なんでも濃ければ良いというもんじゃない。「原液コスメ」についての話

2019-04-10 17:01:33
テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

先日行きつけの美容室に行ったとき、担当の美容師さんとこういうお話をしてました。

 

 

なんでも今使ってる化粧品が、いくつかの美容成分の「原液」を直接塗布する化粧品だそうで、

 

確かにお肌にハリが出てきた感じもあるんだけど

 

付ける時に毎回すごくヒリヒリするのが気になってる…

 

というご相談をされたんです。

(あと凄く値段が高いんですって。苦笑)

 

 

 

 

これね、「原液コスメ」あるあるですから…(^-^;)

 

 

 

実はこのブログでも何度か説明済みではあるのですが、

 

今日はこの「原液コスメ」について再度振り返ってみたいと思います。

 

 

 

◎成分100%は「粉末」のはず…!? 「~○○100%原液」のカラクリ

 

色々化粧品を調べているとですね、例えば

 

「プランセンタエキス100%原液」とか、「ヒアルロン酸100%原液」とか、

 

「ビタミンC誘導体原液」みたいなものを目にする機会があります。

 

 

聞いたことがある人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

しかし…

 

これ、ちょっと化粧品に詳しくなると

 

もう、めちゃくちゃ不思議なアイテムに感じるんですよね…。。

 

 

なんでかというと、

 

そもそも「プラセンタエキス」も「ヒアルロン酸」も「ビタミンC誘導体」も、

 

全部原型は【粉末】なんですよ。

 

例えばこれ↓は【ヒアルロン酸Na】の原末です。

 

image

image

これならほぼ100%と言えるかもしれませんが、

 

そもそもこういった成分って100%の純度まで精製するのは凄く難しいので

 

原料メーカーが100%と言って売っていることってあんまりありません。

 

 

 

↓これは「リン酸-L-アスコルビン酸Na」というビタミンC誘導体の原末です。

image

image

このようにこちらの成分も原型は粉末です。

(これも100%と言えるかどうかは怪しい)

 

 

 

あとプラセンタエキスやその他いろいろな成分の殆どは原型は粉末です。

 

フラーレン、EGF、各植物エキス、アミノ酸類とか大体のものは粉末ですね。

 

 

 

液体のものというと脂溶性ビタミンのいくつかとかグリセリンやBGなどの水性基剤や油性成分等があります。

 

 

 

で、そもそもの原型が【粉末】なのに、

 

【原液100%】などと言っていたとしたらこれは不思議な物質ではないでしょうか。

 

 

超高温で融解させているか超高圧で状態を変化させているということでしょうか…。笑

 

 

…まぁそういう冗談は置いておいて、これには非常にくだらないカラクリがあります。

 

 

 

 

 

例えば、これは「ハトムギエキス」の原液です。

 

image

え、じゃあ「ハトムギエキス」という成分は液体なの??

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いいえ、ハトムギエキスも原型は粉末です。

 

 

この原液の小瓶の表示をよく見ると

image

【成分】 水、BG、ハトムギ種子エキス

 

と書いてあります。

 

 

 

つまりこの「ハトムギエキス」には「ハトムギ種子エキス」の他にも「水」と「BG」という成分が別個含まれているのです。

 

 

イコール、これはハトムギエキス100%ではなく、「ハトムギエキスを水とBGで薄めたもの」であるということが分かります。

 

 

しかしこのアイテムを「ハトムギエキス原液」として販売することは事実上可能なんです。

 

 

 

なぜかというと、

 

原料メーカーがこのような形でハトムギエキスの原料を販売していれば

 

この原料をそのままパッケージだけ整えて販売することで

 

「ハトムギエキス原料の原液」という意味で販売できるからです。

 

 

 

 

ハトムギエキスなんていうのは本来化粧品には0.1%以下くらいの濃度でしか配合しないので

 

予め1%くらいの濃度のものを販売しておくほうが製造メーカーも配合が楽ですし色々利があるんですね。

 

 

だからこういった

 

【予め成分を薄めてある原料】が【○○原料の100%原液】という意味で販売されいる

 

というのがこの「原液コスメ」のカラクリです。

 

非常にくだらないでしょ(;^_^A

 

 

 

 

◎「原液」であっても本当に濃度が高いかどうかは分からない

 

 

で、こうなると

 

原料メーカーがどのくらいの濃度でその液体原料を調剤しているかでその成分の濃度が決まってしまいます。

 

こういった液体原液には別に濃度の規定は存在しないため

 

10%でも1%でも0.1%でも、0.01%でも「原液」という言葉が使えてしまいます。

 

 

そのため「原液」だからといって本当に高濃度かどうかは実質分からないんですよね。

 

 

(まぁ原料そのままであればそれなりの濃度のものが多いとは思いますが…)

 

 

 

◎どんなに良い成分でも濃度が高いほど肌に良いというわけではない!

