情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

セミナーに受講する方にしてきて欲しい練習

セミナーに受講する方にしてきて欲しい練習

今週末と来週末は、それぞれ東京と大阪でセミナーを開催します。

セミナーでは気功を教えますが、今回は事前に練習をしてきて欲しいと思います。

気功に練習は欠かせません。

セミナーを受講したとしても、練習しないと気功は上手くなりません。

料理の仕方を習っても、料理をしないと上達しないのと同じです。

練習はしましょう。

さて、セミナー受講前の練習ですが、決して難しい内容ではありません。

モノに触れずして、そのモノに触ったときの感触を想像する練習です。

たとえば机の表面を見て、その表面の感触を想像します。

デコボコ感や温度、摩擦の程度など、触ったときに得られるであろう体感を想像します。

その後に実際に触ってみて、想像した感触と近かったかどうかをチェックします。

やることはそれだけです。

今まで触ったことがないモノでも、触ったことがあるモノでもどちらでやっても構いません。

最初は想像した感触と違っても、やっている内に想像と実際の感触がかなり近づいてきます。

目で見た瞬間に、感触が飛び込んで来るようになったらかなりのレベルです。

この練習は手触りだけでなく、味でやるのもありです。

これから食べるものの味を、食べる前に想像してみる。

そして実際に食べてみて、想像通りだったかどうかをチェックします。

慣れてくると食べずして、かなり味が分かるようになってきます。

僕の気功仲間の一人は、目で見ただけでケーキなどスイーツの味を的確に言い当てることができます。

実際に食べている人よりも細かな表現で味を言い表すことができる達人です。

目指すはそれくらいのレベルです。

この練習はもちろん気功のための練習です。

気功は手で触れないものを、あたかも触っているかのように感じて操作する技術です。

たとえば胃のもたつきを解消したいとします。

その場合は胃のもたつきを、ドロドロした感じとか、くすんだ色などで感じ、そのドロドロ感を和らげたり、くすんだ色を透明にしたりすることで胃のもたつきを解消することができます。

胃のもたつきを手触りや色合いに変換(マッピング)することで、書き換えが容易になります。

手触りや色合いを変えることで代謝を良くすることができます。

それが身体性を持って情報を操作するということです。

それが気功でやっていることです。

五感情報に変換することさえできれば、書き換えは可能になります。

自分が変えたい現実を五感情報に変換して変更すれば、その現実は書き換わります。

その上達の一歩として、触れずして触感や味を想像する練習をしてきてください。

もちろん今回セミナーを受講しない人も、練習してみると気功の上達に繋がります。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://blog.livedoor.jp/healer_uta2/archives/21582166.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »