情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

パニック障害のデメリット

パニック障害のデメリット

パニック障害のメリットは見つかりましたか?

もしかしたらここで、自分で蓋をしていた、見ないようにしていた感情が出てくるかもしれません。

例えば、わたしがこれをやりたくないわけない!とか、こんな大切に思っている相手に負の感情を抱くわけない!とか、もしかしたら誰かになにかに気を使って「自分の意思ではないこと」を「自分で好んでしていること」と置き換えて言い聞かせている可能性があったりするのです。

以前にも記事にしたように、心の病になる方は心が繊細で、優しくて、自分のことよりも他人のことを優先させてしまったり、他人を不安にさせたくないがために自分の意思を飲みこみすぎて見えなくなってしまっていたりしています。

メリットを記載したら、となりにデメリットを箇条書きにしていきます。

1回目で、デメリットの方が大きく上回り、パニック障害でいる必要はない、と納得できればこの章はこれで完了、あなたには今あまり必要な章ではなかったということです。

でも、デメリットの方が断然に多いのに、メリットを手放すことに少しでも恐怖を抱いたら、それはまだパニック障害でいることに意味があるのです。

あなたを守ってくれるのが、パニック障害の役割でもあったりするからです。

例えば、仕事をしなくていい、っていうこともメリットにあげられました。
でも、わたしって本当に仕事がしたくないの?っていう疑問もわきました。
そうなったときは、仕事をしないメリットとデメリットを箇条書きにしていくのです。

これはなんにでも応用できて、なにか選択にまよったときには、メリットとデメリットを丁寧に、見栄や体裁は完全に排除して!箇条書きにしていき、自分を納得させてあげることができてから行動していくと緊張や不安は少しずつやわらいでいきます。

言い換えると、「自分会議」みたいな感じ。

心の病を抱えていると自分に自信がなくなり、選択することができなくなり、ついつい他人からアドバイスをもらってそれに従うことで安心してしまいます。

でもその安心は自分自身から湧き出ているものではないため長くは続かないので、またすぐに誰かに確認しなくてはいられなくなってしまいます。それを繰り返していくと日常生活のほんの小さな選択さえも、他人にゆだねるようになって常に他人の意見を求めるようになっていきます。

他人はあなたではないので、あなたが他人と同じ選択をしたからといってその人と同じようにはなりません。あなたの人生は、あなたからはじまりあなたで終わっていくのみ、他人になれる瞬間なんて人生の中で1秒もないのです。

あなたの選択はあなたにしか正解がだせません。

認知行動療法は、自分自身でオリジナルの選択をできるようになる手段でもあるのです。

誰の考えでもない、自分自身の本当の気持ちに従って自分を導いてあげられるようになっていくことが、パニックから解放される大きな道なのです。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/panicc/archives/1070219381.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »