情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

原因を知る

原因を知る

原因を知る

摂食障害や鬱になる原因について考えてみます。

原因がわかると対処しやすくなりますから、考えることは大切なことです。

摂食障害や鬱になる原因は様々な諸説があり、私の読んだ本やサイトでは
「過去のトラウマ」とか「母親の愛情不足」ということが書かれたものも多くありました。

私の場合、母が昔からうつ病で不安定な人だったこと、
小学校の頃いじめにあったことが原因だと思っていました。

そのため、一時は母のせいで自分が病気になったのだと恨んだこともあります。

しかし、母やいじめのせいにしたところで自分の苦しみは消えませんし、病気も治りません。

過去にどんな事があったかよりも、今なぜ自分が過食や鬱になるのかを考えることの方が大切です。

私の場合は

自尊心が低いこと

他人を信用できないこと

それによって痩せることでしか自分に自信を持つことができなかったこと。
他人との関わり方もわからなかった為、孤独を感じ、人間関係のストレスも感じやすかったこと。

毎日のストレスフルな生活から過食が誘発されやすく、太ると自分に自信がなくなり鬱になること。

太ったことでさらに人目が怖くなり引きこもりになったという事。

過食の繰り返しや強いストレスフルな状態が長期間続いた事で脳や身体にダメージが出たこと、さらには栄養不足が加わり、過食や鬱にになりやすい状態になったことが考えられます。

このことから
自分に自信をつける練習
他人との関わり方の練習
身体の健康の改善を行えば良いとわかります。
それがわかれば前に進むことができます。

自分に自信が持てないことや、人を信用できないことは、母やいじめが元なのかもしれません。

しかし、それは確かめようがありませんし、
過去のことは変えられません。

過去に辛い経験をされた方で、
今もその出来事に苦しめられている方からすると見も蓋もないことに思えるかもしれません。

(もしも過去の出来事のフラッシュバックが過食や鬱につながる場合は専門的な治療が必要だと思いますので専門家へご相談ください。)

しかし、過食になる原因を治していけば過食や鬱もおさまり、自分自身も強くなります。

過去のことはどうでも良くなります。

今後の人生で他に何か問題がおきても乗り越えられる力が付きます。

私がこのことに気づかず、
母のせいだ、いじめのせいだと悲観的にいるだけだったら
今も治らず病気で苦しんでいたかもしれません。

もし、昔の私と同じように過去の出来事で苦しみ、誰かを恨んで悲観的になっている方がいればその事に気づいてもらえると嬉しいです。

相手を無理に許す必要はありません。
ただ、今の苦しみから抜け出すためには恨んで悲観的にいても何も変わりません。

そのエネルギーや貴重な時間をどうか自分の為に使ってください。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://sesshokushougai0114.livedoor.blog/archives/4060948.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »