アマトラ クゥオ ヘアバス 解析

2014-06-06 06:13:26
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

アマトラ クゥオ ヘアバス 解析

 

 


Amazon.co.jp

 

 

 

        洗浄力:★★★☆☆  
      低刺激性:★★★★☆   
      補修性能:★★★★☆                 
       しっとり感:★★★★☆   
      ハリコシ感:★★★☆☆              
      サラサラ感:★★★☆☆     
     ふんわり感:★★★★☆   
       さっぱり感:★★☆☆☆ 
ダメージヘア適正:★★★★☆         
スカルプケア適正:★★★★☆   
      価格適正:★★★☆☆ (400ml:4410円程度)
  
      総合評価:★★★★☆
 

 

 

洗浄剤はアミノ酸系洗剤の

ラウロイルメチルアラニンNa

が基本になっています。

そこに両性界面活性剤と非イオン系の発泡剤が添加されています。

保湿剤のBGを挟んで、

PEG-15ココポリアミン

非イオン系の擬似カチオン界面活性剤です。

毛髪になめらかさを与える成分ですね。

正味の電荷をもたないので刺激になりませんし、

かつポリマーなので洗剤の洗浄力を阻害しません。

今後注目のコンディショニング剤です。

ポリクオタニウム-10はカチオン化セルロースで、

シャンプーの洗い上がりの指通りやきしみ感を低減します。

配合が多そうに見えますが、

防腐剤のメチルパラベンがすぐそこにあることを見ると

配合はあまり多くないのかもしれませんね。

少し新しいリンスインシャンプーのような感じになっていますね。

ココポリアミンの効果でストレスの小さい洗い上がりになるでしょう。

あとはヘマチンが配合されているようですね。

カラーの退色防止やパーマの持ち向上、

活性酸素除去や残留アルカリ剤・還元剤の除去に効果的です。

毛髪の補強効果も若干持つので、

ボリュームを底上げすることもできます。

サロンでのアフターケアシャンプーとしての側面がありますね。

エキス類の配合も見えますが、

これは極微量配合だと思うので効果はほぼ無視して結構でしょう。

表面上は悪くないシャンプーです。

一応適度な洗浄性にヘマチンによる効能を持っています。

ただこうなると同様の効果を持った

ケアテクトHBカラーシャンプーと比較せざるを得なくなりますね(^_^;)

ケラチンや様々な有効成分をさらに配合しているケアテクトの

その有効性コストパフォーマンスを前にすると、

どうしても一気に平凡な一本に見えてしまいます。

巨大なライバルのおかげで影が薄い一品です。

アマトラクゥオヘアバス

400ml/4410円

髪と地肌にやさしいアミノ酸系シャンプー一般的な石油系のものと、プロが使うアミノ酸系のシャンプーやトリートメントでは洗い上がりが全く違います。クゥオはこれまでのアミノ酸系シャンプーを超えるきめ細やかな泡立ちを実現。地肌の乾燥をケアする保湿力はキープし、余分な皮脂の汚れを落とします。だからフルボ酸やヘマチンの成分が地肌の内部まで浸透。またアロエをはじめとした10種類のハーブが地肌をいたわります。

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、BG、PEG-15ココポリアミン、フムスエキス、ポリクオタニウム-10、ヘマチン、エタノール、メチルパラベン、ジメチルPABAオクチル、クエン酸、香料、アロエフェロックス葉エキス、ベルガモット果実油、アルニカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、スギナエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス

 

 

 

ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

 

 

 

 

 

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11871758947.html?frm=themeより引用させて頂いております。