リマーユ プラセンタ原液

高濃度プラセンタと高濃度セラミドをW配合した美容原液♪リマーユ プラセンタ原液 口コミ

東原亜紀さん、東尾理子さん、渡辺美奈代さん愛用★リマーユ プラセンタ原液
リマーユ プラセンタ原液は、今だけセールで2週間お試しセットが1,575円!
さらに定期コースは62%OFFと激安ヽ( ´O`)ゞ
リマーユ プラセンタ原液は、創業130年の歴史あるあのリバテープ製薬株式会社の原液美容液。
リマーユ プラセンタ原液|オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOGリマーユ プラセンタ原液を使うと、触らなくても感じられるハリ感と艶。年と共に、くすんできた肌が生き返ってる感じがするっ。゚+.(,,・ω・,,)ノ。瑞々しく肌も潤いふっくら・・・そして軽くマッサージしていくと、きゅ~っとした感覚と共に、少しピキッとした感触・・・。突っ張ってるのとはちょっと違うけど、持ち上げられてるような不思議な感覚で、鏡を覗きこむと、シワの溝が心なしか薄くなってる気がする・・・笑。

….Ranking

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

リマーユ プラセンタ原液を馴染ませていくと、肌にすーーーっとしみ込んでく感じで、
べた付きとは違う、肌に浸透する感じ。サラサラ感で、軽い仕上がり♪
季節の変わり目にも関わらず、リマーユ プラセンタ原液を使い始めて、肌の揺らぎが明らかに落ち着いてる。
さらに、リマーユ プラセンタ原液を使った翌朝は肌が柔らかく、くすみのない肌。
肌の基礎体力をじんわりと上げてくれる感じで、ハリが出て肌理が整うのも、
自分の肌の修復機能が高まったように無理がない感じ・・・Ψ(*´ω`*)Ψ
写真②リマーユ プラセンタ原液|オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOGつけないで寝た翌朝は、肌の角質が毛羽立っているように感じるほど、強い乾燥を感じる・・
そういう日は水も肌にささるくらい(>へ<。)
でもリマーユ プラセンタ原液を使った翌日の肌は快適♪
保湿系!と聞くと、「厚ぼったい」イメージを抱くけど、案外さっぱり・・・
なのにホントもっちり・・・不思議ぃ~
潤いもあるし、ハリ感も感じるっ。
乾燥したツッパリ感なのかハリ感なのかが解りにくい物も結構あったりするけど、
ちゃんと肌のハリだって実感出来る(*^m^*) ムフッ
リマーユ プラセンタ原液の、肌の張り感を高めてくれる感じが好き♪

公式サイト>>リマーユ プラセンタ原液
リマーユ プラセンタ原液

リマーユ プラセンタ原液 5ml 2週間分 40%OFF 初回限定価格 1575円
リマーユ プラセンタ原液 20ml 8,400円 → 7,560円

リマーユ プラセラ原液 全成分
水、BG、1,2-ヘキサンジオール、プラセンタエキス、ウマスフィンゴ脂質、
キサンタンガム、ポリソルベート80、フェノキシエタノール

オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOG
リバテープ製薬とは・・・

リバテープ製薬は、昭和35年の創業以来、国内メーカーで最初に開発した救急絆創膏をはじめとして、
医薬品、医療機器、医薬部外品および化粧品の製造、販売にその分野の拡大を展開。
リバテープ薬品みなさまに愛されて130年
リバテープ製薬はお客様に愛されて創業130年を超えました!

製薬会社としての信頼と実績! 
絆創膏から始まったお肌の研究をスキンケア商品に役立てています。

全商品、国内で製造! 
全ての商品において、原料から容器などの資材に及ぶところまで国内にこだわり、
自社工場や整備の整った国内工場で製造しています。

製薬会社として馬油を研究し続けて30年。
馬油を製品化したあとも、改良・改善のための手を休めることはありません。
リバテープ薬品沿革
1878年(明治11年)星子亀次郎が膏薬「ほねつぎ膏」の製造を開始。
1902年(明治35年)屋号を「星子旭光堂」とする。製薬企業として本格的に出発。
1945年(昭和20年)星子亀次郎が死去。戦後の混乱もあり経営難に陥る。
1950年代後半 三代目である星子義法がアメリカ軍が使用していた救急用の包帯に着想を得て救急絆創膏を開発。
1960年(昭和35年)「リバテープ」の商品名で救急絆創膏の販売を開始。
1967年(昭和42年)社名を『合資会社リバテープ』に改称。
1972年(昭和47年)社名を現在のリバテープ製薬株式会社とする。

関連記事

こちらの記事はhttp://organic7cosme.blog.fc2.com/blog-entry-496.htmlより引用させて頂いております。