情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

冷えはかぜの原因か

冷えはかぜの原因か

10月も半ばとなり、急速に朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。ついこの間まで1日中暑かったのに・・・今も日中は日差しがあるとうっすら暑く感じるくらいなので、寒暖差が激しい時期とも言えます。

これからますます寒くなっていくでしょうが、「寒いとかぜをひく」ということをよく言われます。「雨に濡れるとかぜをひく」とか、小さいお子さんなどは「おなかを出して寝るとかぜをひく」とか。これは本当なのでしょうか?

医学的には、かぜは基本的には「ウイルスによっておきる上気道(鼻やのど)の感染症で、自然軽快するもの」なんていう認識がされていると思います。実は、厳密な定義はなかったりします。

のどに炎症があれば咽頭炎、扁桃腺が赤く腫れていれば扁桃腺炎ですが、明らかにバイキン(細菌)の感染があるわけではなかったら、それらもひっくるめて「かぜ」と言って差し支えないと思います。

ウイルスによって発症する感染症なのだから、かぜに気温や寒さ・冷えは関係ありません!

・・・はたして、そうなのかというと、一概にそうとも言い切れないのです。

かぜを引き起こすウイルスは何百種類もいると言われていますが、多くのウイルスは気温が低い方が活発に活動するとされています。また乾燥して湿度が低い状況下ではウイルスは長時間空気中をただようことができるのです。そんなわけで、寒くて乾燥した冬場の方がかぜをひきやすくなります。

また、寒暖差で自律神経のバランスが乱れたり身体が冷えることで免疫力が低下して、その状態でウイルスの侵入・感染を受けてしまうことによりかぜ症状が出てくるものと考えられます。

実はウイルスなんていつでもどこでもそこらじゅうに漂っています。つねに身体はウイルスにさらされた状態と言えます。身体にウイルスが入ったからと言ってすぐに/必ずかぜをひくわけではありません。

かぜの症状が出てしまう原因には、「本人の体力・免疫力」「ウイルスの病原性・量」に加えて、それらに影響する「温度や湿度と言った環境要因」も複合的に関係してくるわけなのです。

かぜ対策には、まずは本人の要因!じゅうぶんや睡眠や栄養、過剰なストレスの軽減につとめて免疫力を維持したいところです。こまめに手を洗うことも、重要です!そして環境要因を是正するために衣服を調節する・空調・加湿器を効かせるなどすることでかぜ対策を万全にして気候の変化をのりきりましょう!!

今回のテーマ的には余談ですが、ワクチンのある感染症にとって最大の予防法はワクチン接種になります。インフルエンザもしかり。予防接種は、ぜひ受けておきましょう!!

IMG_1644

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/sunomata_medical/archives/38849647.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »