メガビタミンのグループコンサルティングに参加してきました

西宮市甲子園で創業34周年 老舗エステサロン
ビューラー大谷

インディバと栄養カウンセリングで
貴方のお悩みに寄り添う
ベテランエステティシャンの大谷怜子です。

一昨年の秋に行われてから2年間。
待ちに待ってたメガビタミンのイベントに参加してきました。

先週の日曜日です💦
UPがずいぶんと遅くなりました(; ̄O ̄)
なんせキャンペーン中で毎夜帰宅が深夜なもので(ToT)
ズボラしてごめんなさい!

ワタシが勝手に師と仰ぐ広島の精神科医
藤川徳美先生が推奨する
オーソモレキュラーをベースとした
高タンパクメガビタミンの藤川理論。

その理論を歯の矯正治療に生かしてらっしゃる
大原先生の講演がありました。

骨(歯)を強くしたかったらタンパク質。
プラーク(歯垢)が虫歯の直接的な原因でなく
プラークの中に甘いモノ(糖質)が入っていくことが原因。

最終論として、そもそも甘いモノを食べてなければ
歯垢がついたまま歯磨きしなくても虫歯にはならないと
斬新な真実をおっしゃいました。

歯の中のカルシウムが溶け出す問題。
歯槽骨の石灰化の問題。

カルシウムをやたらと強化したがるのですが
カルシウムが多くなると溶け出すって知ってました?

ウチでもお客さまにはよくこの話しをするんですが
過剰にとったカルシウムは流れ出て、石灰化したり
血管内壁に入り込むと収縮させて血圧を上げたりと
増やす意味が無いんですよ。

カルシウムが流れ出さないように固着する意味で
ブラザーミネラルであるマグネシウムを
それ以上にたくさん摂ることの重要性もおっしゃっていました。

歯ぎしりで上下の歯がフラットになっている方は
歯ぎしりの原因はストレスではなく
睡眠時低血糖だとのこと。

血糖値を上げようとグルカゴンやアドレナリン、
コルチゾールなどの副腎疲労を起こすホルモンが出て
それが歯ぎしりの原因になるとのことです。

寝る前の糖質、かなりの要注意です。

結局、糖質は歯周病にも骨の形成にもすべてに
悪影響を及ぼし、そして、そこから抜け出すには
高タンパクメガビタミンミネラルという選択肢しかないと
おっしゃっていました。

たしかに・・・思い当たることだらけ(笑)

かなり割愛してしまいました。
ホンマはもっと濃い内容ですが・・・・

有名な、これらの食べ物飲み物にどれだけの糖が含まれてるか
角砂糖の数で表しています💦

夏のスポーツドリンクなんてロクなもんじゃありません。
摂りすぎて逆に低血糖になってフラフラになったり
糖尿病になったりしますから要注意です。

バリバリの巨人ファン!
だけどfacebookでは以前からその点で
よく絡ませていただいてました💦

大原先生の次に、実際に病院勤務をしながら

メガビタミンの栄養療法を生かした
カウンセリングを行っている管理栄養士さんの
ちかさんのお話しも伺いました。

肉友でもあります(笑)

なぜ、病院や学校で出てくる給食が不味いのか、
知らなかった事実がありました。

我々、分子栄養学を学んでいる人間にとっては 
すべての病気はタンパク質や脂質の不足だと
判っているのですが、
こと日本人は和食を尊ぶ文化なので
特にお年寄りの低タンパク高糖質はハンパない状況で
そういう人たちにいかにタンパク質を食べさせる
取り組みなどを話してくれました!

午後の第二部は、各人のお悩みに合わせて
それぞれグループを組み、お互いの考えや
意見を出し合って問題解決をする
グループコンサルティングです。

これがこのイベントの醍醐味。

みんなの経験でいろんな知恵を振り絞って解決する・・・
謂わば、誰もが師匠です。

ワタシはいつも心がけているのが
お客さまや身内への「わかりやすい伝え方」です。

どうしても難しくなりやすい理科の世界ですから、
いかに簡単にスルーッと頭に入る説明方法を
みなさんはどうやっているのか知りたかったので
ワタシのグループは治療家の人やネイリストさん
学校の先生、保健師さんなどがいらっしゃいました。

