タマリス ソルティール クイックドライミスト 解析

2015-06-29 20:30:18
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

タマリス ソルティール クイックドライミスト 解析

 

タマリス ソルティール クイックドライミスト 200ml/タマリス
¥1,620
Amazon.co.jp

 

   皮膜力:★★☆☆☆ 
 しっとり感:★★★★☆      
 ハリコシ感:★★★☆☆    
サラサラ感:★★★★★   
ふんわり感:★★★☆☆  
     艷:★★★☆☆  
  補修力:★★★★☆   
  耐熱性:★★★★★
    重さ:とても軽い
   タイプ:ミスト
 価格適正:★★★★★(200g/1270-)
 

 総合評価:★★★★☆+

エタノールベースで速乾性が高く、

湿った髪の毛にスプレーすればより早く髪を乾かすことも出来ますし

乾燥した髪に寝ぐせ直しとして使うこともできます。

不要な溶剤は揮発して必要な成分のみが髪の毛に残る仕様のミスト系アウトバスです。

ただこの製品の面白いポイントは、

メドウフォーム-δ-ラクトン、γドコサラクトン

という『ラクトン誘導体』がメインとなっているということ。

この成分は60℃~80℃程度の熱に反応して

毛髪のダメージ部に吸着して擬似キューティクルを形成する成分です。

ドライヤーで乾燥させたりヘアアイロンを使うとより効果的に利用することができます。

またドライヤーやアイロンの熱から髪を守る働きもあります。

擬似キューティクルの皮膜は熱により定着するため、

単に上に乗っかっているにすぎないただの油とは違い

本当の意味の『補修』を実現することができます。

実際に定着したラクトン誘導体はサラサラ感を強める質感に仕上がるので、

このアウトバスも同様にサラサラの質感が強くなるでしょう。

ノンオイルなのでベタつきにくく、軽くて扱いやすい髪の毛に整えてくれます。

エタノールベースでかつ強めのカチオン界面活性剤も極微量ですが入っています。

その点でお肌に合わない方もいるかもしれない点はやや気になりますが

ラクトン誘導体の効果をダイレクトに発揮できるアウトバスとしては非常に画期的で面白いアイテムだと思います。

ダメージヘアや普段から熱処理を加える方にはとてもオススメしやすい製品だと思います。

200mLで1270円ととてもお求めやすいのも嬉しいですね。

 

 

 

 

 

●製品名 タマリス ソルティール クイックドライミスト/ブランド名 ソルティール

●全成分 水、エタノール、メドウフォームδラクトン、γドコサラクトン、ココイルアルギニンエチルPCA、ゼイン、ダイズステロール、トコフェロール、DPG、プロパンジオール、PEG-40水添ヒマシ油、クオタニウム-18、セトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、イソプロパノール、香料

●容量 200ml

●価格 1,270

●謳い文句 
速乾性★★★★★・ツヤ感★★★☆☆
・ウェットヘアを素早くドライ
・寝ぐせ直しやブローローションとして使用可能
・静電気による広がりを抑えるため、ウィンターシーズンにも最適
お出かけに華を添える「フレッシュフローラルの香り

引用元 Amazon

プロデュース化粧品第2段 『CeraVeil Skin wash』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/index.html
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

本も書かせていただきました!
    本
質問・ご意見はこちらの記事へ!

かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

 

 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12044016557.html?frm=themeより引用させて頂いております。