乳頭縮小(女性)モニター。(その18)

あけましておめでとうございます。

 

 

 

座敷わらしです。

 

 

 

旧年中は多数の方々にお世話になりました。

本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

新年のご挨拶もそこそこに…

引き続き、シリーズ「実録!夜の街を徘徊する座敷わらし」第2弾をお送りいたします。

 

 

 

 

善良なはずの座敷わらし。

欲望渦巻く夜の街で席巻する不良わらしの実態に容赦のないメスを入れていきます。

 

 

 

 

第2弾は…

 

 ボーリングです。

 

 

 

 

 

ごらんください。

 

 

 

 

 

ボール発射用カタパルトを使用しています。

インチキですね?

 

 

 

 

更に…

ガターの溝を塞ぐようにして柵が設置してあります。

このセッティングで100%ガターになることを防げるのです。

 

 

 

 

 

完全にイカサマですね?

 

 

 

 

そして器物損壊(になるかもしれない不可抗力)。

 

 

 

 

 

吹き出す風に当たってみる。

 

 

 

 

 

どこからどう見ても不良です。

 

かくして、モノノケたちの狂宴は続くのです…。

 

 

 

 

———————————————

 

次回は「実録!夜の街を徘徊する座敷わらし」シリーズ第三弾をお送り致します。

 

 

 

え?これ…

…違う人のスコアちゃうの?…

 

 

(…続く。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳頭縮小。

アトピー性皮膚炎がしばしば乳頭肥大の原因となります。

病気が原因で、見た目のコンプレックスを生じることもあるということです。

他人から見たら大したことではないのかも知れませんが、ご本人にとっては切実な悩みで、心境としては病気の治療を受ける時と違いはありません。

 

 

 

 

当手術を「変な手術」と感じたり、偏見をお持ちの方は、以下の記事を閲覧することをどうかご遠慮頂きますようお願い致します。

 

 

 

 

——————————————————

30代女性

( ↑ 術前。 正面。 )

下垂の強いタイプでした。

 

( ↑ 術後。 正面。 ※左腹部のホクロ治療済み。)

 

 

当院の手術デザインでは、乳頭のキワの乳輪のタルミも一部取り除くことができますが、

それでも乳輪のタルミが強ければ、術後のタルミ感はある程度残ります。

 

 

 

( ↑ 術前。 左乳頭。 )

( ↑ 術後。 左乳頭。 ※左腹部ホクロ治療済。)

 

 

 

 

標準サイズ以下へ縮小することを希望されましたので、そのようにさせて頂きました。

 

乳管は温存します。

 

標準サイズについては、2017.10.12.の記事を参照してください。)

 

 

 

 

 

 

( ↑ 術前。 左斜面。 )

( ↑ 術後。 左斜面。 ※左腹部ホクロ治療済。)

 

 

 

術後は、2週間ほど、ご自宅で塗り薬を塗ってガーゼを当てる処置をお願い致します。

 

 

 

 

( ↑ 術前。 右乳頭。 )

( ↑ 術後。 右乳頭。 )

 

 

( ↑ 術前。 右胸部。 )

( ↑ 術後。 右胸部。 ※左腹部ホクロ治療済。 )

 

 

 

 

他院で受けられた治療の修正も承ります。

 

 

 

[【乳頭縮小術】乳頭の皮膚を切除し、乳頭の大きさを縮小する。起こりうる合併症(リスク)と時期:術後1から2週間は腫れ、内出血、血腫、二次感染。術後1から3か月は浮腫。術後3から6か月は傷の硬さ赤み、元々ある左右差や望ましくない状態の残存。

価格:両側で¥205,200(税込)]

 

 

 

 

興味のある方はご相談ください。 

 

 

 

 

 

 

 

←乳頭縮小の施術費用に関しては、左側の枠の上方、ヤシの木ロゴをクリック。

 料金表を参照してください。

(携帯でご覧の方はホームページの隠れメニュー料金表を参照してください。)

記事や治療についての質問は、ホームページのお問い合わせ からメールでお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 モニターさんも随時募集しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<!–

–>

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://blog.goo.ne.jp/miwa-derma/e/efa065848a23599636fbd0c49131e41a