みんな同じ事で悩んでるんですね\(^O^)/

こんなのどかな大阪は島本町の公民館で行われました。

公民館までに農道があり、ショートカットして歩いたら
変な虫に刺されました💦

懇親会はひと駅手前の高槻にある
ローカーボキッチン 然さんへ移動です。

1食あたりの糖質量を極限まで減らしながら
美味しさを実現するレストランです。
北堀江店に続き、高槻店がオープンしました。

然さんは、オーナー自ら以外にも
一型糖尿病の方や二型糖尿病の方にも
食後血糖値を測って、
糖尿の方でも安心して食べられるメニュー作りを
しっかりと取り組んでいらっしゃいます。

ワタシももう通ってるんですが
結局は「肉」を食べてしまうので、
以下の様な低糖質パンやカリフラワーライスの炒飯など
のメニューを食べたことがありませんでした!

まるで「パン」です。

まるでライスです\(^O^)/

このあと、ステビア糖を使ったロールケーキも出てきてビックリ!
本当に自然な甘みでステビア感ゼロでした。

あまりにも早く食いついてしまったため画像ナシ(爆)

ここでもまた、みなさんと有意義な意見を交換しながら
楽しい時間を過ごしました。

またたくさんの新しいお友だちができて
同じ志の仲間が多いことをうれしく思いました。

お問い合わせ、ご予約はお電話かLINE@にてどうぞ!

@eir0271s

ぜひご登録してください!

初めての方はHOT PEPPERビューティーもご利用ください。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000193792/

インディバ歴19年
スーパーバイザー

オーガニックプレミアムパウダー歴3年
上級資格者

美容電気脱毛歴28年
美容脱毛検定1級 CRE取得

トータルエステティックサロン
ビューラー大谷

大谷怜子

(加圧トレーニングとさとう式リンパケアは大谷晃夫担当)

#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }

by b-ohtani
| 2019-07-13 22:39
| 高タンパク、糖質制限、分子栄養学
|
Comments(0)

メガビタミンのグループコンサルティングに参加してきました

西宮市甲子園で創業34周年 老舗エステサロン

インディバと栄養カウンセリングで
貴方のお悩みに寄り添う
ベテランエステティシャンの大谷怜子です。

f0135940_23275514.jpg
一昨年の秋に行われてから2年間。
待ちに待ってたメガビタミンのイベントに参加してきました。

先週の日曜日です💦
UPがずいぶんと遅くなりました(; ̄O ̄)
なんせキャンペーン中で毎夜帰宅が深夜なもので(ToT)
ズボラしてごめんなさい!

ワタシが勝手に師と仰ぐ広島の精神科医
藤川徳美先生が推奨する
オーソモレキュラーをベースとした
高タンパクメガビタミンの藤川理論。

その理論を歯の矯正治療に生かしてらっしゃる
大原先生の講演がありました。

f0135940_23282882.jpg
f0135940_23282454.jpg
f0135940_23282127.jpg骨(歯)を強くしたかったらタンパク質。
プラーク(歯垢)が虫歯の直接的な原因でなく
プラークの中に甘いモノ(糖質)が入っていくことが原因。

最終論として、そもそも甘いモノを食べてなければ
歯垢がついたまま歯磨きしなくても虫歯にはならないと
斬新な真実をおっしゃいました。

歯の中のカルシウムが溶け出す問題。
歯槽骨の石灰化の問題。

カルシウムをやたらと強化したがるのですが
カルシウムが多くなると溶け出すって知ってました?

ウチでもお客さまにはよくこの話しをするんですが
過剰にとったカルシウムは流れ出て、石灰化したり
血管内壁に入り込むと収縮させて血圧を上げたりと
増やす意味が無いんですよ。

カルシウムが流れ出さないように固着する意味で
ブラザーミネラルであるマグネシウムを
それ以上にたくさん摂ることの重要性もおっしゃっていました。

歯ぎしりで上下の歯がフラットになっている方は
歯ぎしりの原因はストレスではなく
睡眠時低血糖だとのこと。

血糖値を上げようとグルカゴンやアドレナリン、
コルチゾールなどの副腎疲労を起こすホルモンが出て
それが歯ぎしりの原因になるとのことです。

寝る前の糖質、かなりの要注意です。

結局、糖質は歯周病にも骨の形成にもすべてに
悪影響を及ぼし、そして、そこから抜け出すには
高タンパクメガビタミンミネラルという選択肢しかないと
おっしゃっていました。

