メーカーよ、解析サイトに媚びを売るな

2014-11-21 00:54:08
テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。

↓クリックで投票完了↓

こうやって化粧品の解析を色々してると、

すご~く鼻につく成分構成の化粧品が結構あるんですよね。

というのが、

まるで解析サイトに媚びを売っているような…(-_-;)

皆さんもご存知のことだとは思いますが、

化粧品の解析的なことをやっているサイトはここ以外にもいくつかあります。

当然僕はこのブログでその「解析」をひとつの売りにしているので、

どこの解析が一番妥当か?

と言われれば僕の解析が一番マシだとお答えします。

もちろん解析なんてのは評価基準の違いもあれば

解析者の好き嫌いもあるので

全部を同じ土俵で比較するなんてことはまず無理なんですが、

それでも今のところでは

うちは他の解析サイトよりはまともな解析を載せていると思っています。

これがどのような点で僕が勝っていると感じているのか、

その最も大きな理由を述べるのであれば・・・

他サイトの解析では、

成分の『リスク』が配慮されていない場合が多い

ということがまず挙げられます。

例えば「化粧品成分の性質」って、

今ではネット上に「成分辞典」というものがありますので

ささっと名称を検索にかければある程度の情報が得られます。

(例えば→化粧品成分辞典など)

ですから化粧品の適当な解析であれば、

時間をかけてひとつひとつの成分を検索して性能をまとめていけば

一般人でも何となく出来てしまうのです。

うまく使いこなせれば非常に便利ですよね。

ですがこのネット上の成分辞典には大きな盲点があります。

それは

「成分の良いところばかり書いてあってデメリットに触れていない」

という点です。

どういうことかというと、

例えば僕のブログで再三に渡って

「実はかなりの刺激性があるんですよ」

というお話をしているビタミンC(アスコルビン酸Na)など…

さっきの辞典で調べると

 アスコルビン酸Na 【あすこるびんさんなとりうむ】
配合目的:酸化防止剤
水溶性のビタミンC誘導体。強い抗酸化作用があり、美白や保湿などに効果的です。

としか書いてありません。

多分どこのサイトでも似たようなもんだと思います。

化学をしっかりやってる人間からすれば、

アスコルビン酸て還元剤なんだからある程度の刺激性のリスクはあるよな~

と普通に思いそうなものなのですが…

そういう点に言及している辞典っていうのは本当に少ないです。

それもそのはずで、

そもそもネット上の成分辞典の発端はメーカーが発信しているものなので

自分ちの化粧品に入れている成分を悪く言うはずがないのです。

で、

なぜ解析サイトの話をしていたのにいきなり成分辞典の話を始めたのかというと、


実はほとんどの『解析サイト』では


このネット上の成分辞典を利用して解析を行っている場合が多いのです。

成分の説明がもろパクリだったりしますからね(^_^;)


ですから

ただの一般人から見たらまるで化粧品成分の専門家に見えるあの人たちは、


実はただネット情報をまとめてそれっぽく見えるようにしてるだけだったりします(苦笑)



まぁ元美容師さんとかフリーターとか、

お世辞にも専門家とは言えない人たちがやってるサイトばっかりなので、

化学の専門知識なんてほっとんど持っていないのは容易に想像出来るわけですが…(-_-;)

で、その結果として解析の基本がその微妙な成分辞典からになるわけですね。

となると、

リスクのある化粧品成分についてもただ嬉しいことしか書いてないわけです。

で、更に言うとこれは非常にマズイ事態をもたらします。

例えば

「良さそうな成分をたくさん盛り込んだだけの化粧品が生まれやすくなる」

というような…。。

なんせそういう解析サイトではリスクのある成分でも褒めてくれるわけですから、

化粧品成分辞典で凄く良いことを書いている成分をとりあえず入れておけば、

なんか良い評価を付けてくれるわけです。

僕なんかだとまずリスクの話から始める

『パルミチン酸レチノール』

のような医薬部外品有効成分も、
(刺激が強いために回収騒ぎにもなった成分です)

成分辞典をベースに解析している人たちが解析すると

パルミチン酸レチノール 【ぱるみちんさんれちのーる】
配合目的:皮膚コンディショニング剤
ビタミンAの脂肪酸エステル。皮膚細胞の保護作用。乾性または角化性の皮膚治療やニキビの治療にも用いられます。

的なことを平気で書いちゃうわけです。

結果として、

入れる意味も無いのにこういう成分を「ただ入れた」という化粧品が氾濫しつつありまして、

成分構成を見てなんだか嫌だな~と思う化粧品がしばしば見られるわけです。

そうやって蛇足な成分をふんだんに盛り込んだ、

まるで解析サイトに媚びを売ったみたいな処方にしなければ

もっと良い評価も出来るのに…(´・_・`;)

という化粧品も少なくありません。

適当な解析をしちゃうサイトもそれに合わせて化粧品を作っちゃうメーカーも、

消費者にとってはマイナスにしか働きません。

まったく、はた迷惑な話だと思います…。



ランキングの投票にぜひご協力ください!
↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

かずのすけプロデュース化粧品発売中!


セラキュア 紹介&意見投稿ページ

解析依頼はここから

※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!

詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ

かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!

定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。

ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11954969286.html?frm=themeより引用させて頂いております。