情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

不眠症を根底から解消する

不眠症を根底から解消する

中枢神経の調整に働く
 夜はなかなか眠れなくて、昼間はうとうとして元気が出ない――そんな人にも高麗人参は有効です。
 右記のような症状は、中枢神経のバランスが乱れているために生じます。すなわち、夜になると本来鎮静化するはずの中枢神経が異常に興奮し、昼間は逆に抑制されてしまっているために、昼夜逆転現象が起こってしまうのです。
 漢方では、不眠症の人に対して、高麗人参を配合した薬がよく処方されます。「帰脾湯」はその代表です。高麗人参に含まれる人参サポニンは中枢神経のバランスを整える働きがあるからです。

日中飲んでも眠くならない
 人参サポニンの優れているところは、昼間に飲んでも眠くならない点です。
 西洋薬の睡眠剤は、昼夜を問わず、飲むとまもなく眠くなります。しかし、人参サポニンを含有した帰脾湯などは、昼間に飲んでも眠くなりません。昼は元気が出て、夜になると自然に眠くなるのが特徴です。高麗人参の作用は強引に眠りに誘導するものではなく、脳の中枢神経のバランスを本来の状態に調整してくれるためです。
 夜は興奮を鎮めて睡眠を促し、朝はすっきり目覚めて、日中にモチベーションがいちばん高まるように持っていってくれるのです。
 こうした効果は、漢方の古典である『神農本草経』にも記載されています。「安精神、安魂魄、止驚悸」とは、鎮静効果のことです。

若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参
若さと健康を守る薬用植物の王様 高麗人参

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/furusatobunko/archives/5282494.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »