ミルふわ ベビーミルキーローション 解析

2014-03-30 20:11:31
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

ミルふわ ベビーミルキーローション 解析

    皮膜力:★★★★☆ 

     保湿力:★★★☆☆
   低刺激性:★★★★★      
 伸びの良さ:★★★☆☆  
   しっとり感:★★★★☆ 
 サラサラ感:★★☆☆☆  
敏感肌適正:★★★★★    
  価格適正:★★★★★   (150ml:650円) 

  総合評価:★★★★☆

ベースはBG・グリセリンなどの安全性の高いアルコール性保湿剤です。

このあたりはジェルタイプと同じですね。

違ってくるのは

スクワランメドウフォーム油、ステアリン酸グリセリル

などの油性成分が成分上位に配合されてくるところですね。

「ミルク」とは

水性成分と油性成分を界面活性剤で混ぜ込んだ「エマルジョン」のことです。

ジェルに比べて油分が増え、

皮膜力やしっとり感が上がる一方で、

サラサラ感や軽いつけ心地が下がるという特性があります。

使っている油分はシリコンなどは使っておらず、

スクワランを始め品質は良いですね。

あとラフィノース・イノシトールなどの保湿剤、

人の肌に必要な保湿成分セラミドと、

肌荒れ防止剤のグリチルリチン酸2K、

酸化防止剤のトコフェロール

などなど効果的な成分が多種配合されています。

ゲル化剤としてアクリル系のポリマーとキサンタンガムですね。

内容は良いです。

とても安心して使える乳液です。

ただ油性成分が配合されているところで

セラミドなどなどの成分の配合が抑えられているので、

どちらかと言えばジェルタイプの方が良さそうな気がします。

また油性成分は正常な皮脂の分泌に影響を与える懸念もあります。
(今回のものはそこまで大きな影響は無いと思いますが)

なのでほとんど効果的な優劣はありませんが、

ジェルとミルクでは若干ジェルに軍杯というところでしょうか。

どちらにしろ悪いものではありません。

ミルふわ ベビーミルキーローション/ミルふわ和光堂株式会社

全成分
水、BG、グリセリン、スクワラン、メドウフォーム油、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル(SE)、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、ベタイン、アルギニン、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、キサンタンガム、EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

容量 150ml
価格 650円

謳い文句など出来るだけ詳しい情報
母乳にも含まれ、肌への保湿効果がある成分をお手本に、オリゴ糖・リン脂質・イノシトール(保湿成分)を配合。保水バリア成分、セラミド(保湿成分)配合。アミノ酸系保湿成分(ベタイン)、うるおい成分(スクワラン)配合。全身ケアにもベタつかず、しっかりのびる乳液タイプ。低刺激、弱酸性、無香料、無着色、パラベン無添加、ノンアルコール、無鉱物油、乳由来成分不使用。

ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックで投票完了↓

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけのオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!(amazonで購入頂けます)

オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。
 

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11808887388.html?frm=themeより引用させて頂いております。