インターネットの伝言ゲーム

2014-08-02 17:03:39
テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。

↓クリックで投票完了↓

インターネットではいろんな「噂」が一人歩きします。

例えば

「合成界面活性剤は危険!」

という類のものですね。

合成界面活性剤にも色々な種類のものがあり、

確かに歴史的に見れば

分岐鎖アルキルベンゼンスルホン酸Naや、

ポリオキシエチレンフェニルエーテルなど…

世界的に問題視されたものが無かったわけではありません。

これらの合成界面活性剤は

『生分解性』に問題があったり、

『環境ホルモン』の疑いがあったり、

かつて大きく問題となりました。

そういう事例が全くなかったわけではないので、

手放しに

『合成界面活性剤は全く無毒だ』

という表現は出来ないわけです。

しかし事実上は

現在我々の身近に用いられている合成界面活性剤類は

長期的に使用しても生体毒性を持つものはほぼ存在せず、

肌への一時的な刺激などを除けば

十分安全に使用できるものばかりです。

これは合成界面活性剤だけに始まらず、

現在インターネットをベースに蔓延している

様々な化学物質の危険性情報に共通して言えます。


『パラベン』
は確かに高濃度で使用すれば皮膚に刺激を与え、

裂傷に作用させればごく低い確率でアレルギーの原因になります。

『オキシベンゾン』『コカミドDEA』

などの一部の化学物質は

過剰量でラットやマウスなどに投与し続けると、

発がん性を促したなどの情報もあります。

これらの情報は嘘ではありません。

確かにそのような事実はあります。

ですがどれも『過剰量での投与』とか、

我々の通常の生活に置き換えて考えれば

有り得ないような条件での結果なのです。

これらの物質は、

化粧品の添加物として極微量配合されている場合には

その危険性はほとんど無視できるものです。

『化学物質の安全性』を語る際に、

ある程度の学識者は

「○○は絶対に安全である」

という表現は絶対にしません。

「○○は一定の安全性が確認されている」

とか、

「××はほぼ安全である」

とか、

わざとちょったぼやかした言い方をします。

例えば「パラベン」なんかは、

僕は本当に安全だと思います。

ですが実際にデータを収集していくと

確かにごく低い確率ですがアレルギーの報告はあります。

つまり100%安全とは言えないのは確実です。

これはどのような物質にも共通して言えます。

どんなに「安全性が高い」と言われる化学物質も、

過剰量で摂取すれば必ず毒になりますし、

僕たちが普段普通に口にしている栄養素ですら同様なのです。

どんなものでも、

100%安全とは言えません。

これは化学物質のリスク管理の一定の知識がある人間であれば、

共通の見解・常識です。

ですが、

一般人にとってこの表現って、

すこし引っかかりませんか?

「合成界面活性剤のポリオキシエチレラウリルエーテルは、

 一般毒性試験で一定の安全性が確認されている。」

一般消費者が↑のような表現を見たとき、

この表現について抱く感想は大きく2パターンに分割されます。

「ああなるほどこの物質は十分安全なんだな」

「一定ということは一部は危険なのかな」

という風に受け取ります。

おそらくこの時の感想の抱き方は

前者後者で五分五分といったところです。

前者のように受け取った場合は問題はありませんが、

後者のように受け取った人が

もしインターネットでこの情報を

どこかの掲示板やSNSなどで発信する場合

どのような表現に変換されるでしょう。

例えば

「ポリオキシエチレンラウリルエーテルは
 最低限の安全性しか確認されていないみたいだよ」

のように書き込んでしまったとしたら、

今度はこの表現を見たほとんどの人は、

「これは安全なんだ!」

という感想は抱かないでしょう。

このようにして、

インターネットのように情報の正当性が不確かな媒体では

本来の情報がどんどん形を変えていき、

最終的には

「ほぼ安全」「かなり危険」

に変わってしまうことがあるのです。

これはまるで、

「失敗した伝言ゲーム」

のようですね。

そもそも化学物質だけでなく、

「危険だ!」というのは非常に簡単です。

なぜなら、

可能性の段階でも「危険だ!」と言って使用をやめさせてしまえば、

もしそれが冤罪だったとしても

それを確かめる術はありませんし

もし確かめられたとしてもさして非難されることはありません。

ですが

「安全だ!」

と主張していたのに大きな健康影響を引き起こしてしまったら?

それは取り返しのつかないことになってしまいます。

だから化学者は基本的に

「100%安全だ」

なんていう言い方は絶対に出来ないわけです。

でもそれを誤って解釈してしまうと、

大きく本旨を外れた理解をしてしまい

気にする必要のないものに神経質になり、

本当に気にするべきものを見逃してしまうことにもなりかねません。

まぁ

マスコミなんかもこういう情報が大好きで、

学者がそういう表現をすると

ここぞとばかりにそこに付け入ってあれこれ揚げ足を取り出します…。

まぁ

「安全だ!」という情報よりも

「危険だ!」という情報の方が、

消費者の興味を引きやすいから…

ということでもあるのでしょうけどね。

マスコミの情報は本当に偏っていることがあるので、

特に化学物質など超高度の専門性を必要とする情報に関しては

絶対に鵜呑みにしてはいけません。


マスコミを牛耳っている連中は、

決して「専門家」ではないのですから…。


ランキングの投票にぜひご協力ください!
(投票は一日一回)

↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから

※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!

詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ

かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!

定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。

ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。

上記アイコンからのフォローをお待ちしています!

必ずリフォローいたします。

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11903750209.html?frm=themeより引用させて頂いております。