ナプラ ケアテクトOG シャンプーVC(ボリュームコントロール) 解析

2013-10-06 10:24:56
テーマ:

ナプラ ケアテクトOG シャンプーVC(ボリュームコントロール) 解析

        洗浄力:★★★☆☆    
      低刺激性:★★★★☆
      補修性能:★★★☆☆   
       しっとり感:★★★★☆  
      ハリコシ感:★★★☆☆    
     サラサラ感:★★★★☆   
     ふんわり感:★★★☆☆    
      さっぱり感:★★★☆☆  
ダメージヘア適正:★★★★☆   
スカルプケア適正:★★★★★ 
      価格適正:★★★★★(300ml:2100円) 

      総合評価:★★★★☆

ケアテクトのOG(オーガニック)シリーズのもう片方です。

こちらもAC同様に「オーガニック」というにはぼちぼちケミカリックな内容ですね。

またAC同様に相当迷走した作品であると言えます。

ベースが洗浄力の低いアミノ酸系スルホコハク酸で洗浄力を付加、

マイルド効果のラウラミドプロピルベタインに、

難溶成分分解作用のノニオン界面活性剤が配合されています。

これはケアテクトシリーズのセオリーどおりですね。

ACはノニオン界面活性剤が配合されていなかったので

ACより高い洗浄能力が見込めるでしょう。

配合が特に多いアラリアエスクレンタエキスは抗酸化性の高い海藻エキスです。

地肌にハリを与える効果もあるとされています。

ヒアルロン酸が抜かれた代わりにカチオン化トレハロースが配合されています。

ACと比べてもそれほど変化はない保湿作用でしょうね。

加水分解コンキオリンはハリと艶を与えるPPT成分。

ペリセアも配合され軽度の補修能力もあります。

あとはお得意の植物エキスで、

冒頭のアラリアエスクレンタエキスも相まって

頭皮ケアにもある程度の効果があるでしょう。

アルガンオイル・ホホバオイルなどの抗酸化油も一応配合されます。

こちらも総合的な性能は悪くないですが、

一体何が「ボリュームコントロール」なのかわからない点と、

正直な話ACと差別化でkるのは洗浄能力という点だけであり、

その他はこれといった個性も無くどういう局面で使用すれば良いか謎です。

こちらはACよりはホンの少しだけハリが出て、

洗浄力が高いです。

なんにせよ同じ価格でレギュラーやリペアがあるので、

これを試す意味はどこにもないかと思われます。

結局はオーガニックブームに乗り込んだだけの当て馬…

ということなのでしょう。

水,ココイルグルタミン酸TEA,スルホコハク酸ラウレス2Na,コカミドDEA,ラウラミノジプロピオン酸Na,ラウラミドプロピルベタイン,BG,ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース,セテアレス-60ミリスチルグリコール,アラリアエスクレンタエキス,トレハロースヒドロキシピロピルトリモニウムクロリド,加水分解コンキオリン,イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,グリコシルトレハロース,ノバラエキス,ラベンダーエキス,ローズマリーエキス,タイムエキス,セイヨウノコギリソウエキス,セージエキス,オリーブ油,アルガニアスピノサ核油,ホホバ種子油,ダマスクバラ花油,ダマスクバラエキス,ゼラニウム油,オトギリソウエキス,カミツレエキス,加水分解デンプン,PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油,DPG,PG,クエン酸,クエン酸Na,ポリクオタニム-7,ポリクオタニウム-10,オキシベンゾン-4,P EG-20,ソルビタンココエート,EDTA-2Na,安息香酸Na,メチルパラベン,プロピルパラベン,香料



ケアテクトレギュラーシャンプー

ケアテクトレギュラートリートメント

解析依頼はここから

ランキング投票にご協力ください(^-^)

投票は一日一回です!

↓画像クリックで投票完了です↓

モバイルのかたはこちら↓
にほんブログ村 美容情報

Twitterフォロワー募集中!
美容情報・ブログ更新情報配信中
↓こちらからフォローお願いします↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
相互フォローいたします!
 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11629234379.html?frm=themeより引用させて頂いております。