モルトベーネ社 ロレッタ ムルムルバター 解析

2015-04-06 11:53:18
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

モルトベーネ ロレッタ ムルムルバター 解析

 


Amazon.co.jp

 

 

   皮膜力:★★★★☆  

 

 しっとり感:★★★★★      
 ハリコシ感:★★☆☆☆    
サラサラ感:★★☆☆☆   
ふんわり感:★★★☆☆  
     艷:★★★★☆  
  補修力:★☆☆☆☆   
  耐熱性:★☆☆☆☆
    重さ:やや重め
   タイプ:オイル(硬化油)
 価格適正:★★☆☆☆(30g/2300-)
 

 総合評価:★★★☆☆-

天然オイル100%のアウトバスオイル。

でも主成分が硬化油のシアバターとアストロカリウムムルムル脂なので

性状自体はペースト状になってます。

バターみたいな感じですね。

体温で溶けていくように設定されているはずなので

髪につけるときはなめらかな感じになります。

ただ基本的には硬さのあるオイルなので、

髪につけた時の質感自体はさらさらとかふわふわよりも、

しっとりまとまる感じになります。

柔らか目のワックスをつけた時の質感に近い使用感と予想できます。

なのでワックスのようにスタイリングにも使えます。

というかアウトバストリートメントというよりはワックスに近いですね(^_^;)

まぁ使い心地自体は悪くはないかなと思います。

が、

問題は天然植物油脂類が豊富ということは安定性が微妙ということです。

植物油脂の主成分は脂肪酸ですが、

例えばシアバターには40%程度の不飽和脂肪酸(オレイン酸)が含まれています。

アストロカリウムムルムル脂は飽和脂肪酸が主体で酸化しにくいのが特徴ですが

パオパブ種子油はオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が主体です。

どう考えても酸化安定性に問題があります。

普通のアウトバスのオイルなどは主成分をシリコーンなどの安定性の高い成分として、

毛髪柔軟化効果のある油脂類は補助剤として添加しています。

全部を油脂にしないのは酸化すると質感を損ねたり、異臭の原因になる恐れがあるからです。

酸化のリスクの小さい冬場などは比較的問題なく使用出来そうですが、

紫外線が多い季節は特に酸化しやすくなるので注意が必要です。

あとドライヤーやヘアアイロンによる加熱にも注意。

使用感自体は悪くはないですが安定性に欠けるという点でかなりの減点です。

あと価格もけっこう高いですね…^^;

モルトベーネ社
ロレッタ ムルムルバター
30g 2,300 (税抜き)

成分
シア脂 アストロカリウムムルムル脂 バオバブ種子油 ダマスクバラ花油 ニオイテンジクアオイ油 ラベンダー油 パルマローザ油

Amazonでの謳い文句
「 天然成分100%の洗い流さないトリートメントです。バターなのに軽い使用感で、細い髪の方でも重くなりすぎず、自然なツヤ髪に仕上げます。
傷んだ髪や乾燥しがちな髪を天然のバターとナチュラルローズの香りがやさしく包み込み、しなやかなまとまりを与えます。
また、トリートメントなのにスタイリング可能な新発想!巻き髪キープや、毛先のニュアンスメイクなど、様々なシーンでお使い頂けます。」

かずのすけプロデュース化粧品はこちら!
ショップバナー1
セラキュア 紹介&意見投稿ページ

 

かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12010913089.html?frm=themeより引用させて頂いております。