情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

傷つけてくる人を追いかけない(断薬1680日後)

傷つけてくる人を追いかけない(断薬1680日後)

傷つけるようなことを平気でする人ほど、傷つけられることに対して敏感である。
傷ついた分だけ優しくなれるというのは、本当に傷が癒えている人だけであり、大抵の傷つき経験のある人はその境地に至っていない。
傷つきすぎていて、自分の傷のことばかり考えているから、自分の行為で相手が傷ついていたことに気づけないのだ。
だから、ガラスハートの割に失礼なこととか他罰的なこととかよくする。
かわいそうなくらい傷ついているんだな、とは一瞬思うけど、それ以上でもそれ以下でもない。
私には関係のないことだ。

そういう人に対して私は昔、「異常なまでに共感的な態度を取る」「しつこく粘着して謝罪を求める」などといった超非効率なことをしていた。
真逆に見えるけど、どちらも目指すゴールは「相手に私が傷ついていることを認めさせる」ことなのは同じで、そうすることでどうにかしてバランスをとろうとしていたのだ。
今もたまにやりたくなるんだけど、絶対碌なことにはならないのでやらない。

で、何をするかといえば、ひたすら逃げる!!!!!!!!!!
これに限る。

なるべく不自然さのないように接触を避け、フェイドアウトし、相手の記憶にも残らない、自分の記憶にも残さない。

出会う人全員が打てば響くわけではない。
同じ日本語を話していたり、生育歴が似ていたり、共同生活をした経験があったりと、一見共通点が多いような相手でも、普通にとんでもなく酷いことをしてくる。

それに対して言葉が通じないのか!とか、痛みがわからないのか!とか言っても、うすうす自分でもわかっている通り、絶対にわかりあえることはない。
もしかすると、メンタルヘルスの調子がよろしくないかもしれないけど、そこに踏み入るのは主治医とかセラピストとかの関係性で代金をもらっている相手だけにしておいたほうがいい。
無償で愛とか友情とかのエネルギーを割くのは効率がとても悪い。

できるかぎり、響く人だけ、そして響いた音もいい気持ちになる人だけ周りにいてくれるように、環境を整えていくしかないのだ。
そして、そんな酷いことは絶対してこないし、自分の行為によい反応をしてくれる人がいることに、ひたすら感謝し、その人達にエネルギーを注げば良い。

思えば、私を傷つける人を必死で追いかけ認めてもらうことに夢中だった若い頃は、私の存在によい反応をしてくれる人なんていなかった気がする。
もしそういう人がいても、嘘っぱちのおべんちゃらか、私なんかの存在で満足できる馬鹿だと記憶にも留めてなかった。
そりゃあ孤立するし、死にたくもなるよな。

「みんなと仲良くしなさい」というのは、「みんなにあなたの存在意義を認めてもらいなさい」ということではない、というのは人生の早い時期に教えてほしかったなあ。。。

今だったら「いい気持ちで一緒にいられる相手を見つけよう」「嫌な気持ちになる相手と円満に離れよう」の2つだってわかるのだけれど。

391e935f418ce46f61665238170e0c58_s

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://kurushimanaiko.blog.jp/archives/1075857957.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »