情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 健康 »
  • 先生は眼瞼下垂をどうやって診断していますか?

先生は眼瞼下垂をどうやって診断していますか?

先生は眼瞼下垂をどうやって診断していますか?

院長の小泉正樹です

「先生は眼瞼下垂をどうやって診断していますか?」という
質問です

僕のところに受診した方はわかると思いますが

まず 10枚近い問診票に記入です

これで9割は診断おしまいです

そして患者さんが診察室に入ってきて

顔を見たら、ほぼ診断ついてます。

実際には

「目の開きが悪い」

「目の上がくぼんでいる」

「睫毛が上がっていない」

「瞬きが多い」

この4つをみてほぼ、診断はついてます

そして上マブタが瞳孔中心から何ミリ上まで上がっているかを見ます

これをMRDといいますが、MRDで終了です

もちろん 眼瞼挙筋が8mm以上動いている先天性でない症例ですね。
診察室に入ってきた瞬間には

すでに診察が始まっていると思ってください

41

まぶたのページ  二重修正のページ 

眼瞼下垂の質問に動画で答えるページ

クリニックの案内HP

クリニックHP

眼瞼下垂のページ

二重修正のページ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/koizmmasaki/archives/55912718.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »