かずのすけ的 市販で安心のメーカーさんといえば…(ヘアケア編)

2014-04-25 13:42:28
テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

そういえば以前アンケートをした時に

「サロン専売品じゃなくて市販品などでもおすすめを教えて欲しい」

という旨のコメントを頂きました。

昨今ではインターネットのショッピングシステムが発展したので

ほとんどのものはネットで購入ができるのですが、

やはりまだネットショップ自体に警戒心を持っている方もいらっしゃるようです。

(昨日の記事でも書いてますが、

インターネットを信用仕切るのは危険な点がありますし…)

ただ僕がネットショップのものばかり扱うのは、

別にネットショップ推しだからとか

市販が嫌いだからとか

趣味嗜好の問題ではないんです^^;

市販に出回る商品というのは

基本的に原価率を落として宣伝費をかけている大企業の製品ばかりです。

原価率が落ちているのでやはり単純に

良いものがない

のです。

化粧品の種類によってはもはや評価するのもはばかるようなものまであります。

なので結局

原価率が高く宣伝費もあまりかけていないサロン専売メーカーのものを

このブログでは扱うケースが多いです。

(単に評価すると良い点数がつくのがサロン専売品ばかりということです)

そんな中ではありますが、

もしかずのすけが市販のメーカーしか買えない!

となった場合どこのメーカーを使うのか?

ということを考えてみました。

これまで数百の化粧品を比べてきたかずのすけならではの、

安心の市販メーカーさん

を本日大公開します(*^^*)

◎ヘアケア部門

さて、ヘアケア部門で僕が市販でとりあえず安心と思っているメーカーについてです。

市販ヘアケアメーカーと言うと大手ではP&Gとか花王とかがありますが、

大手のメーカーさんは大概ちょっと小狡いところがあります…(苦笑)

まぁご家庭のTVCMでよく流れているメーカーはあまりおすすめではないと言えますね。

そんな微妙な市販メーカーの中で僕が「ここなら…」

と言えるメーカーさんと言えば、

やはり「クラシエ」さんでしょうか。

さてクラシエさんと言えば

有名どころは

「いち髪」シリーズ

ですね(^^)

いち髪は以前いくつか解析してますね。

いち髪シリーズ解析結果

まぁいうほど良い評価というわけではないのですが、

1つ星2つ星が氾濫する激安市販品の中ではかなり優秀なシャンプーです。

特にカラーやパーマをするでもない場合は、

いち髪でも十分対応出来ますよ。

さらにクラシエが最近発売したシャンプーで、

何気に僕を唸らせたものがあります。

それが

ココンシュペール インナーコンフォートシャンプー(ピュアスカルプ)

です。

市販品価格帯の中では少々高額な部類ですが、

これまで市販メーカーが手をつけてこなかった原料を使っています。

(主に酸性せっけんですね)

あと最近発売しているものとしては

ディアボーテ HIMAWARIシャンプー

もかなり良いですね!

こちらはタウリン系洗剤が主成分で、

この洗剤も市販メーカーはほとんど手をつけていない成分です。

さらにヒマワリ種子油なんていう

高価な抗酸化油脂を使うのも市販メーカーでは非常に珍しいですね!

サロン専売のシャンプーの中にはこれ以上もままありますが、

それでもそんじょそこらのサロンシャンプーよりはだいぶ高品質な内容です。

この辺りの洗剤ならば文字通り適当なサロンシャンプーを買うより安心という感じはありますね!

ただダメージケアができるとかそういうことはあまり求めない方がいいですね。

まぁ使ったことがあるわけではないので

あんまり詳しくはわかんないんですけど(苦笑)

ということでヘアケア部門ではクラシエさんがかずのすけのおすすめということになります!

今度はスキンケア部門も発表したいと思います(^^ゞ

お楽しみに!



ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)

↓クリックで投票完了↓

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

かずのすけのオススメまとめページ

かずのすけのオススメアイテムをまとめています!

定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。

ぜひご利用ください!(amazonで購入頂けます)
オススメの解析

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

かずのすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

こちらの記事はhttps://ameblo.jp/rik01194/entry-11833330900.html?frm=themeより引用させて頂いております。