 

 

 

 

そして冒頭の話に戻るのですが、

 

こういった「原液コスメ」の1番の弱点は何かというと

 

圧倒的に【刺激】が出やすいという点です。

 

 

 

そもそも、成分原料の原液は化粧品にはかなり薄めて配合するのを前提に作られています。

(それこそ1%とか0.1%とか)

 

 

そのため成分そのものの濃度自体も普通に使う濃度に比べて非常に濃い濃度のため

 

当たり前ですがこれを直接肌に付ければ

 

濃度が高すぎて逆に刺激になってしまうことがあります。

 

 

 

プラセンタは比較的刺激になりにくい成分ですが、

 

ビタミン系とかはかなり刺激が出やすいので原液そのまま使えばかなりの高確率で肌が刺激に負けてしまいます。

 

 

 

他にも、

 

美容成分そのものよりも添加されている防腐剤や乳化剤が濃すぎて刺激になるケースもあります。

 

 

たとえばこちらの

 

プラセンタエキス(ファルコニックス PC-1)

 

 

という成分には、プラセンタエキスの他に基剤の「水」「BG」に加えて

 

「メチルパラベン」「プロピルパラベン」が防腐剤として予め加えられています。

 

 

この防腐剤が実際何%入っているかは分かりませんが、

 

原料の品質安定のために配合されている場合は防腐剤は比較的多めに配合されていることが多いので

 

そのまま使用すると防腐剤濃度が濃すぎて刺激になってしまうというケースもあります。

 

 

 

あとは肌に優しくて敏感肌ケアに最適といわれる【セラミド】も、

 

これは水にも油にも非常に溶けにくい成分のため高濃度で配合するためには乳化剤を多く配合しなければなりません。

 

実質のセラミド量よりも乳化剤の方が必要な量が多い場合もあるため、

 

セラミドをあまりに高濃度にし過ぎると肌刺激が出てしまうこともあります。

 

(これ、僕も今試験的にセラミド高濃度の化粧品を作ってるのですが、刺激にならない最大濃度の見極めが非常に難しいなと悪戦苦闘しています…;)

 

 

 

 

 

どんな化粧品成分も肌に最も良い影響を与えるのには「最適濃度」があり、常に高ければ高い濃度であれば良い…というのは大きな誤解

 

ということです。

 

 

 

 

◎化粧品の美容成分は料理における「調味料」と似ている

 

 

その時美容師さんにもこんな例え話をしたのですが、

 

「料理に使ったときにどんなに美味しい味の調味料があったとしても、

 

それを原液や原末のまま飲んだり食べたりしても味が濃すぎて美味しくないでしょう。

 

逆に醤油や塩や砂糖はそのまま食べてもそんなに美味しくないけど、

 

適切な量を上手に組み合わせるととても美味しい味付けができます。

 

化粧品もいくつかの美容成分を適切な濃度で上手く組み合わせて作るから良い化粧品が出来上がるのであって、

 

原液そのものを直接付けても本来の恩恵は得られません。」

 

と。

 

化粧品ってお料理の考え方とよく似ているので、美容成分を調味料に転化して考えて見ると分かりやすいのではと思いこんな説明をしました。

 

 

なるほど!めちゃくちゃ分かりやすい!!ととても納得してくださいました(*^_^*)

 

 

 

 

まぁ刺激になりさえしなければ良い影響があることも稀にはあるので、

 

ヒリヒリを感じることがないのであれば継続しても良いかもしれません。

 

 

ただ、個人的には「化粧品」というのはあくまでお肌の機能をサポートするためのアイテムであって、

 

の機能に成り代わるくらいの強い効果を求めていくのはちょっと違うのかなと考えています。

 

 

 

高濃度に魅力を感じる気持ちは分からなくはないですが、

 

「適切な量と濃度」が化粧品には最も重要なのではと僕は思います。

 

値段が高すぎて続けられないというのも本末転倒ですしね。

【セラネージュUVクリーム】&【セラキュアスキンクリーム】が新発売!!【詳しくはこちら

オンラインストアURL:http://cores-ec.com/

ストアバナー3 

セラキュア ローション&エッセンス 紹介ページ 

セラヴェール スキンウォッシュ 紹介ページ 

セラヴェール プラチナムクレンジング 紹介ページ 

セラシエル レッドプロテクトジェル 紹介ページ 

セラブライトシャンプー&トリートメント 紹介ページ 

セラブライト ケミカルリペア 紹介ページ

セラネージュ UVクリーム 紹介ページ

セラキュア スキンクリーム 紹介ページ

 

【秒でわかる!最強の家事-暮らしは、化学でラクになる】 12月25日発売!【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美容化学 しない美容】 大好評発売中!!【詳しくはこちら!

【オトナ女子のための美肌図鑑】ベストセラー10万部突破!【詳しくはこちら!

      

究極の美肌法を徹底収録!【どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア】の紹介 

かずのすけがマンガに!【かずのすけ式美肌化学のルール】の紹介 

大好評につき改訂復刊!【化学者が美肌コスメを選んだら】の紹介

 

<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら!

 

<ネイリスト様向けセミナー>
特別顧問をさせて頂いています!→詳しくはこちら!

ANSEM公式ホームページ

【かずのすけのおすすめ化粧品まとめページ】
かずのすけが実際に使用している商品や四つ星&五つ星の商品をまとめています!
詳しい利用法について→こちら
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!

(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

最近の人気記事一覧

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-12453344419.html?frm=themeより引用させて頂いております。