たしかに・・・思い当たることだらけ(笑)

かなり割愛してしまいました。
ホンマはもっと濃い内容ですが・・・・

f0135940_23281888.jpg
f0135940_23283179.jpg有名な、これらの食べ物飲み物にどれだけの糖が含まれてるか
角砂糖の数で表しています💦

夏のスポーツドリンクなんてロクなもんじゃありません。
摂りすぎて逆に低血糖になってフラフラになったり
糖尿病になったりしますから要注意です。
f0135940_23281400.jpg

f0135940_23274022.jpgバリバリの巨人ファン!
だけどfacebookでは以前からその点で
よく絡ませていただいてました💦

f0135940_23274722.jpg

大原先生の次に、実際に病院勤務をしながら

メガビタミンの栄養療法を生かした
カウンセリングを行っている管理栄養士さんの
ちかさんのお話しも伺いました。

肉友でもあります(笑)

なぜ、病院や学校で出てくる給食が不味いのか、
知らなかった事実がありました。

我々、分子栄養学を学んでいる人間にとっては 
すべての病気はタンパク質や脂質の不足だと
判っているのですが、
こと日本人は和食を尊ぶ文化なので
特にお年寄りの低タンパク高糖質はハンパない状況で
そういう人たちにいかにタンパク質を食べさせる
取り組みなどを話してくれました!

午後の第二部は、各人のお悩みに合わせて
それぞれグループを組み、お互いの考えや
意見を出し合って問題解決をする
グループコンサルティングです。

これがこのイベントの醍醐味。

みんなの経験でいろんな知恵を振り絞って解決する・・・
謂わば、誰もが師匠です。

ワタシはいつも心がけているのが
お客さまや身内への「わかりやすい伝え方」です。

どうしても難しくなりやすい理科の世界ですから、
いかに簡単にスルーッと頭に入る説明方法を
みなさんはどうやっているのか知りたかったので
ワタシのグループは治療家の人やネイリストさん
学校の先生、保健師さんなどがいらっしゃいました。

みんな同じ事で悩んでるんですね\(^O^)/

f0135940_23284052.jpg
f0135940_23283694.jpg
こんなのどかな大阪は島本町の公民館で行われました。

公民館までに農道があり、ショートカットして歩いたら
変な虫に刺されました💦

懇親会はひと駅手前の高槻にある
ローカーボキッチン 然さんへ移動です。

1食あたりの糖質量を極限まで減らしながら
美味しさを実現するレストランです。
北堀江店に続き、高槻店がオープンしました。

然さんは、オーナー自ら以外にも
一型糖尿病の方や二型糖尿病の方にも
食後血糖値を測って、
糖尿の方でも安心して食べられるメニュー作りを
しっかりと取り組んでいらっしゃいます。

ワタシももう通ってるんですが
結局は「肉」を食べてしまうので、
以下の様な低糖質パンやカリフラワーライスの炒飯など
のメニューを食べたことがありませんでした!

まるで「パン」です。

f0135940_23280943.jpgまるでライスです\(^O^)/

f0135940_23280522.jpg
このあと、ステビア糖を使ったロールケーキも出てきてビックリ!
本当に自然な甘みでステビア感ゼロでした。

あまりにも早く食いついてしまったため画像ナシ(爆)

ここでもまた、みなさんと有意義な意見を交換しながら
楽しい時間を過ごしました。

またたくさんの新しいお友だちができて
同じ志の仲間が多いことをうれしく思いました。


f0135940_00390876.png

お問い合わせ、ご予約はお電話かLINE@にてどうぞ!

@eir0271s

ぜひご登録してください!
f0135940_16520692.jpg

初めての方はHOT PEPPERビューティーもご利用ください。

インディバ歴19年
スーパーバイザー

オーガニックプレミアムパウダー歴3年
上級資格者

美容電気脱毛歴28年
美容脱毛検定1級 CRE取得


トータルエステティックサロン
ビューラー大谷

大谷怜子

(加圧トレーニングとさとう式リンパケアは大谷晃夫担当)


#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }


by b-ohtani
| 2019-07-13 22:39
| 高タンパク、糖質制限、分子栄養学
|
Comments(0)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://beuotani.exblog.jp/30688111