんなイメージです。

はぁ~、こりゃまいったなぁ、、

そこで、外側に出してみることにしました。
(このことをしおりでは「外化する」とか、「表現する」とか言ったりします。)

それまで「そのこと」を口にも出さず、書き出すこともなく、つまり、自分の外側に出すことはしていませんでした。
自分の内側だけにとどめておいて、あ~でもない、こ~でもない、とやっていたわけです。

「あら?こんなもんだったっけ?」

これが出してみた後の率直な感想でした。
自分の中だけにあるときのいやぁ~な感じ悪ぅ~い感情。
それがすっと軽くなった感じ。

なんだ、出したらよかったじゃん、もっと早くに。
そう思いました。

そう、もちろんすべての嫌ぁな感情が消えて無くなったわけではないですよ。
まだほんのちょっと残っています。
まだ少し残ってはいるけれど、探せば見つけられる、という感じ。
自分の中にだけおいておいたときは、その感情が脳内をグルグルグルグル、嫌でも眼前にあったというイメージが、それが、探せば見つけることはできる、になった。

そうそう、外化はこれ!
あらためて再確認させてもらった出来事でした。

貴女の回りにもいろいろと外化のチャンスはありますよね。
たとえば、自助グループ、気の置けない人とのおしゃべり、オンラインの雑談などをはじめ、一人だって、紙に書きだすということでもいいでしょう。

そうそう。
人を相手に外化する際に気を付けなければならないのは、その相手がどういう人なのか、ということ。
決して、否定したり、説教したり、自分の話にすり替えたり、怒ったりする相手を選んでは全くの逆効果。
そうではなく、共感してしっかり聴いてくれる相手、そしてそのことがその人以外のどこにももれない相手。
そんな安全で安心な相手を選ぶことをお忘れないよう。

そんな相手に外化することができれば、少しずつではありますが、ネガティヴ感情が薄れていき、また違った現実が貴女の中に生まれてくることでしょう。

そうそう、外化の効用はこんなことだったんだっけ♪
というとある夏の日の実体験でした。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://shiori-sendai.blog.jp/archives/19722385.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »