情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

ビタミンB群が欠乏すると・・・

ビタミンB群が欠乏すると・・・

ビタミンB群とは?

 ビタミンB群とは、水溶性ビタミンのうち、ビタ三ンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種の総称です。
サプリメントpng
 基本的に、3大栄毒素である糖質・脂質・タンパク質がエネルギーに変わる代謝のサポートをします。ビタミンB群は、あらゆる種類の酵素の補酵素として働きますので、「代謝ビタミン」とも呼ばれており、私たちが生きるための源であるエネルギーを作るためには不可欠です。エネルギー代謝はTCA回路(エネルギーを作り出す回路)に入ることでスムーズに行われますが、ビタミンB群はお互いに関係し合って働くので、単独で摂るよりも、まとめて摂る方が効果的です。
TAC回路
 水溶性であり、尿と一緒に排泄されてしまうので小まめに摂取する必要があります。ビタミンB2には色素があり、摂取すると尿が黄色くなるのでおわかりいただけると思います。

ビタミンB群の作用は?

 ビタミンB群それぞれの作用は次のとおりです。

ビタミンB1


  • 体内に入った炭水化物(糖質)をブドウ糖に換えるのを助ける。
  • 疲労物質の乳酸をエネルギーに換える。

ビタミンB2


  • 糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポートする。
  • 健康な皮膚や髪、爪を作り、成長を促進する。
  • 脂質の代謝や体内で過酸化脂質の生成を抑制します。

ナイアシン


  • 糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポートする。
  • 脳神経の働きを助ける。
  • アルコールの分解を助ける。

パントテン酸


  • 糖質、脂質、タンパク質の代謝をサポートする。
  • 副腎皮質ホルモンの産出を促す。
  • ビタミンB6や葉酸とともに免疫に加わり、感染症を予防する。

ビタミンB6


  • 脂質、アミノ酸の代謝をサポートする。
  • 脂質の代謝を良くして脂肪肝を予防する。
  • 健康な皮膚や被毛、歯をつくる。
  • 刺激の抑制に働く、神経伝達物質の合成に関わる。

ビタミンB12


  • 葉酸と連携して、赤血球のヘモグロビンの合成を助け、悪性貧血を予防する。
  • 神経細胞内の核酸やタンパク質などを合成したり、修復する。
  • 末梢神経の障害の修復に関与し、腰痛などの治療にも利用される。

葉酸


  • ビタミンB12と連携して、悪性貧血を防ぐ。
  • アミノ酸や核酸の代謝に関わり、造血、細胞分裂に関わる。
  • 赤血球の成熟やプリン体およびピリミジンの合成に関与している。

ビオチン


  • 脂質、葉酸の代謝をサポートする。
  • 毛髪や皮膚を健康に保つ。
  • 脂肪酸の合成やアミノ酸の代謝などに関与している。

不足したときに起こる症状

 ビタミンB群は、現代社会で不足しやすい栄養素の一つとも言われています。その理由としては、次のような点が考えられるようです。



(1)食品の変化

 食品の精製・加工・保存によって、ビタミンB群が減少している。


(2)ビタミンB群の消費量が増えている

 精製された白い食べ物(本来持っている食物繊維や栄養素を削り取って残ったもの)、ストレス、過度のアルコール摂取、妊娠、授乳、加齢、過食などでビタミンB群の消費量が増えている。


(3)抗生物質の長期服用

 ビタミンB群は一部腸内の細菌が作っているのですが、抗生物質を長い期間服用している人は、腸内の細菌バランスが乱れてしまい、ビタミンB6などの合成量が少なくなってしまう。

 それでは、主な症状を見てみましょう。

ビタミンB1

 ビタミンB1の欠乏により、神経炎や脳組織への障害が生じます。欠乏症としては、脚気、ウェルニッケ・コルサコフ症候群があります。

ビタミンB2

 ビタミンB2の欠乏により、成長抑制(発育・成長の阻害)を引き起こします。また、口内炎、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎などが起こります。

ナイアシン

 ナイアシンが欠乏すると、ペラグラを発症します。ペラグラの症状として、皮膚炎、下痢、痴呆、精神神経症状があります。

パントテン酸

 パントテン酸が欠乏すると、細胞内のコエンザイムA(CoA)濃度が低下するため、成長の阻害や副腎障害、手足のしびれと灼熱感、頭痛、疲労、不眠、胃不快感を伴う食欲不振などが起こります。

ビタミンB6

 ビタミンB6の欠乏により、ペラグラ様症候群、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症などが起こります。成人では、うつ状態、錯乱、脳波異常、痙攣発作が起こります。

ビタミンB12

 ビタミンB12の欠乏により、巨赤芽球性貧血、脊髄および脳の白質障害、末梢神経障害が起こります。

葉酸

 葉酸が欠乏すると、巨赤芽球性貧血(ビタミンB12欠乏症によるものと識別できない)が起こります。妊娠中の母体に葉酸欠乏症があると、胎児の神経管閉鎖障害や無脳症を引き起こす可能性が高まります。また、動脈硬化の引き金になるホモシステインの血清値を高くします。

ビオチン

 ビオチンが欠乏すると、リウマチ、シェーグレン症候群、クローン病などの免疫不全症だけでなく、Ⅰ型およびⅡ型の糖尿病にも関与しています。また、乾いた鱗状の皮膚炎、萎縮性舌炎、食欲不振、むかつき、吐き気、憂鬱感などが起こることが考えられます。

欠乏を防ぐには・・・

 食品に含まれているビタミンB群の中には、調理することによって栄養素が減少してしまうものもあり、効率よく栄養素を摂取するにはサプリメントが効果的だと考えられます。

 ビタミン・ミネラルを配合したサプリメントもあり、栄養成分はすべて100%天然素材から抽出し、認定工場での製造、放射能検査など安全面も安心です。1日たった5粒で27種類の栄養素を摂ることができます。
マルチサプリメント
 葉酸400μg、ビタミン・ミネラル27種類を高含有量で配合。さらに注目の成分DHAEPAが加わって豊富な成分が内側からカラダづくりをサポート。いわゆる葉酸にビタミン等がプラスされた「葉酸サプリ」ではなく、 総合的に栄養補給ができる葉酸も配合したマルチサプリメントです。



by トニー

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://healthy-aging.blog.jp/archives/21458377.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »