エラ削り + 下顎骨外板切除  術後約半年再診時

エラ削り + 下顎骨外板切除  術後約半年再診時

今日は大東亜戦争中の1944年 グアム島における米軍との戦いにおいて日本軍守備隊の組織的反攻が壊滅し玉砕した日になります。 米軍占領下のグアムで最後まで投降しなかった日本兵は1972年に発見された横井庄一伍長になります。
本日ご紹介の患者さんはエラ(下顎角部)をすっきりさせたい とのご希望にて エラ削り+ 外板切除 をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。
上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_04262045.jpg
ご感想は「腫れも落ち着き細くなったと思います。 しびれなどもなく術前と同じような感覚になりました。」とのことで
合併症等も一切なく「大満足(5/5)」と順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。
エラ削り+ 外板切除のベネフィット
・エラ(下顎角部)部分が正面からみても斜めから見てもすっきりします。
エラ削り+ 外板切除のデメリット・リスク
・下歯槽神経障害により下顎の感覚麻痺が生じる可能性があります。
・全身麻酔のリスクがあります。
先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04344500.jpgありがとうございます。
どうかお気を遣わないでください。


#imgYdn div { border: none !important; }
#imgYdn div div { padding-top: 15px !important; }
#imgYdn div div a { border-bottom: none !important; }
#imgYdn div a:hover { background: #ffc!important; text-decoration: none!important; }
#imgYdn div dt { text-decoration: none!important; }
#imgYdn div div p { font-size: 10px!important; }
#imgYdn div p a { color: #919191!important; font-family: Verdana, Arial, sans-serif; }
#imgYdn div p a:hover { background: none!important; border-bottom: none; }
#imgYdn dt + dd { padding: 2px 0 3px!important; font-size: 11px!important;
font-family: Arial, sans-serif;
filter: alpha(opacity=60); zoom: 1; -moz-opacity: 0.60; opacity: 0.60; }


by shirayuribeauty
| 2019-08-10 23:25
| 美容外科

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://shirabeau.exblog.jp/27733554