今季のアイシャドウは色も質感も個性豊かで華やか!ベースにもアクセントにも的なものも多いです。だからこそ、いざ塗ろうとすると迷いがち…。でも実は、目の形に合った選び方・入れ方さえマスターすれば、どれを使っても今どき目力はかなうんです!

あなたの目の形は?

狭二重

201908070945

201908070945

201908070945201908070948

目尻にかけて二重幅が広くなる末広形
日本人に最も多く当てはまるのは恐らくこのタイプ。目尻側はある程度二重がはっきりしているものの、目頭側はまぶたがかぶさり、腫れぼったくも見えがち。いかにメイクで二重幅を生かせるかが、自然な陰影のカギを握ります。

 

一重・奥二重

201908070945

201908060474

201908070945201908060477

まぶたが瞳にかぶさってシャープな印象
ほぼフラットで重ためなまぶたが特徴。目を開くとメイクが隠れてしまう部分も多いため、見える範囲でどう凹凸を演出していくかが課題です。まぶたの特徴を捉えながら、影や質感を適所にプラスして、メリハリを加えたい所。

 

広二重

201908070945

201908060011

201908070945201908060012

メイク映えNo.1。ハーフのような平行二重
目を開いた状態で、目頭から目尻にかけての二重幅がほぼ一定。キワのメイクまではっきり見えるので、悪くいえばケバくもなりやすいタイプです。二重を強調するというよりも、なじませながら奥行きだけをメイクするのが正解。

秋の3大トレンドカラーは?

ルミナスカラー

201908070945

1

クリアなパールをふんだんに。シングル使いでも陰影感はお手のもの
重みのある秋のファッションにあえてコーディネートしたい、鮮やかなルミナスカラー。潤いさえも感じさせる高密度なパールは、ひと塗りするだけで目元の表情を豊かに。メイクのアクセントとしてはもちろん、透明感生かしの引き算アイテムとしても活用できるマルチカラー。

 

スモーキーパステルカラー

201908070945

2

明るさと優しい影を併せもった、秋の差し色
グレーのニュアンスをほのかに含んだ、脱甘パステル。目元をぱっと明るい印象へ導くポテンシャルはそのままに、まぶたに優しい影を落として深みも演出してくれるスグレもの。カラフルなのに適度なくすみ加減で、肌なじみも良し!

 

抜け感ダークカラー

201908070945

3

目の形を問わない、透明度高めのNEOダーク
今シーズン特に目を引くのは、奥行きと抜け感を兼備したダークカラー。わかりやすくいえば、透ける発色感が特徴。クールでカッコいい目元に仕上げながらも、いい意味で迫力が出すぎず、リラクシングなムードに仕上がります。

 

『美的』11月号掲載
撮影/岡本 俊(まきうらオフィス・人物)、久々江 満(静物) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/上西星来、月山京香、愛甲千笑美 構成/北川真澄、野澤早織