クラシエ ラメランスボディウォッシュ 解析

2018-05-17 18:28:33
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

クラシエ ラメランスボディウォッシュ 解析

 

 

   洗浄力:★★★★☆
   脱脂力:★★★☆☆
  低刺激性:★★★★☆
   保湿力:★★★★☆    
  さっぱり感:★☆☆☆☆
  しっとり感:★★★★☆
    泡立ち:★★★☆☆
敏感肌適性:★★★☆☆+

   価格適正:★★★★★(480mL:602円) 

 オススメ度:★★★☆☆+

 

 

こちらの製品は昨年秋頃に発売して

『ラメラ』を壊さず濃密な泡で優しく洗うボディウォッシュ

のキャッチコピーが特徴的で話題になっていました。

 

 

 

「ラメラを壊さない」とは一体どういうことなのか…など色々議論はありますが、

 

その辺は最後の方にまとめて書くとしてまずは成分を見ていきましょう。

 

 

 

 

本品の主成分の構成は以下のようになっています。

 

水、ラウリルグルコシドラウロイルアスパラギン酸NaコカミドプロピルベタインココイルメチルタウリンMg、グリセリン、ジステアリン酸グリコール、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドMEA…

 

メイン成分は「ラウリルグルコシド」という非イオン界面活性剤です。

 

非イオン界面活性剤は肌への刺激はほとんどありませんが泡立ちがあまり良くないので

 

ボディソープなどにはあまり使用されない成分です。

 

(また普通の石けん系ボディソープ等と組み合わせると脱脂力が上がり過ぎてしまうことがあるため、低刺激ながら主成分での採用はされにくい成分でした。)

 

 

しかし本商品では「ラウロイルアスパラギン酸NaコカミドプロピルベタインココイルメチルタウリンMg」などの

 

アミノ酸系界面活性剤両性イオン界面活性剤などの低刺激性の洗浄剤と組み合わせることで、

(タウリン系は厳密にはアミノ酸系ではないですが)

 

肌に負担なく洗える適度な洗浄力を再現しています。

 

 

つまりラウリルグルコシドの高めの脱脂力を、洗浄力の優しすぎるアミノ酸系洗浄剤などで相殺している感じですね。

 

 

 

このように非イオン系やアミノ酸系のみで洗浄成分を構成している商品は

 

実は市販のボディウォッシュとしては非常に珍しいもので、

 

価格的に考えるととても気合いが入っているなぁという印象です。

 

 

特に「ラウロイルアスパラギン酸Na」などのアミノ酸系洗浄剤は原料価格が高めなので、

 

これらの点は非常に評価できると言えそうです。

 

 

 

 

また本商品の大きな特徴は市販商品の価格帯ながら『セラミド』系の成分を多く配合しているということ。

 

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミド2、セラミド5、ミリスチン酸、クエン酸、PEG-4、エタノール、ポリクオタニウム-7、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-67、…

 

こちらの成分にある

 

「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)」は疑似セラミド

 

「セラミド2」、「セラミド5」はヒト型セラミドです。

 

 

セラミドとは肌の角層で『ラメラ構造』という特殊な構造を作って肌を守っているバリア物質です。

 

特にヒト型セラミドはとても高額の成分なので

 

市販価格帯の商品にこうやって入ってくるのは非常に珍しいです。

 

 

 

もちろん販売価格がお求め安いですから効果的な濃度が入っているか?

 

と言うと凄く微妙ですが、

 

入っていないよりは圧倒的に入っていた方が良い成分なのは事実。

 

 

「ラメラを壊さない」のコンセプトからもセラミドの配合は重要だと思います。

 

 

 

ここまで見る感じは洗浄成分とセラミド成分どちらもとても良い内容で、

 

正直褒める内容ばかりだったのですが…、、

 

 

 

 

 

 

しかしその一方でとても残念な蛇足ポイントがあります。

 

 

それは、この後ろに配合されている

 

「ポリクオタニウム-7、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-67」

などの『カチオン化ポリマー』の存在です。

 

 

実はこれらの成分はリンスやトリートメントの主成分である『陽イオン界面活性剤』の一種であり、

 

陽イオン界面活性剤を高分子にしたもので、

 

シャンプーなどと一緒に配合すると洗いながら柔軟効果を与えることができるという成分です。

 

 

 

ただその実カチオン化ポリマーとは洗った部分に吸着してしっとり質感を残しているだけで、

 

洗浄後にお湯で流してもキレイに流れてくれない残留性の成分なのです。

 

 

 

だからこういった成分が多く配合されているボディウォッシュは、

 

『とにかく洗い上がりがヌルヌルになる』

 

という大きなデメリットを持つのです。

 

 

 

このヌルヌルはシャンプーならある程度のしっとり感として感じるのですが、

 

ボディウォッシュだととても気持ち悪く感じてしまう要因になる場合があります。

 

 

 

しかも石けん系やラウレス硫酸系など洗浄力高めのボディソープなどと一緒に入っている場合であれば

 

しっかり流せばある程度流れるんですが、

 

このボディソープだと元の洗浄力もあんまり高くないのでカチオンポリマーの残留量も多く

 

これがとてもヌルヌルして感じてしまうのですね…。。

 

 

 

