情報量NO.1の美容ブログまとめランキンサイト!!
ブログ

もう少し、身長を伸ばすためには・・・

もう少し、身長を伸ばすためには・・・

私の経験から・・・

 私自身、子どもの頃から小柄であり、背の高くて体が大きいガキ大将のような級友からイジメにあっても勝ち目はなく、とても悔しい経験をした記憶があります。朝礼で並んだときでも、一番前から2,3番目。いつも、「どうしたら、背が高くなって大きな体になれるのだろう」といつも考えていました。
身長測定
 そこで、いろいろと本を読み調べてみると、身長を伸ばすためには、「カルシウム」と「タンパク質」が必要であることがわかったのです。でも、当時のわが家では収入が不安定であり、経済的に貧しい状況であったため、食事について注文を出すことについてためらっていました。当時は、サプリメントなど無い時代であったため、カルシウムとタンパク質が含まれていて比較的安い魚の「イワシ」が良いということがわかりました。ある日、母にだけは、身長が低くて悩んでいる自分の悩みを打ち明けました。母は理解してくれ、毎日イワシを食べさせてくれました。

 毎日イワシを骨ごと食べ続け、毎朝30分早く起きて、高くぶら下げたボールを手で打つジャンプ運動をしました。その甲斐あってか、高校生になった私の身長は、ようやく当初の目標であった170cmに達することができました。

理想の身長からは「まだまだ足りない!」と思っている男子が多い

 私の当時の理由は、「バカにされたくない!」,「ケンカしても負けたくない!」という動機でしたが、現在はそうではないようですね。最近の男子の身長を伸ばしたい理由としては、

・周りの男子と比べて目線が少し低いから。
・180cm近くないとファッションでカッコつけられないから。
・高身長の方がスポーツで有利だから。
・欧米の男性と比較しても、小さいと思われたくないから。
・ハイヒールの女性と並んで歩くことを考えて・・・。

等々があげられているようですね。

身長を伸ばすためには・・・

 身長を伸ばす上で大切なのは、バランスの良い食事で栄養をしっかり摂り、適度な運動、夜は十分な睡眠をとること。基本的なことですが、これらは非常に重要な要素であり、この3つの全てが成長には必要不可欠なのですね。

 身長を伸ばすために、多くの方がまず最初に思いつくことは、「毎日、牛乳を飲む」ではないでしょうか?牛乳には、カルシウムとタンバク質などの栄養が豊富に含まれていますから。成長期にタンパク質不足になると、発育障害の原因になることもあり新陳代謝や成長に欠かせません。でも、カルシウムは主に小腸で吸収されるのですが、吸収率は成人で2030%とあまり高くありません。そして、胃腸が弱い人にとって牛乳を毎日飲むことは困難かも知れませんね。

 また、亜鉛は、100種類以上の酵素の構成成分として、DNAやタンパク質の合成に関わり、新しい細胞形成に重要な役割を担っています。

 ジャンプやウォーキングなどの運動により、骨の骨端線(こったんせん)に刺激を与えることは、骨の成長、つまりは、身長の伸びを促すようです。骨端線とは、発育期に、骨の端に成長軟骨と呼ばれる成長をつかさどる軟骨層があり、エックス線写真では、この部分が細い隙間として見えます。ジャンプしたり、走ったりといった単純な動きで、軟骨の組織が刺激され、その刺激によって骨端軟骨が成長していくのです。
骨端線
 そしてもう一つ重要なことは、「睡眠」です。寝ついてから最初の深い眠りのときに、成長ホルモンがたくさん分泌されるようです。成長ホルモンは、夜10時~2時に一番分泌されるといわれており、背を伸ばしたかったらその時間は寝ている必要があります。なお、夜寝る直前に何か食べると、エネルギーが消化に使われてしまい、身体の成長をさまたげてしまうようです。効率良くエネルギーを使うには、寝る3時間前までに食事を済ませるといいですね。

 でも、現在では身長を伸ばすための研究が進んでおり、サプリメントによる必要な栄養素の摂取が効率的のようですね。

 【背を伸ばす】とは、キチンと体作りをする事で初めて実現できるようです。
誤った情報や偏った情報も溢れている中、正しく体づくりを進める情報や商品を提供してくれるところはどうやって判断すればよいのでしょうか?

 『 あとほんの2~3cmだけでも背が高ければいいのに!! 』こういう声を良く耳にします。背を伸ばしたい悩みは非常に大きく、背が低いと思っている事で自分に自信が持てなかったり、どこかに劣等感を抱えてしまい消極的になって、成長期を過ぎたその後の人生にも大きな影響を与えてしまう事もあるのではないでしょうか。でも、「正しい体づくり」とは?

 いろいろと調べてみると、身長が伸びるためには、「成長ホルモン」,「骨の働き」,「骨や体の材料」の体づくりに不可欠な3要素があるようです。

 体の成長途上にあり、骨の成長部位が残る若い方達(10代~20代前半くらいの方々)にとって、きちんとした体づくりはそのまま身長アップにも繋がりますよ。



by トニー

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://healthy-aging.blog.jp/archives/21389812.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

コメントを残す

PAGETOP
Copyright © まとめランキング美容ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »