img_20190702_223056_320

img_20190702_223056_320

【本日のビューティ食材:枇杷
今が旬のフルーツ・枇杷。傷みやすく意外と高価なのでなかなか買うことがないかもしれませんが…実はアンチエイジングに効く積極的にとっていきたい美容食材でもあるんです! 皮膚や髪を健やかに保つβカロテンや、肌サビを防ぐ抗酸化効果が高いポリフェノールもたっぷり。今回はその枇杷をいんげんと組み合わせて白和え風のサラダに。程よい甘さがありジューシーで上品な枇杷といんげんのキュッキュッとした食感と、まろやかな豆腐の風味が楽しめるひと皿。旬のフルーツを使った白和えは、美味しくヘルシーなものが好きな女子が集うホームパーティにおすすめ♪

 

<材料>
枇杷      3~4個
いんげん    5~8本
充填絹ごし豆腐       100g
クリームチーズ     大さじ1程度
塩こしょう         適宜

 

作り方>

(1)いんげんを4~5cmの長さにカットし、水を沸騰させた鍋で茹でる。食感が程よく残る程度に軽く茹でて。

img_20190702_223056_320

20190702_122310

(2)枇杷は皮をむき、縦半分にナイフを入れて半分に割り、種を取り除く。さらに食べやすい大きさにカット。

img_20190702_223056_320

20190702_122423

(3)充填豆腐とクリームチーズをボウルに入れ、泡立て器を使ってくずしてなめらかにし、塩こしょうを加える。クリームチーズが硬い場合は、電子レンジで数十秒温めて柔らかくしてから加えると混ざりやすい。

img_20190702_223056_320

20190702_123313

(4)(3)のボウルに枇杷といんげんを加え、さっくりあえる。塩コショウは適宜足して好みの味に。

img_20190702_223056_320

20190702_123356

 

フルーツ白和えに使用する絹ごし豆腐は、加熱せずに手軽に活用できる「充填豆腐」を使うのがおすすめ。充填豆腐とはパックに水が張られていない豆腐で、冷えた豆乳とにがりをパックに充填し、加熱してから冷やして固めて作られたもの。豆腐を加熱せずに、手軽にフルーツ白和えが作れます。コクをプラスしたいので、クリームチーズを足しました。マスカルポーネチーズ、カッテージチーズ、ない場合はヨーグルトを加えてアレンジしてもOK。

 

ほかにもおすすめ! 季節のフルーツの白和え風サラダ

いちごとクレソンの白和え風サラダ

イチジクとくるみの白和え風サラダ

シャインマスカットの白和え風サラダ

 

img_20190702_223056_320noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子