情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

チャコールとは

チャコールとは

チャコールの原材料は様々。ただの炭ではありません

チャコールとは

チャコールの原材料は様々。ただの炭ではありません!

目次

チャコールについて

チャコールとは、木などの物質が燃焼した後の残留物です。例えば木を燃やした時にガスや樹脂たんぱく質や脂肪など燃え去っていく。つまり、チャコールとは炭化した木のことを言います。

焦げた食べ物はチャコール?

結論から言います。焦げた食べ物はチャコールではありません。

ご存じのとおり焦げた食べ物は健康によくありませんし、発ガン性物質として作用することさえあります。それらはチャコールではありません。

本当のチャコールとは、高温において蒸気や空気のような酸化したガスの作用をうけるようにコントロールされながら燃えた木材や骨から作られます。この過程が材料の中に細かい気孔のある広範囲の網状組織を作り出すことによって吸着力が高まります。そして出来上がったものが「活性炭」となります。ブログでは活性炭をチャコールと称してご説明いたします。

「炭」と「活性炭」

昔から臭い取りや水の浄化など、不純物の吸着素材として利用されてきた「炭」。さまざまな有害物質を取り除く「活性炭」。

炭は木材などを加熱して作られます。炭の内部には微細な孔が無数にあり、孔の壁が大きな表面積を作りだしています。炭に水を通すと、不純物が細孔に入り不純物を吸着する効果により水がきれいになります。
一般に、1グラム当たりの炭の表面積は、300~500㎡といわれています。
これに対して活性炭は、炭などをさらに1,000℃近い高温で加熱処理して作られます。1グラム当たりの表面積は800~2,000㎡に達し、炭より圧倒的な吸着性能を誇ります。
樹木などが加熱されて炭になることを「炭化」。炭化物が加熱されて活性炭になることを「賦活(ふかつ)(活性化反応)」といいます。

チャコールの材料

熱帯雨林ののアカシア、ピヌス、堅木類、ユーカリ樹その他の樹木から良いチャコールが作られます。

木材パルプ、石油コークス、石炭、泥炭、おがくず、木炭、製紙工場の廃棄物、骨、ココナッツの殻など有機物の分解蒸留によっても作ることができます。ヤナギ、ユーカリ樹、松、樫類(カシワ、ナラ)その他のどんな種類の木材でも、十分チャコールの原料になります。

チャコールの種類と用途

チャコール(活性炭)の特性は、原料や賦活条件によって異なってくる。そのため、種々の方法で製造されたチャコールは、それぞれ吸着の特性も異なり、その多様性のためにそれぞれのチャコールがある特定の用途に適用されます。

●粉末状 チャコール(活性炭)
直径0.15mmより小さい粉末。直接接触してろ過する用途に用います。 単位量あたりの吸着量および吸着速度で優れますが、再生が困難というデメリットを持ちます。 医薬、工業薬品、醸造、浄水、排水、カイロなどに用いられます。

●粒状 チャコール(活性炭)
形や大きさ様々ありますが、一般的にはガス吸着、触媒、水処理等流動層、移動層として用いられます。

まとめ

実は身近なものからでもチャコールはできているんです。現代の日常ではどのような利用方法があるのかをご説明していきます。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://okashin.doorblog.jp/archives/whatcharcoal.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »