ヒノコスメティクス ヒノコクレンズ 解析

2014-03-12 18:11:22
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

ヒノコスメティクス ヒノコクレンズ 解析

      乳化力:★★☆☆☆   
       脱脂力:★★☆☆☆
      低刺激性:★★★★☆
   酸化安定性:★★★★★
    伸びの良さ:★★★☆☆
    流しやすさ:★★★★★
      保湿力:★★★★☆
       ベタつき:★☆☆☆☆  
     肌なじみ:★★★☆☆
    価格適正:★★☆☆☆( 150ml:3575円)

    総合評価:★★★☆☆+

両性界面活性剤のコカミドプロピルベタインとラウロアンホ酢酸Naがベースです。

つまり一般的なクレンジングとは少々タイプが違いますね。

通常のクレンジングはオイルもしくは水にノニオン界面活性剤を加えて

乳化力を持たせているので、

一般的なものとは違うんだという認識はあるべきかと思います。

このクレンジングはクレンジングというよりは

「洗顔料」に近いでしょう。

両性界面活性剤ベースですから、

非常に低刺激の洗浄力で、泡も立ちます。

タマリンドガム・ペンチレングリコールは増粘剤です。

リピジュア・擬似セラミド・スフィンゴ脂質・トレハロースに

デンプン・BGなどなど、

大変多くの保湿成分が配合されています。

洗い上がりの保湿感は中々ありそうです。

とは言えオイルクレンジングに比べると乳化力は非常に低く、

厚塗りのメイクには対応出来ないと思います。

洗顔料としてであれば低刺激・低洗浄力の洗顔として使い道もありますが

クレンジングと行ってしまうと使い道がかなり限られてくる内容ですね。

ですが一般的なクレンジングリキッドに比べると

皮膚への負担は小さく内容も豪華です。

しかしその分お値段が高く使い道に乏しいという点から、

評点はあまり伸びませんでしたね。

ヒノコクレンズ/ヒノコスメティクス株式会社

:全成分表示
水、コカミドプロピルベタイン、タマリンドガム、ラウロアンホ酢酸Na、ベチレングリコール、ポリクオタニウム-51、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、BG、カラスムギ穀粒エキス、アロエベラ葉エキス、プルラン、ラウロイル加水分解シルクNa、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸Na、水添レシチン、リゾレシチン、白金、グルコン酸Na、メチルパラベン、プロピルバラベン、ポリソルベート80

:容量/価格
150ml/3575円(税込)

:謳い文句などできるだけ詳しい情報
アミノ酸とシルク由来の力で洗う、ノンオイルクレンジングリキッド
天然由来保湿成分(米セラミド)配合!!

泡立つクレンジングメイクの濃さによってクレンジング力を調節可能☆泡立てて朝の洗顔としてもお使いいただけます。
無香料、無着色、無鉱物油、エタノールフリー、石油系洗浄成分不使用
www.hinocosmetics.com

ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックで投票完了↓

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけのオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!(amazonで購入頂けます)

オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。
 

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11794401470.html?frm=themeより引用させて頂いております。