あとカチオン化ポリマーは敏感肌やアトピーなどの人には微弱な刺激となって痒みなどの原因になることがあります。

 

 

 

 

僕的には「洗浄力が優しすぎてさっぱり感を感じにくい」というのは歓迎されるべきことだと思ってます。

 

世間一般にみんな洗い過ぎの傾向がありますので、

 

肌本来の保湿成分を多少残して洗い上げる方が肌には優しいです。

 

 

でも「ヌルヌル成分が肌に残るからさっぱり感がない」というのはあまり褒められるべきことではないと思います。

 

洗浄力を上手く調節すればわざわざ人工的な成分でしっとり感を演出しなくてもいいはずです。

 

 

 

正直な感想ですが、

 

主成分をここまで優しく作ったのにこのカチオン化ポリマーを入れたことで

 

とてももったいない使用感になっているのでは?と個人的に思っています。

 

カチポリは全部思い切って抜いてしまった方が多分みんなハッピーになる気がするんですよね…。。

 

 

 

 

というわけで成分の講評をまとめると

  • 主成分やセラミドなどはとても良く、基本的には低刺激の成分構成
  • 価格適正は非常に優秀
  • ただしカチオン化ポリマーのおかげでヌルヌル使用感と微弱刺激が発生するかも
  • (ヌルヌル感に目をつぶれば市販ボディソープの中ではかなり良品)

という感じになります。

 

 

 

メインの内容は悪くないだけにとても残念なできあがりですよね。

 

(なんで最近の市販ボディソープはカチポリたっぷり入れたがるのか不思議でなりません。。)

 

 

 

 

ところで「ラメラを壊さない」というキャッチコピーについてですが、

 

これもちょっと優良誤認的な雰囲気があるように僕は感じています。

 

 

 

いかに非イオン系ベース、アミノ酸系の洗浄成分を主成分に配合しようとも、

 

やはり洗浄剤である以上は角層表面のラメラ構造を多少は乱してしまうものだと思います。

 

セラミドは水やお湯をかけるだけでも若干は流出してしまうと言われているのに、

 

洗剤がこれを一切破壊しないなんてことはちょっと考えにくいですね。

 

 

 

「ラメラを守りながら洗う」という表現はありだと思いますが、

 

「ラメラを壊さない」はやや言い過ぎではないでしょうか。

ちなみに製品の背面表記に

 

「今までの洗う成分は、大切なラメラを壊していました。」

 

とあって下の方に小さく「※当社ボディソープ従来品」と書いてあるのは少しシュールですね…。。苦笑

 

 

広告として他社製品をディスると比較広告になってしまうのでこう書くしかないんですが、

 

こういうのを見ると「今までの商品使ってた人からしたら嫌な感じがしないかな?」という風にも思ってしまいます。

 

 

キャッチコピーやこれも含めてちょっと攻めすぎ感の否めない広告内容になっていると感じました。

(本品購入済み/使用感チェック済み)

■製品の名称
ラメランス ボディウォッシュ (アクアティックホワイトフローラル / プレシャスローズブーケ)

■ブランド
クラシエホームプロダクツ

■全成分表示
:水、ラウリルグルコシド、ラウロイルアスパラギン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンMg、グリセリン、ジステアリン酸グリコール、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドMEA、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミド2、セラミド5、ミリスチン酸、クエン酸、PEG-4、エタノール、ポリクオタニウム-7、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-67、PEG-7M、炭酸Na、ピロ亜硫酸Na、カラメル、BG、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、コレステロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料
※どちらの香りも成分表示は同じ

■容量
480mL / 詰替用360ml / ミニパウチ 60ml

■価格
オープン価格
実売は、700円 / 500円 / 100円程度の模様

■謳い文句など出来るだけ詳しい情報
世界初!の洗浄技術「ラメランス テクノロジー」を開発
お風呂上がりの保湿がいらない肌へ

【商品特長】
世界初の洗浄技術「ラメランス テクノロジー」を応用したボディ洗浄料
お肌のうるおいに大切な「ラメラ」を壊さずに洗えます。お風呂あがりの保湿がいらない肌へと導き、しっとりうるおいます。
・「ラメラプロテクト洗浄成分」 (ラウロイルアスパラギン酸Na)
特長的な構造を持つ洗浄成分により、「ラメラ」に浸入しない洗浄を実現。肌のうるおいに欠かせない「ラメラ」を守りながら、濃密な泡でやさしく洗い上げます。
・「ラメラモイスチャーEX」 (ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミド2、セラミド5)
角質層内の壊れたラメラ構造の隙間を埋めて、肌にうるおいを閉じ込めます。

プロデュース最新作 『CeraBright Shampoo & Treatment』 発売!!詳しくはこちら!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介ページ

セラヴェールクレンジング 紹介ページ

セラシエルレッドプロテクトジェル 紹介ページ

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ

 

【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!詳しくはこちら!

 

【できるオンナは「手」を捨てない】 4月2日発売!!【詳しくはこちら!

【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】 4月19日発売!!【詳しくはこちら!

   コスメ、カバー、帯あり 

ベストセラー7万部突破!【オトナ女子のための美肌図鑑】の紹介

大好評につき改訂復刊!【化学者が美肌コスメを選んだら】の紹介

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12376687075.html?frm=themeより引用させて頂いております。