ニッピコラーゲン スキンケアクリーム

アットコスメ 口コミ5.1の高評価!ニッピコラーゲン化粧品 スキンケアクリーム ナノアルファ

約2倍の保湿力を誇る生コラーゲンと、角質層の奥まで浸透するナノコラーゲンを贅沢に配合!
ニッピコラーゲン スキンケアクリームは、女子サッカー日本代表、なでしこジャパンの澤穂希選手CMの
ニッピコラーゲンの生コラーゲン配合の美容液で、一般的なコラーゲンは加熱処理してあるのに対して、
ニッピコラーゲン スキンケアクリームは、非加熱製法なんだそう・・・━━。+゜(*´∀`*)。+゜━━
ニッピコラーゲン スキンケアクリーム|オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOGコラーゲン業界におけるコラーゲン原料のシェアNo.1メーカー、ニッピコラーゲン化粧品は、
コラーゲンは、加熱をすると、元々の構造(三重らせん構造)がほどけてゼラチンとなり、
さらに加水分解すると分子が短く切断されてペプチドに変化してしまうことから
世界で初めて非加熱による抽出方法(“アルカリ可溶化”の特許技術)により、
生の状態でコラーゲンを抽出することに成功。
従って、生コラーゲンは、コラーゲンそのものの構造が壊れていないんだそう…♪(*´○`)o¶~~♪

….Ranking

にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

だから、ニッピコラーゲン スキンケアクリームは、肌にあるコラーゲンと同じコラーゲンが
そのまま化粧品になっているといて、その力は、一般的に使われているコラーゲンの2倍の保湿力。
ニッピコラーゲン スキンケアクリームは、化粧水でも、美容液でもない、クリームでもなく、
「化粧水の前の素肌につけることで肌の水分維持能力をつくる」という画期的なアイテム。
化粧水の前につけるだけで、保水力を高め、肌を守るスキンケアとして独自の位置づけヾ(*´∀`)ノ
写真②ニッピコラーゲン スキンケアクリーム|オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOGニッピコラーゲン スキンケアクリームは、生コラーゲンなので、クールで届き、冷蔵庫で保管の要冷蔵。
ちょっと固めのプルプルしたゼリーみたいなテクスチャーで、手の平でつぶすように広げていくと
溶けて吸い込まれていくような感触で浸透o(*´ε`*)o
エアコンの乾燥から来るダメージで肌が疲れてきてたけど、複合的にダメージをケアしてくれてる感じで、
浸透させた後のもちもち感と言ったら、自分史上最高の弾力かも・・・って思えるほど・・・(笑)
毛穴の開きもほぼ解消され、化粧のりもとても良く、ファンデがすーっと肌になじんで心地いい感触。
いつものスキンケアにこれ1本を加えるだけで肌の手触りが違ってるみたい!!!
その後の化粧水や美容液などの浸透力もアップしているのが実感できるし、
いつものお手入れにプラスでき、簡単だし、ニッピコラーゲン スキンケアクリームは継続決定!

公式HP>>ニッピコラーゲン化粧品

ニッピコラーゲン化粧品スキンケアクリーム ナノアルファ(15g)4,050円相当 ⇒ 1,260円!

ニッピコラーゲン化粧品スキンケアクリーム ナノアルファ 全成分
水、グリセリン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、塩化Na

オーガニックコスメ口コミ@LOHAS BLOG
ニッピコラーゲン化粧品とは・・・

株式会社ニッピコラーゲン化粧品は、1988年(昭和63年)6月に設立。
その歴史は、昭和30年代、株式会社ニッピがコラーゲンの研究を行ったところから始まりました。

その研究内容は、コラーゲンを水に溶かすという、可溶化の技術。
この研究は成功を果たし、水に溶けたコラーゲン、
つまりは体内に存在するコラーゲンと同じ状態のコラーゲンを、大量に製造することが可能に・・・
ニッピコラーゲン化粧品可溶化されたコラーゲンは、治療用被覆剤(やけどなどに使われます)や抜糸不要の手術用糸などの
医療分野だけでなく、食品などでも活用されるようになったのです。

そして、人に対して効果のあるコラーゲンはさらに研究され、化粧品の分野にまで発展。

ニッピでは、ニッピ・バイオマトリックス研究所を中心にコラーゲンの研究が行われ、
ニッピコラーゲンの化粧品は、コラーゲン・タンパク質本来の持つ保湿性と、
人に浸透しやすいという性質を利用して開発されたものが揃っています。
ニッピコラーゲン化粧品ニッピの「コラーゲン」製品の先進性と独自性を支えているのがバイオマトリックス研究所です。

「コラーゲン」を中心とした細胞外マトリックスの生化学・細胞生物学・生体工学的な研究を行っています。
世界に先駆けて「コラーゲン」の研究・開発に取り組み、
1963年に世界で初めて「コラーゲン」の抽出に成功し特許を取得して以来、世界の「コラーゲン」研究と
応用製品の開発をリードしています。
ニッピコラーゲン化粧品再生医療でも注目!!
ニッピの再生医療への取組みは、今から約50年前にすでに始まっていました。
50年前、「コラーゲン」を水に溶かしだす技術で特許を取得した西原富雄博士は、特許取得の4年後、
すでに「コラーゲン」を用いた人工血管の研究に着手。

西原博士は、この人工血管を医療用に製品化させるために渡米。
しかしながら当時は、「コラーゲン」自体ではなく、その周辺の技術レベルがおよばなかったために、
製品化までにはいたれませんでした。現在では、周辺の技術も発達したことにより、
あらためて「コラーゲン」が再生医療の分野で注目を集めるようになっています。

関連記事

こちらの記事はhttp://organic7cosme.blog.fc2.com/blog-entry-100.htmlより引用させて頂いております。