情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

夜中のエアコン、どうしよう?

夜中のエアコン、どうしよう?

お盆を過ぎて多少は過ごしやすくなったかな・・・?と、思いきや、まだまだ酷暑と呼ぶにふさわしい暑い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

測定方法や測定環境によって厳密な比較は難しいのかもしれませんが、ここ数年の日本の夏は昔と比べてかなり暑くなっている、というのは多くの皆様が体感として実感されていると思います。さまざまな熱中症対策の注意喚起がなされるなか、これも以前と違うなと感じるのは「エアコンは寝ている間も切らずに一晩中つけておきましょう」という呼びかけもけっこうなされているということです。

エアコンは寝る前に、あるいは寝ていて自動で切れるようにタイマーを設定する方も多いと思いますが、たしかにエアコンは切れるとわりとすぐに部屋が暑くなってきて、結局寝苦しくて夜中に起きてまたスイッチをつけて・・・ということもよくあります。あるいはクーラーが切れた状態で朝まで眠れることは眠れたけれど、その間に熱中症症状が進行していたりする可能性もあります。熱中症は、炎天下で急速に起きるだけではなくて、室内にいても数日かけてじわじわと進行する場合もあるのです。

さてそうすると、やはり一晩中エアコンはつけっぱなしが望ましいのかと言われると、どうなのでしょうか。人によってはクーラーの風が苦手でなるべくつけたくない、という方もいらっしゃると思います。

クーラー病、あるいは冷房病という言葉もよく聞く言葉ですがこれらは正式な医学用語ではありません。夏の暑い日に人工的に冷えた空間に身を置くことで温度差に自律神経のバランスが乱れ、さまざまな不調を来すことをクーラー病と呼んでいるようです。からだを取り巻く環境・温度によって体調を崩すという意味では熱中症もクーラー病も本質は同じということが言えるかもしれません。

エアコンをつけるときは設定温度を外気温ー5℃までにしましょう、という目安もあるようですが、40℃越えの場合は35℃に設定して果たして快適に過ごせるのでしょうか・・・個人的経験からすると、同じ設定温度でもエアコンの機種によって、あるいは家屋の建築様式などによっても体感温度は全然異なってくると思うのですが、みなさまそうお感じになられたことはないでしょうか?

「発熱」のときにもよく言っていることですが、ここでも大切なのは「数字」ではなくていかに快適か、という「感覚」を優先させることだと思います。設定温度にはこだわらずに暑すぎず寒すぎない調整をして、就寝時も適宜、タイマーにするかとりあえずつけたままにしておくかの臨機応変な判断が必要になってくるでしょう。電気代も気になりますよね。。。

もちろん、人によって快適の感覚には違いがあるので、みんなが一律に過ごしやすい空間を作り上げることは難しいことだと思います。暑がりのだんなさんと寒がりの奥さんのご家庭の場合、夫婦円満でも就寝時にはエアコンをつけたリビングとつけない寝室で家庭内別居状態・・・ということもありがちですね。そうでもないですか??

ご高齢であったり認知症などがあってその感覚がはっきりしない方、あるいは自分で暑い寒いをうまく伝えることができない小さなお子さんに関しては、周囲のかたが様子を充分に注意してあげる必要があるでしょう。そのあたりは、熱中症の予防策と変わりありませんね。

8月も終わりを迎えるころには、少しは涼しい風が吹く・・・と信じて、もう少し頑張ってこの暑さをのりきりたいと思います!みなさまも、エアコンを充分に活用して、あと少し暑い夏をのりきってください!

IMG_8359

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/sunomata_medical/archives/38311948.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »